Amazonの電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」を体験

かねてより話題になっていたAmazonの月額定額制・電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」が2016年8月3日に開始されました。

Kindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedサービスとは通常の電子書籍の個別購入とは異なり、月額定額の料金を支払うことで、対象となっている小説・実用書・雑誌・コミック(漫画)などの電子書籍が読み放題となります。

Amazon Kindle Unlimitedはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kindle Unlimitedの対象数

月額料金は税込み980円とのこと。なおKindle Unlimitedの詳細についてはInternet Watchさんの記事が参考になりました。

電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」、月額980円で国内提供開始 -INTERNET Watch

読み放題の対象となる書籍は和書12万冊以上、雑誌タイトル240位上、洋書120万冊以上だそうです。また講談社・小学館・新潮社・ダイヤモンド社・PHP研究所など大手出版社が多数参加しているようです。個人的には東京創元社や手塚プロダクションが含まれているのが嬉しいですね。

サービス開始時(2016年8月3日)ではKindle Unlimitedで提供されている電子書籍は小説1.6万冊、ビジネス書8000冊、実用書2万冊など書籍8万冊以上。その他コミックス3万冊以上、雑誌240タイトルのバックナンバー含む2000冊以上が対象となっているとのこと。ちなみにKindleで「購入できる」電子書籍は2016年7月末時点で46.5万冊(うちコミックス16万冊)だそうです。

Kindle Unlimitedを利用できるOS・端末

Kindle UnlimitedのサービスはAmazonのKindle専用端末(Kindle PaperwhiteやFireタブレットなど)だけではなく、Android・iOS・Windows・Macなど各種PC・タブレットのアプリでも利用可能。Kindleオーナーライブラリは専用端末だけが対象でしたが、他の端末でも使えるのはいいですね。

サービスを使ってみる

それではKindle Unlimitedの利用を開始してみます。

Kindle Unlimited

Amazon Kindle Unlimited

上記ページより「30日間の無料体験を始める」をクリック(Amazonにはログイン済みです)。

kindle-unlimited02

クリック後、少しローディングが走ったあとですぐに「登録ありがとうございます」画面になりました。もうすでにサービスが使えるようです。

kindle-unlimited03

以下、おすすめタイトルなどが表示されています。こちらはランダムで表示されているよう。今回は「コンピューター・ITおすすめタイトル」「趣味・実用書おすすめタイトル」「コミックおすすめタイトル」が表示されています。結構読みたい本があるな…。これは期待できそう。

kindle-unlimited04

その下はジャンル別のリンク。「小説・文学」「ビジネス・経済」「コミック」など各種カテゴリにダイレクトにリンクします。この辺のレイアウトは今後変わっていくかもしれませんね。

kindle-unlimited05

それでは一冊、電子書籍を読んでみましょう。こちらは「できる逆引き Googleアナリティクス」。出版は2015年3月と比較的新しい本。通常のKindle価格は1944円ですが、Kindle Unlimitedなら0円!すごいですね。

「読み放題で読む」をポチると、登録完了。

kindle-unlimited06

登録した本は「Kindle Unlimitedマイブック」から確認できます。なお、Kindle Unlimitedマイブックに登録できる書籍の数は10冊が上限です。11冊めを読もうとすると…

kindle-unlimited07

「Kindle Unlimited 本は10冊まで同時に利用できますが、現在10冊に達しています。他の Kindle Unlimited 本を利用するには、現在利用中のいずれかの本の利用を終了する必要があります。」というメッセージが表示されました。なおこの画面でも右の部分から利用を終了する書籍を選べるので、ここで対象書籍の「利用を終了して続行」をクリックすると、新しく読みたい本を登録することができます。

Kindle Unlimitedのラインナップはどう?

それでは12万冊あるというKindle Unlimitedの書籍ラインナップはどうなのか?ざっと見たところ、というか大体想像はつきましたが(笑)、これはもう玉石混交です。ただその中にもキラリと光るメジャータイトルもいくつか。

例えばドラマ化された森博嗣さんの「すべてがFになる」。

貴志祐介の「ダークゾーン」上下。

名作SF、J・P・ホーガンの「星を継ぐもの」。

ベストセラー、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」。

などなど、月額料金で読み放題になるとお得感のある書籍が見つかります。

コミックでも人気漫画「かんなぎ」が10巻まで読み放題対象。最新刊11巻は対象ではありませんが、いずれ読み放題に追加されるかどうかは気になるところ。

一部がKindle Unlimitedの対象、という書籍もあるようです。「うさぎドロップ」は現在2巻までが読み放題対象。2巻まで読んで気に入ったら、3巻以降は購入してね、ということなんでしょう。

kindle-unlimited08

また↑はサービス開始時のコミックカテゴリのジャンル別書籍点数ですが、ご覧の通りかなり偏りがあります。特に少年コミックは点数が少ないので、「人気のあの漫画が読める!」という過度な期待は持たないほうがよいかも。これは大手出版社もKindle Unlimitedに参加しているので、今後のラインナップ拡充を待ちたいところ。懐かしのコミックなんかが読み放題になると嬉しいですね。

雑誌は書店でも見かける人気雑誌の最新号が読み放題対象になっています。雑誌って流行に左右される内容が多いので、紙でも電子書籍でも旬が過ぎると取り扱いに困ったりするのですが、読み放題でサクッと読めるのはいい!雑誌はダウンロードしてパラパラとめくるだけでも月額料金のもとを取れるのでは。

感想・気になることなど

と、そんな感じのKindle Unlimited。大手電子書籍ストアでもあるAmazonが始めた読み放題サービスということで、今後の動向が気になります。今現在、筆者は無料体験中ですが、今後も月額980円を払って続けていくかどうかはやはりラインナップの充実によりますね。活字本なら読むスピードも考えて、おもしろい本が3冊も読めれば充分もとを取ったと言えるでしょう。また買おうかどうか気になっていた漫画の導入部分を読む、といった使い方でも結構価値があるのではないでしょうか。

ただ注意したいのは、Kindle Unlimitedでユーザーが登録した書籍はストアの都合で突然読めなくなる可能性があるということ。特に実用書でのちのちも利用したいという書籍は気をつける必要があります。その場合は購入も検討しないといけないですね。

あとは「読み放題」と「1クリック購入」を押し間違えないようにすることでしょうか。Kindle書籍の誤購入は取り消しもできますが、面倒な場合もあるので気をつけましょう。

参考:AmazonのKindle電子書籍を誤購入したのでキャンセル。その方法など

Kindle Unlimitedの登録解除

最後に、Kindle Unlimitedの登録解除について。「アカウントサービス」から「コンテンツと端末の管理」に移動し、「設定」タブをクリック。すると「Kindle Unlimitedの設定」があるので「登録を管理」をクリック。表示された「Kindle Unlimited 会員登録を管理」画面から「メンバーシップを管理」項目の「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」から登録キャンセルが行えます。

以上、2016年8月にサービス開始したAmazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」のあれこれでした。筆者も無料体験中なので、今のうちに読み放題サービスを使い倒したいと思います!

Amazon Kindle Unlimitedはこちら

Kindle Unlimitedで読み放題対象のビジネス書・実用書・IT関連書籍など
Kindle Unlimitedで読み放題対象のビジネス書・実用書・IT関連書籍など
2016年8月3日にサービスを開始したAmazonの電子書籍定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」。もう利用しましたか?月...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする