大阪・兵庫も対象になったAmazon Prime Nowを試してみた

2015年11月に東京の一部地域でサービスが始まった、Amazonプライム会員用のスピード配達サービス「Amazon Prime Now」。2016年1月26日にそのサービス対象が拡充され、横浜・川崎エリアの拡大とともに大阪・兵庫の一部地域でのサービス提供を開始しました。

Amazonプライム > Prime Nowについて

1時間で届く、毎日のお買い物
対象エリアでのお買い物が1時間以内に届くPrime Now(プライム ナウ)。専用アプリから注文する、プライム会員向けサービスです。食品&飲料・日用品から本・DVD・家電まで、今すぐご自宅で受け取れます。

Amazon Prime Nowの紹介ページより引用。対象エリアならばAmazonで買物した商品が1時間以内に届くサービス。サービスの利用はAmazon Prime Now専用アプリから行います。また利用にあたってはAmazonプライム会員になっている必要があります。

1月26日のサービス拡充で関西圏に住んでいる筆者もこのサービスを利用できるようになりました。せっかくAmazonプライム会員になったので、これは使わねば損。早速Amazon Prime Nowで買物をしてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazon Prime Nowのサービス概要

amazon-prime-now01

まずはPrime Nowが住んでいる地域で利用できるか確認します。画像はPCサイトのPrime Nowトップ。フォームより郵便番号を入力したところ、「2時間便のみご利用可」と表示されました。Amazon Prime Nowは注文後1時間以内の配達がウリですが、実は「1時間以内」を指定すると890円かかります。その点2時間便は配送料無料。むしろありがたいので喜んで注文できます。

2016年1月時点のAmazon Prime Nowサービス内容をざっくり書くと、

  • 配送オプションは890円の1時間配送または無料の2時間便
  • 1時間配送は朝6時から深夜0時までの間、注文確定から1時間以内に商品を配達
    (※一部のエリアでは深夜1時までお届け可能)
  • 2時間便では翌日までの朝6時から深夜0時までの2時間枠を指定可能
  • 注文は合計金額が2,500円以上から

といったところです。

専用アプリをインストール

Amazon Prime Nowで商品を注文するにはAndroidまたはiOS端末に専用アプリをインストールする必要があります。PCでは現在注文できないようです。アプリのダウンロードはAppStore、Google Play、Amazonアプリストアより可能。筆者は最初、Nexus7(Wi-fi版)にAndroid用アプリをインストールしようと思っていたのですが、「お使いのどの端末にも対応していません」と表示され断念(スマホじゃないとダメなのかな?詳細不明)。iPod Touchだとインストールできたので、iOS版から注文してみました。

IMG_0410

Amazon Prime Nowで買えるもの

IMG_0396

こちら、Prime Nowアプリトップの画面。メニューがいろいろ並んでいます。主な商品カテゴリは「卵・乳製品」「あったかグッズ」「寒さ・乾燥対策」「モバイル&PC周辺機器」「たこ焼き・お好み焼き」「関西セレクション」「冷たいお酒」「お酒」「スナック菓子・スイーツ」「冷凍食品」「冷蔵食品・飲料」「お米・麺類」「ラーメン」「調味料・ドレッシング」「レトルト・惣菜」「日用品」「美容・コスメ」「ヘア・フェイス&ボディケア」「ベビー&マタニティ」「文房具・オフィス用品」「ペットフード・ペット用品」「家電・カメラ」「新刊雑誌」「本・CD・DVD」「ゲーム」などです。

画像の一番上「当日の朝食に」は午後にみたら「お家カフェ」に変わっていました。また「あったかグッズ」「寒さ・乾燥対策」は季節とともに変わるのでしょう。Amazonセレクション、といった感じですね。また「卵・乳製品」や「冷凍食品」など一部商品は宅配ボックスへの配達ができません。

今回利用にあたっておおよその項目を確認しましたが、Amazonで販売されている全商品がPrime Nowで買えるわけではありません。Prime Nowで配達可能な1万5000種類以上(※)の商品が取り扱い対象です。
※この点数についてはちょっとうろ覚えです。

Prime Now注文の流れ

それでは実際の注文の流れをご紹介。

IMG_0398

カートに欲しい商品を入れたら「レジに進む」をクリック。利用は2,500円以上です。今回は食料品を中心に買物しました。

IMG_0399

お届け時間を選びます。この操作をしていたのは午前10時台。「12:00-14:00」と「14:00-16:00」の2つの時間帯が表示されています。筆者は使っていませんが、宅配ボックスに配達してもらう「置き配」も利用できます。「配送可能な時間帯をすべて表示」をタップすると、

IMG_0400

明日までの宅配可能時間が表示されます。

IMG_0401

宅配時間を指定したら携帯番号を入力。登録していた自宅の電話番号が表示されていたのですが、SNSで連絡がくるかもしれないので携帯番号に変更しました。

IMG_0402

配送時の注意点が表示されます。今回は特に無し。

IMG_0403

支払い方法を選択します。クレジットカード、Amazonギフト券、クーポンが利用可能。今回初めての購入で利用できる1000オフクーポンを利用しました。クーポン番号はアプリトップに記載されています。これは使わにゃ損。

IMG_0404

配達してもらう住所を選択します。

IMG_0405

最終確認画面で問題なければ注文を確定しましょう。

IMG_0408

完了とともに地図が表示され、自宅の場所と配達員の場所を確認できます。この画面では配達ドライバーがどの位置にいるかを随時確認できます。スゲー。

IMG_0409

注文は以上で完了です。こちらはアプリのメニュー画面。注文履歴などいろいろ確認できます。

荷物到着

そして注文から時間が経ち、玄関のベルが鳴りました。荷物を持ってきてくれたんは佐川のお兄さん…ではなくクロネコヤマトのお姉さん…でもなく、「Amazon Prime Now」のロゴ入りユニフォームを着たお兄さんでした!これは意外。

IMG_0411

そして到着した荷物がこちら。おそらく重量のためでしょう、荷物が2つに別れていました。一方には5kgのパスタ、もう一方は清涼飲料水などです。梱包はダンボール箱ではなく厚めの紙袋。これは処分しやすくって結構いいですね。

そして注文から商品が届くまでの時間は約2時間30分でした。1時間配送は「1時間以内」を謳っていますが、2時間便は「2時間枠を指定可能」とあるのでこんなものでしょう。むしろ早い、早すぎる。配達員の方もものすごく丁寧だったので今回のPrime Now利用、とても満足しています

Amazon Prime Now雑感

以上、Amazon Prime Nowのサービスが拡大されたので2時間便を使ってみたよ…、というお話でした。大変便利で満足していますが、以下その他気づいたことなど利用の感想を。

商品点数は少ない

先に記載した通り、Prime Nowで購入できる商品は限られています。必要な種類の商品はその中から選ぶ必要があるので、選択肢としては少ないといえるでしょう。

アプリから商品を選ぶのはしんどい

これは致し方ない部分もあるのですが、やはりスマホ端末(今回はiPod touch)の小さい画面では情報の表示が限られます。欲しい商品が決まっている場合はいいのですが、そうでない場合は商品選択が大変。PCからの利用も是非出来るようにして欲しい。

卵・乳製品・冷凍/冷蔵食品が頼めるのはおもしろい

卵・乳製品や冷蔵庫・冷凍庫の使用が必要な商品を注文できて、それが1~2時間以内で届く、というのはとても便利。2,500円以上の注文という条件はありますが、日々の食事などで困った時に活用できそうです。

困った時のPCサプライ

キヤノン・エプソン・HPといったプリンターの交換インクを取り扱っているので、個人で仕事をしている方などには役立つのでは。いちいち仕事場を出なくても短時間で配達してくれます。その他SDカードやHDD、LANケーブル、メディアなどのPCサプライも取り扱っているので、状況によっては外出するより早く手に入るかもしれません。

などなど。何にせよ1~2時間で頼んだものが手元に届く、というのはちょっと感動。これを実現してしまうのはホントにスゴイことだと思います。プライム会員ならばお試し期間中でも利用できるので、興味のある方は一度体験をおすすめします。

Amazonプライムの詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする