書籍「本気ではじめるiPhoneアプリ作り」を買いました

本気ではじめるiPhoneアプリ作り 黒帯エンジニアがしっかり教える基本テクニック

SB Creativeから発売されている西 麿翁(にし まお)・著「本気ではじめるiPhoneアプリ作り 黒帯エンジニアがしっかり教える基本テクニック」を買いました。先日とある事情によりMac Miniを買ったのですが、まだまだ有効活用できないのが現状。せっかくなのでXcode(iOSアプリ用の統合開発環境)をインストールしてiPhoneアプリの開発に触れてみることにしました。本書はXcode7.x+Swift2.xに対応しています。

カバーや帯に「ヤフー」や「黒帯」の文字が見えますが、ヤフー株式会社には「黒帯制度」なるものがあり、技術・制作のエキスパートを黒帯認定し、支援しているとのこと。著者の西氏はヤフーで黒帯認定を受けたiOSエンジニアです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「本気ではじめるiPhoneアプリ作り」の内容

本書の主な内容は以下の通り。

  1. アプリ開発の準備
  2. Swiftプログラミングの基本
  3. iOSにはどんな部品があるか
  4. アプリの基本をマスターしよう
  5. 永続的なデータを扱う
  6. サウンドとアニメーションの処理
  7. 通信できるアプリを作ろう
  8. アプリの公開に向けて

対象読者としては

  • プログラミング経験はあるがiOS用のアプリ開発経験が無い人
  • 挫折したけどアプリ開発に再チャレンジしたい人
  • アプリ開発の仕事をしたい人

を想定しています。「プログラミング経験」とはJava・C++・C#・PHPの経験を指すようです。筆者はPHPとJavaScriptをかじった程度。ついていけるかな?

Xcodeをインストールしてさわってみた

では早速本書に従ってXcodeをインストール。Macを起動し、第一章「アプリ開発の準備」を見ながら進めます。本にも記載がありますが、Xcodeのインストールって少し時間がかかるんですね…。完了まで小一時間程度でした。AppleIDの取得からインストール、ダイアログが出た時の対処方法まで、実に親切に書いてあります。これなら誰でもできますね。

そしてXcode起動。第二章「Swiftプログラミングの基本」でSwiftの文法などに触れました。まだ基本の「き」の段階ですが、軽く触れてみた感じは筆者レベルでもまあまあわかりそう。説明が丁寧に書いてあるので順を追っていけばすぐに基本は習得できそうです。

まとめ

…とまあこんな感じで本日はここまで。ぼちぼち合間を見てSwiftに触れていこう。なお本書ではSwiftの基本的な部分のみに触れているので、詳細な仕様等については専門書で確認してくださいとのこと。確かに一冊で何でもかんでもというわけにはいかないですよね。本書は目次通り、Swiftに触れてiOS用アプリのリリースまでの流れをつかむ、という目的で読めば良いと思います。

読者対象に記載の通り、プログラミング未経験者は想定していないので、ある程度何かの言語に触れていた人向きではあります。ですがある程度基本がわかっていればそんなに難しくない内容。特に最終目標をちゃんとAppStoreでの公開に設定しているところがいいですね。できそう!な気がしてきます。iPhoneアプリの開発に興味がある、という方のはじめの一歩になる一冊です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする