デッキレシピ:カプブルル・カプコケコ・ミツル型クワガノン

スターターセット改造「カプ・ブルルGX」をせっかく買ったので、クワガノンを活かしたカプ・ブルル+カプ・コケコデッキを作ってみました。スムーズにまわると気持ちのいい動きができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デッキレシピ

ポケモン 計16枚

  • アゴジムシ ×4
  • デンヂムシ ×3
  • クワガノン ×3
  • カプ・コケコGX ×2
  • カプ・ブルルGX ×2
  • カプ・テテフGX ×1
  • ヤレユータン ×1

サポート 計12枚

  • プラターヌ博士 ×3
  • N ×3
  • ミツル ×2
  • リーリエ ×1
  • フラダリ ×1
  • AZ ×1
  • タケシのガッツ ×1

グッズ 計16枚

  • バトルサーチャー ×4
  • ハイパーボール ×4
  • トレーナーズポスト ×2
  • すごいつりざお ×1
  • レスキュータンカ ×1
  • かるいし ×1
  • フィールドブロアー ×1
  • あなぬけのヒモ ×1
  • こだわりハチマキ ×1

スタジアム 計4枚

  • 巨大植物の森 ×4

エネルギー 計12枚

  • 基本雷エネルギー ×6
  • 基本草エネルギー ×6

デッキの動き方

第一目標として、クワガノンを最優先で立てることを目指します。序盤で1体、中盤で2体立てば完璧。お気づきのように「ふしぎなアメ」が入っていません。まずはスタジアム「巨大植物の森」でデンヂムシまで進化できるように。

クワガノンって森を使ってもどうしてもデンヂムシで止まっちゃうんですよね。そこを解消するべく採用したのはサポート「ミツル」。巨大植物の森4・ハイパーボール2・ミツル2・カプ・テテフGX・トレーナーズポスト2でできれば1ターン目にクワガノンを無理やり立てましょう。

クワガノンさえ立ってしまえば特性「ストロングチャージ」でエネ加速できます。アタッカーであるカプ・ブルルGXやカプ・コケコGXがいなくても、とりあえず適当なポケモンに二つエネを付けます。

もしカプ・ブルルGXがいればそちらに草草雷を付けて「しぜんのさばき」。ダメカンが貯まれば「カプワイルドGX」で150ダメージを与えつつ全回復。その間に2体目のクワガノンを用意します。

フラダリでクワガノンやエネの付いていないポケモンがバトル場に呼ばれた時は、カプ・コケコGX「エアロトレイル」でエネをかきあつめながら乱入。それ以外ではAZ・かるいし・あなぬけのヒモでしのぎます。

ヤレユータンは最近良くお目にかかる「こわいおねえさん」対策。手札ゼロからでも3枚ドローできるのは優秀。

中盤~終盤、エネがトラッシュに貯まってきたら「タケシのガッツ」から再度「ストロングチャージ」で山札からエネをポケモンへ。カプ・テテフGXにエネを集めてワザ「エナジードライブ」もアリ。

まとめ

以上、ミツル型クワガノン+カプ・ブルルGX+カプ・コケコGXのデッキレシピでしたがいかがでしょうか。カプ・テテフGXのおかげでミツルを多投しなくても良くなったのが嬉しいですね。最速1ターンでクワガノンが立ちエネ加速できるので、相手にプレッシャーを与えることができます。

メインアタッカーも雷タイプのカプ・コケコGX、草タイプのカプ・ブルルGXということで相手の弱点も付きやすく、また自分は弱点無しなのでワンパンされにくいというメリットも。

打点はそこまで上がらないので「まんたんのくすり」を使われたり、また特性を止められると少し厳しいのですが、カプシリーズの地力が強いのでそこは耐え忍んで。特性「ストロングチャージ」はうまく立ち回るとエネがあっという間に場に貯まるので楽しいですよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする