ガラケーから格安SIMにMNPすると料金はどのくらい変わる?

IMG_0598

長年使っていたソフトバンク3回線を、格安SIM「IIJmioみおふぉん」へMNPしました。ここで月々の支払金額がどれぐらい変わるか、ということを計算してみます。なおソフトバンクで契約していたのはガラケー2回線+スマホ1回線。もともとがガラケーであることを考えると、キャリアスマホ→格安SIMスマホへの移行よりはそんなに金額が変わっていないと予想されますが、結果やいかに。

※まだ利用を開始していないため、電話回線を利用した音声通話料金に関してはこれまでの利用状況から予想金額を算出しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソフトバンク3回線の月額料金

まずソフトバンク契約時の月額料金です。ガラケー2回線+スマホ1回線の利用ですが、3回線すべて電話・ネットともほとんど使いません。なのでかなり安いです。

ガラケー1 2500円
ガラケー2 2500円
スマホ 4500円
合計 9500円

金額はすべて税込。1回線だけ安心パック(475円)つき。直近3ヶ月の利用料金が9000円~10000円ぐらいだったので平均9500円として、大体こんな感じ。機種代金はありません。電話料金はほぼ1000円でした。多分スマホ1回線だけでもこれぐらいの金額使っている方、ザラにいるんじゃないでしょうか。

格安SIM3回線の月額料金

次に格安SIMの場合です。契約したのは「IIJmioみおふぉん」のファミリーシェアプラン。10GBのデータ通信料をわけあえるタイプです。このプランの基本料金は2560円。それに音声通話SIM700円✕3枚で合計4660円(税抜)です。

基本利用料 4660円
音声通話料金 1500円
消費税 452円
合計 6612円

オプションは特に契約していません。音声通話料金は通常20円/30秒。ソフトバンクの時にあった家族間の通話無料がなくなりますが、おそらく通話のほとんどはLINEに移行すると予想されます。とりあえず1500円で設定しましたが、もっと少ないかもしれません。まだ運用していないので皮算用ですが、ガラケー利用と較べても大分安くなりそうです。

初期費用・スマホ端末購入費用も含めた金額

キャリアから格安SIMへの「移行」ということで、一応初期費用・端末代も含めた総合計からの月額料金も算出してみます。

今回購入したSIMロックフリー端末は下記3機種。

筆者購入時の価格は上から大体25000円、17000円、10800円でした(ポイントなどもあるので金額は適当にまるめています)。

またIIJmioの契約初期費用は通常3240円かかりますが、アマゾンで上記の音声通話パックを買ったので324円です。

端末代 52800円
IIJmio初期費用 324円
合計 53124円

以上の金額を仮に12ヶ月で割ったとすると4427円。キャリアの2年縛りを想定した24ヶ月で割ると2213円が月額料金に上乗せされることになります。

ソフトバンク 9500円
IIJmio 6612円
IIJmio+端末等(12ヶ月割) 11039円
IIJmio+端末等(24ヶ月割) 8825円

まとめるとこんな感じ。下2つはあくまでもスマホが壊れなかったら、という想定になりますが、月々のランニングコスト想定は大体こんな感じじゃないでしょうか。スマホ端末代を足してもソフトバンク時の料金から±1000円前後であるならば、格安SIM+スマホ、なかなかお得なような気がします。

まとめ

以上、キャリアのガラケー回線を格安SIMにMNPした時の月額料金比較でした。電話料金など運用についてはまだまだ未知数な部分もあり、捕らぬ狸の皮算用かもしれませんが、個人的にはなかなか満足のいく金額です。

大手キャリアのスマホ利用ならばもっと安くなるかもしれませんし、またもっと安い格安SIMを利用すると、さらにお得な金額になるかもしれません。もし格安SIMへの移行を考えておられるならば、現行の月額料金と比較してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする