格安SIMに変更したい初心者が格安SIMについて調べたことメモ

現在ガラケーを使っているのですが、諸事情からLINEを使わなければならなくなりました。ガラケーでもLINEは使えるようですが、これを機にスマホに変えてみようか、なんてことを家族で会議。

家族の誰もそんなにヘビーに携帯を使わないので、携帯代が安いに越したことはない。そこで白羽の矢が立ったのが「格安SIM」。これなら大手キャリアより安くスマホが使えるのではないか?そうだ、格安SIMにしよう!

…とは言ったものの、今まで大手キャリアのお世話になっていたので、それ以外の世界がさっぱりわからない。いろいろ調べてみたところ…案外カンタン、かも?

というわけで格安SIM初心者がガラケー→格安SIMへの移行にあたって調べたことをざっくりメモしておきます。同じように「格安SIM使ってみたいけどよくわからない」という方はよろしければお目通しを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SIMカードとは?

そもそもSIMカードの話から。SIMカードは携帯電話・スマートフォン・Wi-Fiルータなどに差し込んで使う小型のICカードのこと。筆者が現在使っているガラケーにもSIMカードが挿入されています。SIMカードには標準SIM、MicroSIM(マイクロSIM)、nanoSIM(ナノSIM)の三種類があり、端末によって使用するSIMの大きさが異なります。

格安SIMとは?

通常はdocomoやauなどの大手通信キャリアと契約し、貸与されたSIMカードを端末に差し込むことでそれぞれの回線を利用します。しかし最近はMVNOと呼ばれる事業者が大手キャリアの回線を借りて独自のデータ通信・音声通信サービスを提供し、その料金は概ね大手キャリアより低額。その通信サービスを利用するSIMを「格安SIM」と呼びます。主な事業者としては「OCNモバイルONE」「mineo(マイネオ)」「IIJmio(みおふぉん)」「DMMモバイル」「楽天モバイル」など。

SIMフリー端末とは?

大手キャリアの端末は通常、そのキャリアのSIMしか使用できないように「SIMロック」がかかっています。そのロックがかかっていない端末がSIMフリー端末。SIMフリー端末と格安SIM(カード)を組み合わせて使うことで、格安SIMでの通信を利用することができます。SIMフリー端末はネットショップや大手家電量販店で購入することができます。

MNPとは?

正式名称は「モバイル・ナンバー・ポータビリティ」。あるキャリアで使っていた電話番号をのりかえ先の他社キャリアでも使えるようにできる仕組みです。例えば大手キャリアで使っていた電話番号をMVNO事業者でも継続して使いたいという場合は、大手キャリアで「MNP予約番号」を受け取ってその番号の有効期限内にMVNO事業者へMNP転出の手続きをします。

電話(音声通話)はできるの?

できます。ただし音声通話をするためには音声通話に対応したSIMを購入する必要があります(LINEについては後述)。格安SIM提供各社は大体「データ通信のみ」「データ通信+音声通話」に対応したプランを提供しています(詳細は後述)。

なお通話料(070/080/090番号からの発信)は国内通話「20円(税抜)/30秒」といった料金体系が多く、大手キャリアの通信料より割高といえます。

SMSは使えるの?

SMSとは「ショートメッセージサービス」の略で、電話番号を指定することで短いメッセージを送ることができる機能です。こちらはオプションとして利用すれば使用できるようです。例えばOCN モバイル ONEならば「SMS対応SIMカード」という形で対応SIMを販売しています。

LINEは使えるの?

使えます。LINEは音声通話ではなくデータ通信を利用するので、データ通信のみのプランでも利用可能です。もちろん端末自体が音声通話に対応している必要があります。

月々の料金はどれぐらい?

事業者や契約プランによって異なりますが、どの事業者も「データ通信プラン」「音声通話+データ通信プラン」をほぼ用意しています。筆者が契約を考えている「OCNモバイルONE」「mineo」だと下記のような感じ。
※価格・プランは2016年4月現在、一例です。
※別途初期費用がかかる場合があります。
※価格は全て税抜きです。

OCNモバイルONE

  • データ通信専用SIMカード:110MB/日コース…900円
  • データ通信専用SIMカード:3GB/月コース…1,100円
  • 音声対応SIMカード:110MB/日コース…1,600円
  • 音声対応SIMカード:3GB/月コース…1,800円

mineo(ドコモプランの場合)

  • シングルタイプ(データ通信のみ):500MB/月…700円
  • シングルタイプ(データ通信のみ):3GB/月…900円
  • デュアルタイプ(データ通信+090音声通話):500MB/月…1,400円
  • デュアルタイプ(データ通信+090音声通話):3GB/月…1,500円

契約期間に縛りはあるの?

大手キャリアだと「2年縛り」のような契約で、2年以内および更新月以外の解約で違約金がかかる、というケースが良くありますね。格安SIMでは事業者・プランによって様々なようです。

例えば

  • OCNモバイルONE:音声対応SIMカード契約の場合、利用開始月を1ヵ月目として6ヵ月目までの最低利用期間がある
  • IIJmio:最低利用期間は利用開始日の翌月末日まで。ただし音声通話機能解除調定金((12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜))がかかる
  • mineo:最低利用期間なし。ただし利用開始月の翌月から12カ月以内にMNP転出する場合はMNP転出手数料12,420円(税込)がかかる

など条件によって違約金等が発生する可能性があるので、契約前に確認をしておいた方が良いでしょう。

※上記は本記事作成時に各社WEBサイトに掲載されている内容を参照しました。

どんな人に向いてるの?

あまりスマホを使わない人です(笑)。格安SIMは大手キャリアより月々の通信費用が安い分、データ通信の容量に制限がある場合がほとんどです(例:1日◯◯MB、1ヶ月◯GBなど)。ですので出先でヘビーにYoutubeを閲覧したり大容量のファイルをダウンロードしたり、といった使い方には向きません。

外出先では容量制限にひっかかからない程度のWeb閲覧にとどめ、容量の大きいデータをやりとりする可能性がある場合は自宅でWi-Fi(無線LAN)を利用する、といった使い方になるでしょう。逆に考えるとWi-Fi環境の整備が必要ともいえます。

まとめ

以上、格安SIM初心者である筆者が、格安SIM契約前にざっと調べたことです。調べる前まではちょっとややこしいな…と感じていた部分もありますが、一つ一つ疑問をクリアにしていくと格安SIMについて結構わかってきたような気がします。同じような初心者の皆様の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする