【初心者】標準・マイクロ・ナノ…。格安SIMのSIMカードはどれを選ぶ?

IMG_0605

格安SIM契約時に、どのサイズのSIMカードを選んだ方がいいのか?というお話。

SIMカードは通信事業者より借り受ける、固有の電話番号が記録されたカード。このSIMカードには現在、標準SIM・microSIM(マイクロSIM)・nanoSIM(ナノSIM)といった3種類のサイズがあります。大きさは標準>microSIM>nanoSIMです。

そしてそれを入れるスマホの方では、使えるSIMカードの種類が決まっています。

例えば筆者が購入した3機種ではこんな感じ。

ASUS ZenFone2 laser microSIM
FREETEL Priori3S LTE microSIM / nanoSIM
FREETEL Priori3 LTE microSIM

Priori3Sだけが唯一、microSIMとnanoSIMの二種類を利用可能です(※併用はできません)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

格安SIM契約時にはとりあえずnanoSIMを選ぶ?

格安SIM契約時には、普通に考えればそれぞれの機種で使えるSIMを選びます。例えば筆者が使うZenFone2 laserであればmicroSIMを申込時に選択すれば問題ありません。

しかしネットでいろいろ情報を探してみると、「SIMカードはとりあえずnanoSIM(一番小さい)を選んどけ!」と書かれているサイトを見かけます。

なぜか?

それは機種変更した時に使っているSIMカードを再利用できるようにするため。

一番小さいサイズのSIMカード(nanoSIM)を使っておけば、上記のようなSIM変換アダプターを使うことでmicroSIM / 標準SIMに変換することができます。

microSIMのみに対応しているZenFone2 laserでも、アダプターを使えばnanoSIMをmicroSIMサイズに変換して差し込むことができます。またnanoSIMにしか対応していないスマホに機種変更した時に、使っているnanoSIMをそのまま流用することができます。

となれば、機種変も見越してnanoSIMを使って置くほうが便利?

デメリットも

しかしアダプターを使うことで挿入・取り出しがスムーズにいかない、といったケースもあるようです。これはアダプターではなくスマホ本体の問題かもしれませんので一概には言えませんが、場合によっては取り出せなくなって本体を分解した、という内容もアダプター商品のレビューで見かけました。

スマホにあったSIMカードを選ぶ。交換費用は?

筆者も最初はZenFone2 laserを対応しているmicroSIMではなくnanoSIM+アダプターで使おうかな、と考えていました。ですがアダプターを使ってトラブルが起こるのがイヤだったので(臆病)、初心者ということもありまずは規定通りのmicroSIMをIIJmioで設定しました。

もしnanoSIMが必要なスマホに機種変する時は、別途交換をします。なおSIMカードの変更・サイズ変更にはMVNO事業者で手続きをする必要があり、大体2160円(税抜)ぐらいがかかります(※事業者によって異なります)。

SIMカードの形状を変えるグッズも

なおSIMカードの形状を強制的に大>小に変更するグッズもあります。

SIMパンチ・SIMカッターと呼ばれるグッズです。これを使うと大きいサイズのSIMカードを切って、小さいサイズのSIMに変更することができるようです。

ただし!事業者から送られてきたSIMは返却が必要な場合があり、またサイズカットの禁止が明示されていることも。筆者が契約しているIIJmioはSIMカット禁止です。もしSIMカッターを使う必要のある場合は、契約内容をちゃんと確認しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする