【初心者向け】格安SIMで電話料金を抑える方法

こんにちは。格安SIM初心者です。本日も格安SIMについて調べたことメモ。

契約のために格安SIM各社のサービスを調べていますが、電話料金(※電話回線を使った通話の話)はどこの事業者も大体30秒で20円(税抜)するんですね。大手キャリアと同じ、といえばそれはそうですが、同キャリア間の無料通話やかけ放題プランがないMVNOは、通話料金では少し割高感もあります。

そこで各MVNO事業者では、お得に電話をかけられるオプションサービス等を用意。スマホでの通話は今やLINEの利用が圧倒的だとは思いますが、LINE未使用の相手にかける時などに利用できる通話サービスです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みおふぉんダイアル(IIJmio)

IIJmio(みおふぉん)の通話オプション。専用アプリを通して電話をかけることで電話番号の先頭に自動的にプレフィックス番号(0037-691)が付き、通話料が半額相当(※通常30秒20円を想定)になります。通話相手にはプレフィックス番号は表示されません。回線は電話回線を利用するので音声もクリアだそうです。

みおふぉんダイアル

楽天でんわ

楽天の通話料半額サービス。楽天に登録し、専用アプリから電話をかけると通話料が30秒10円になり、通常価格帯の半額で電話をかけることができます。回線は電話回線を利用。通話料金の支払いは楽天宛になります。

楽天でんわ

DMMトーク

「楽天でんわ」同様、専用アプリを通して電話をかけることで通話料が半額相当になります。回線は電話回線を使用。通話料金の支払いはDMMに。

DMMトーク

LaLa Call(ララコール)

ケイ・オプティコムの提供するIP電話サービス。月額基本料100円(税抜)で専用の050番号が付与されます。LaLa Callから電話をかけると携帯電話へは1分18円(税抜)、一般加入電話へは3分8円(英抜)で電話することが可能。またアプリ同士・eo光電話への通話は無料になります。mineo・eo光利用者は月額基本料が無料だそうです。なおデータ通信である「IP電話」であることに注意。

050plus

NTTコミュニケーションズ提供のIP電話サービス。専用の050番号が付与されます。携帯電話へは1分17.28円(税込)、固定電話へは3分8.64円(税込)で電話をかけることができます。月額基本料は324円(税込)ですが、OCNモバイルONEの音声対応SIMを契約していれば利用料は0円になります。

050plus

LINEOut

LINEの電話サービス。LINEOutを利用して電話をかけることで、携帯への電話料金が1分14円/6.5円、固定電話へは1分3円/2円になるそうです(料金はプランにより変わります)。初期費用や月額利用料は不要で通話料金のみを支払えば良いのですが、利用のためにはコールクレジットまたは30日プランを購入する必要があります。

LINEOut

まとめ

以上、格安SIM契約者向け、電話料金を抑える方法、でした。筆者も格安SIMについてはまだまだ勉強中なので至らないところもあるかとは思いますが、調べてみるとサービスがいろいろあったので取り急ぎまとめてみました。

なお上記にも記載していますが、自社サービス(格安SIM)の契約が必要なもの、他社契約でも使えるものがあります。またIP電話はデータ通信なので音声品質が電話回線に較べて劣る場合があり、またフリーダイヤル(0120/0800)や緊急通報(110番、118番、119番)などに接続ができないものもあります。詳しくはご利用になりたいサービスにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする