AmazonでFire タブレット 8GBを買いました

Amazonのプライム会員になっているので、気になっていたAmazon販売のタブレット、「Fire タブレット 8GB」をついに買ってしまいました。2016年3月現在、こちらの端末は8,980円で販売されていますが、プライム会員ならば購入時にクーポンコードを入力することで4,000円引になります。7インチタブレットが実質5,000円を切る価格で買える。これはちょっと見逃せません。

Fire タブレット 8GB

そそてポチった翌日に届いたのがこちら、左側オレンジのパッケージがFire タブレット 8GBです。右は同じくAmazonで購入したFireタブレット専用の液晶保護シート。

DSC06209

Fireタブレット8GBのパッケージ。なんだか駅に売っているおみやげのような形。普通のタブレット端末と較べると簡易な包装で、このあたりにも安さの秘密があるのでしょうか。

DSC06210

そしてこちらがFireタブレット8GB用の液晶保護フィルム。これが結構お高い…!1,350円。「クリア 指紋防止」と「高精細反射防止」の2タイプがあるのですが、他にFireタブレット8GB用の液晶保護フィルムを出しているメーカーがないので(多分)、選択肢がないのがちょっと残念。筆者は「高精細反射防止」タイプを購入しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazon Fireタブレット8GBの主なスペック

Fire タブレット 8GBの詳細なスペックはリンクからご確認いただくとして、主なスペックをご紹介。

ディスプレイサイズ 7インチ
解像度 1024 x 600 (171 ppi)
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz
オーディオ モノラルスピーカー
マイク
ストレージ 8GB
microSDカードスロット あり
128GBまで対応
カメラ フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi シングルバンド
バッテリー 7時間
サイズ 191 x 115 x 10.6mm
重量 313g

まず抑えておきたいのは7インチタブレットであるということ。Googleの名機「Nexus7」と同じで手になじみやすいサイズです。解像度は1024✕768と今日びのタブレットとしては低め。オーディオはステレオではなくモノラル。そして内蔵ストレージは8GBと容量が少ないのも注意。標準でmicroSDカードスロットが付いているのはいいですね。カメラは2メガということでこちらも解像度低め。Wi-Fiは同じくFireタブレットの上位機種(Fire HD8など)がデュアルバン(a/b/g/n/ac)あるのに対しシングルバンド。重量もNexus7(2013)の290gに較べるとやや重めという印象です。

DSC06211

こちらはパッケージ裏面の記載より。「とても実用的なタブレット」だそうです。

開封します

とまあ簡単にスペックをおさらいしたところで早速開封。

DSC06212

こちらがFireタブレット8GBの内容。本体、5W電源アダプタ、USBケーブル、簡易な説明書、利用規約などが入っています。

DSC06215

本体背面上部。リアカメラは左上(正面から見て右上)に配置。大きくAmazonロゴがあしらわれています。

DSC06216

背面下部。左端(正面から見て右端)にスピーカー。モノラルということで片側のみ。

DSC06217

本体上部。写真上側が液晶面です。左から電源ボタン、USB充電ケーブル差込口、マイク、音量調整ボタン、ヘッドホンプラグ挿入口です。

DSC06220

本体右側面にはmicroUSBの挿入口。カバーを回転させて開くタイプです。

DSC06219

そしてこちらが同時購入した高精細反射防止フィルムを貼った状態。…めっちゃ反射してるやん(笑)。フォローしておくと、電源入れて正面から見た限りでは反射は少ない…です。

DSC06214

こちらがフィルムの貼り方。中央のシールを剥がし、全体の位置を合わせて貼ります。カメラ用の穴が小さくて少し合わせづらかったけど、気泡はめっちゃ抜けました。ちなみに2枚入っています。

起動します

DSC06222

早速起動させます。電源ボタンを軽く長押しすると…出ましたAmazonロゴ!

DSC06224

続いて「fire」の文字。そして「Opitimizing system storege and applications…」とメッセージが続きます。

DSC06228

Welcomの下に言語セッティングが。筆者はここで「あれ、日本語ないやん!」と思ってとりあえずEnglish(United States)を選んでしまいました。後から気づいたのですが、上下にスワイプすると日本語が出てきたのかも。

DSC06230

Wi-Fi設定を聞かれます。筆者のWI-Fi環境はMACアドレスで接続を制限しているのでとりあえず後回し。

Screenshot_2016-03-06-17-30-14

ようこそ画面表示。上は言語設定をする前だったか後だったか…。ちょっと失念。

Screenshot_2016-03-06-17-31-07

言語設定もWi-Fi設定も完了し、無事起動に成功!写真はFireタブレット8GBのホーム画面です。画面左上には「◯◯(筆者の名前)さんのFire」の表示。購入者のAmazonアカウントが既に組み込まれています。

Screenshot_2016-03-07-23-25-12

このFireタブレット8GBの2016年3月現在のシステム環境は「Fire OS 5.01.1」。ちなみにFireタブレットのOSはAndoroidではなく、Fire OSというAmazonの独自使用OSです。ログインはAndroidお馴染みのGoogleアカウントではなく、またGooglePlayも使用できないので注意が必要です。

まとめ

以上、Amazonのタブレット、Fireタブレット8GBを購入~起動までのお話でした。実際の使用感などはまた別エントリで。

【追記】書きました。

Amazon Fireタブレット8GB 使用感・レビューなど
Amazon Fireタブレット8GB 使用感・レビューなど
先日Amazonのタブレット端末「Fireタブレット8GB」を購入したことを書きましたが、使用して数日経つので使用感など思ったことを書きます...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする