マクドナルドのスマホアプリ「KODO」でクーポンをもらいました

先日久しぶり(約1年ぶりぐらい)に地元のショッピングモールにあるマクドナルドに行きました。普段はフードコートで食べるのですが、ちょっと飽きてしまったのでフードコート外にあるマクドナルドへ。そして頼んだビッグマックセットとともにいただいたのがこちら。

DSC04066

コールドドリンクSサイズが50円で買える券、と「マクドナルドKODO」と書かれた赤い紙。何やらマクドナルドのスマホアプリ「KODO(コド)」の告知でした。KODOをスマホにインストールして、位置情報を使って取得した店舗の中から当日利用した店舗を選びアンケートに回答すると、翌日無料券がアプリに届くそうです。

あなたの声が明日のマクドナルドをつくります。 | キャンペーン | McDonald’s

「無料券」は上記公式によると、マックフライポテトS、ドリンクS、ソフトツイストのうちいずれか一つに使えるとのこと。先述のように筆者はそんなにマクドナルドを利用しないので特に無料券は必要ないのですが、

日本マクドナルド 3か月決算で最大の赤字に NHKニュース

このような記事を目にしたこともあり、マクドナルドが業績回復のためにどのような対応をしているのか気になったので、スマホアプリ「KODO」を試してみました。なおKODOは2015年4月21日から全国展開されているとのこと。(公式リリース(PDF)より

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KODO(コド)をインストール

マクドナルドkodo

筆者のタブレットはAndroidなのでGoogle playよりマクドナルドKODOアプリをインストール。ちなみにWi-fiタブレットでスマホではないのですが、特に問題なくインストール・使用ができました。2015年5月1日現在でダウンロードは約1万。評価は2.5と低いのですが、どうも位置情報が取得できない、といったコメントが多かったようです。

kodo02

起動後のホーム画面。「位置情報」はオンにしておく必要があります。近隣の店舗が表示されるので、使用した店舗を選ぶと…

kodo03

アンケートが始まりました。もう少し説明してくれw。性別・年代等とサービスに関するいくつかのアンケートに応えていきます。

kodo04

アンケート完了画面。左下の「クーポン」をクリックするとアンケートに答えた店舗名が表示されます。クーポンは翌日以降に届くとのことなので、内容を確認することはできませんでした。クーポンの有効期限は取得から2週間、アンケート回答店舗でのみ有効とのことです。

まとめ

以上、マクドナルドの新スマホアプリ「KODO(コド)」のご紹介でした。回答自体はそんなに手間ではありませんし、これでマックフライポテトS、ドリンクS、ソフトツイストのいずれかがもらえるのであればラッキーかな、ぐらいなのですが、わざわざアプリをインストールしてまでやることかな?とも思います。

ただマクドナルド、いろいろ苦境なようですので、それを何とかして改善したい、という思いも伝わってきます。そんなヘビーユーザーではないのでお役に立てずに申し訳ないのですが、マクドナルドという文化が廃れてしまうのも何だかさみしいので、頑張って欲しいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする