「ネットオフ宅配買取」で本を買取してもらいました。感想・レビューなど

ネットオフ宅配買取

「ブックオフオンライン」で宅配買取をしてみました』、『「フルイチオンライン(古本市場)」で宅配買取をしてみました』に引き続き、ネットオフでも古本の宅配買取を試してみました。ネットオフはリネットジャパングループ株式会社の運営するサービスで、中古本・CD・DVD・ゲームや各種ブランド品・デジタル機器を買取してくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットオフの古本宅配買取の流れ

ネットオフの宅配買取の流れは

Webでの申し込み→梱包→集荷(またはコンビニ発送)→査定・入金

のようになっています。入金は査定後最短2日とのことです。

買取条件は「本&DVD買取コース」の場合は「本・DVD/ブルーレイ・CD・ゲームソフト合わせて30点以上」または「DVD・ブルーレイ・CD・ゲームソフト3点」から、「ブランド&総合買取コース」の場合は「各種ブランド品、金、プラチナ、デジタル機器、楽器、フィギュア、スポーツ・アウトドア用品など1点から買取」です。買取品の詳細につきましてはネットオフサイトでご確認ください。

上記以外にも「本・DVD/ブルーレイ・CD・ゲームソフト」最新作・人気作なら1点だけでもポストから発送できる「ポストにポン買取」が用意されています。それでは以下、実際にネットオフで買取をしてもらったレビューです。

申し込み

ネットオフ宅配買取トップより申し込み

今回筆者は中古書籍を処分したいので、「本&DVD買取コース」に申し込みました。買取にはログインが必要ですが、ネットオフ会員以外でもYahoo! JAPAN ID、T-ID(Tポイント)があればログイン可能です。

諸情報入力

自動で入力される本人確認情報以外に「お荷物の発送方法」「お申込み情報」「本人確認書類の送付方法」「クーポン入力」「買取代金の受取方法」「査定金額の承認方法」「買取1,500円アップクーポン(メールの受信)」「気軽にエコ募金」「その他」等を入力します。

「お荷物の発送」については、「自宅集荷」「自宅以外」「コンビニ持ち込み」が選択できます。「自宅以外」は集荷場所を新たに入力します。「コンビニ持ち込み」を選択した場合は、クロネコヤマト宅配便取扱店から発送をします。

「お申込み情報」では「ダンボール箱プレゼント」の希望有無と、発送する箱数を入力します。ダンボールを希望した場合、無料で6個まで、集荷以前に届けてもらえます。今回筆者はこの無料のダンボールを一つ希望しました。

DSC04179

届いたのがこちらのダンボール。「ゆうメール」で届きました。コミック(新書サイズ)なら80冊、書籍(単行本)なら35冊程入るそうです。無料でもらえて事前に届けてくれるのはとても助かります。

「本人確認書類の送付方法」では免許・パスポートなどの本人確認用の書類を「商品と一緒に送る」か「マイページよりアップロード」するかを選びます。

「買取代金の受取方法」については、「銀行口座」「インターネットバンク」「ゆうちょ銀行・郵便局」から買取代金の振込先を選択できます。ジャパンネット銀行・楽天銀行を希望する場合は「インターネットバンク」を選択します。

「査定金額の承認方法」については「買取の査定後、すぐにお支払い(自動承認)」「査定結果通知メールを受け取り、金額の確認をして承認」の2つから選択することができます。なお値段が付かなかった品物については、こちらの選択如何に関わらず、ネットオフにて処分されるそうなのでご注意を。

「気軽にエコ募金」では「スマイル・エコ・プログラム」の6つの寄付コースから一つを選びます。なおこちらは買取代金からは一切差引をしない=買取結果とは関係なく、また査定結果了承語に寄付額を申し出るそうです。

以上を入力後、確認画面で問題なければ申し込み完了です。

商品送付書の作成

完了画面またはマイページより「商品送付書」をプリントします。本人確認書類をアップロードしない場合は、商品送付書に印刷した本人確認書類を貼り付けます。

本人確認は初回のみです。一度登録・承認されれば、次回取引よりは必要ありません。

箱詰め(梱包)

売りたい品物を箱詰めします。今回は「本&DVD買取コース」なので、「本・DVD/ブルーレイ・CD・ゲームソフト合わせて30点以上」を用意します。

DSC04166

こちらは「ブックオフオンラインでの買取」に使用した画像ですが、書籍が傷まないよう平積みにして、空いたスペースには古新聞やプチプチを詰めましょう。

箱を閉じる前に「商品送付書」を入れておくのを忘れないように(筆者は今回、封をした後に「商品送付書」を入れ忘れたことに気づき、慌てて入れなおしました…)。書籍は重たいので、ダンボールの底や側面などもろそうなところはガムテープで補強しておきましょう。

集荷

今回はコンビニ発送ではなく集荷を依頼したので、佐川急便さんが集荷に来てくれました。事前に梱包は完了していたので、佐川さんには送り状を貼ってもらうだけ。控えもしっかり受け取っておきましょう。集荷完了まで所要時間はわずか1分足らず。ラクチンです。

その他、買取について

ネットオフでは申込時の買取価格を保証しているそうです。申込と査定の間にはタイムラグがありますが、例えば送った品物の買取価格が「申し込み時>査定時」だった場合、申込時の価格、つまり値段の高い状態で買取します。逆に「申込時<査定時」だった場合は査定時の価格で買取をしてくれるそうです。高価買取り商品や人気商品の場合はありがたい仕組みです。


今回筆者はネットオフの宅配買取で書籍を買取依頼しましたが、ネットオフではブランド品やスマホ(スマートフォン)、フィギュア、ゴルフ用品など各種買取をネットでしてくれます。不要なものを処分したい、という場合にはご利用を検討されてはいかがでしょうか。

査定結果と感想

結果でました!40冊ほど送ってお値段は…1,200円ぐらい。まずまずの結果でしょうか。まあ高価買取でない書籍が1冊40円ぐらいだったので、ブックオフなど実店舗での買取と較べてもそんなに変わらないといったところでしょう。

良かったところはサイトの査定画面で、高価買取りをしてくれた書籍とその値段が細かに表示されていたこと。意外と買取でこれをしているサービス、少ないんですよね。明細を見ると査定金額の納得感が違います。ネット買取としてはやはり輸送費などもかかるはずなので、金額としては概ねこんなとこでしょう。やっぱり自宅にいながらにして書籍やCD・DVD・ゲームなどを処分できるサービスは、便利だと実感。なおこちらの手違いで少しネットオフさんに迷惑をかけてしまったところがあったのですが、とても丁寧に対応していただきました。ありがとうございます!

【古本買取】三社で中古書籍を宅配買取してもらった感想
ネットオフの宅配買取サービス

【2016/3/11追記】
筆者利用時には明細が高額査定商品のみでしたが、全商品の買取明細を表示するようになったそうです。自分の売った本がどのくらいの値段になったかがわかる、というのは安心感がありますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする