VIEW LATERーWebページを「あとで見る」Chrome拡張

ネットを巡回していておもしろそうなページを見つけたけど見ているヒマがない。そんな時に「後で見る」メモを残しておけるのがChrome拡張「VIEW LATER」です。

view-later01

インストールはこちらから
Chrome拡張:VIEW LATER

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボタンクリックで簡単保存

view-later03

使い方は簡単。後で見たいページにいる時にVIEW LATERアイコンをクリックすると、上記画面に。

view-later04

緑の円(プラスマーク)をクリックすると保存完了。見たい時にこの画面内で保存されたURLをクリックすると、そのページに移動します。アイコンには保存された数を表示。緑円の横「FILTER」に任意の文字を入力するとタイトル検索もできます。

view-later02

オプションは4つ。保存した時に自動的にタブを消す、保存URLをクリックした時に自動的に削除する、ページを追加した時に通知を表示する、いつもカレントタブでリンクを開く、です。

まとめ

以上、気になったリンクを「後で見る」ために保存しておけるChrome拡張「VIEW LATER」でした。EvernoteやPocketと何が違うの?と思われるかもしれませんが、こちらはタイトルとURLのみを保存します。オフライン時にはリンク先を見ることはできませんが、その分だけ動作も軽快で、保存容量を気にする必要がありません。気になったページ、後で見たいページをサクッと記録しておけるので、ネットサーフィンに役立つのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする