Wii U GamePadが故障!任天堂に修理依頼しました

先日、3DS LLのスライドパッド破損を任天堂で修理してもらったばかりですが、Wii U GamePadも左スライドスティック(十字ボタンの上にある操作レバー)が不調になったため、こちらも任天堂さんに修理依頼を出しました。

具体的な症状としては、スティックを操作した時の反応が悪いこと。

原因はただ一つ。スプラトゥーンのやり過ぎです(笑)。スプラトゥーンあるあるですね。

3DS LLは子ども用でしたが、こちらは筆者も使っていたので早めに直しておきたいところ。

スプラトゥーン2の発売ももうすぐ。発売に併せてSwitchを買う予定なので、Wii Uの修理をするかどうか迷ったのですが、まだまだ子どもたちのコミュニケーションツールとして現役なので、サクッと修理することにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

任天堂サポートを確認

3DS LLの時と同様、任天堂公式サイトのサポート情報を確認します。

修理のご案内|サポート情報|Nintendo
ゲーム機やソフトの修理に関するご案内をおこなっています。オンライン修理受付もこちらから。

オンライン修理受付を通して修理依頼をすると、修理代金が5%引きに。また登録したメールアドレスで修理代金の見積もりや発送の連絡を受け取ることができます。

Wii U GamePadの修理参考価格を確認すると、筆者のケースは「ボタン、L(R)スティックによる操作が正常にできない」に該当。修理代金目安は3,240~4,320円です。

3DS LLの時は予想以上の高額修理となってしまいましたが、今回はどうなるのか。ドキドキやで…。

オンライン修理受付依頼

任天堂サポートサイトより修理受付を依頼します。今回は保証期間外の修理なので送料・修理代金とも実費が必要。保証期間内ならば発送も着払いが可能です。

修理期間は任天堂到着後、通常10日~2週間程度必要。3DS LLの時は発送も含めて8日間で帰ってきましたが、時期や修理内容にもよると思われます。

複数の機械を同時に修理に出すことはできないので、故障した機種ごとに個別に修理依頼が必要。

修理代金は先程目安を確認しましたが、他に修理箇所があったり、依頼者の想定していない修理内容が発生する可能性があります。「見積もり連絡希望金額」を設定できるので、金額によっては修理をとりやめたい、など希望のある場合は見積もり希望金額を設定しておきましょう。「1円」にしておくと絶対に連絡をくれます。

梱包→発送

フォームから修理依頼が完了したら、修理依頼品を梱包します。梱包に関する注意も任天堂サイト内に掲載されていますので参考に。封をする前に、プリントアウトした修理依頼票、または「修理お申し込み番号」と「電話番号」の両方を書いたメモを入れておくのを忘れないようにしましょう。これ大事。

また修理と関係の無いものは紛失しないように抜いておきましょう。今回は念のためタッチペンを外しておきました。

気になる見積もり金額は…

任天堂から修理品が到着したとの連絡。そしてその少し後に見積もり金額の連絡が来ました。気になる見積もりは…

フウゥーッ!何とか当初の想定通りで済んだ!割引・消費税も計算して4,104円でした。3DS LL修理時にもありましたが、「技術料3,000円」は高確率で含まれるようです。

なお今回は「通信欄」に

ゲームパッドを確認させて頂いたところ、内部の部品に故障がみられました。(中略)ご使用前にお手元のWiiU本体との再登録をお願い致します。(WiiU取扱説明書参照)

というメッセージが。修理依頼品が到着したあと、設定が必要です。

修理品の受け取り

修理が完了したら、宅配便で自宅まで届きます。修理代金の支払いは代引きで。手数料・送料はかかりません。

帰ってきたWii U GamePad。スティックの操作感も特に問題なし。なお3DS LLの時は液晶(タッチ画面)に貼ってあった保護シールがはがれていましたが、今回はそのまま帰ってきました。保護シールを貼っている人は操作する前に確認しておきましょう。

Wii U本体とGamePadのシンクロ

Wii U GamePadの電源を入れると、液晶画面に上記の表示が。やはり本体とのシンクロが解かれているようです。

手順に従ってWii U本体とGamePadをシンクロ。設定が完了すると、無事に操作ができました。スティックの操作も問題なしです。

なおWii UとGamePadの修理が完了したあとは、下記について注意が必要です。

  • Wii UとGamePadがシンクロしていない場合は再登録
  • Wii U本体にニンテンドーネットワークIDを登録していた場合は、念のためパスワード変更が推奨
  • 修理の内容によって「保護者による使用制限」が解除されている場合あり

同封の注意書きに上記の内容が書かれているので、よく確認しておきましょう。

修理依頼から完了までの流れ・日数

3DS LLを修理した時は都合8日で戻ってきましたが、Wii U GamePadの場合は下記の通りでした。

  1. 1日目…オンライン申し込み・梱包・発送
  2. 3日目…任天堂より修理依頼品到着の連絡
  3. 3日目…同日、修理金額の見積もり連絡
  4. 3日目…同日、見積もりを了承し修理依頼
  5. 6日目…修理完了・発送の連絡
  6. 7日目…修理完了品到着・代金支払い

というわけで丁度1週間で修理完了し、手元に届きました。今回は基盤の修理等がなかったので修理内容としては軽度だったと予想されますが、早いという印象です。

なお依頼内容やお住いの地域によって日程は変わると思いますので、上記は大体の目安とお考えください。

Wii U GamePadの修理費用合計

修理代金4,104円+宅配送料597円=4,701円

以上が今回の修理にかかった合計金額です。5%のオンライン割引も適用済み。

スプラトゥーン2が出たらSwitchを購入予定なので、約5,000円の修理費用、個人的には微妙なところですが、任天堂さんの対応および費用については特に不満はありません。むしろ素早いサービスでさすが!という感想です。

長年使っているとゲーム機も調子が悪くなることもあるでしょう。メーカーのサポートを利用してみようかな、という方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする