【ポケカ】XY9「破天の怒り」で意外と活躍してくれそうなポケモンたち

当ブログでもポケモンカードXY9「破天の怒り」の開封結果をお伝えしましたが、皆様お目当てのカードはゲットできたでしょうか?拡張パックを剥いている方もシングル買いの方も、楽しい時間を過ごされていることと思います。

そんなXY9、なかなかユニークなカードが入っています。筆者も一通りカードのチェックが終わりましたので、デッキに入れて使ってみたい、おもしろいポケモンをチョイスしてみました。なお筆者は王道とは外れたひねくれたデッキが好き、ということをあらかじめお伝えしておきます(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オドシシ・クイタラン

XY9 オドシシ クイタラン

まずは無色タイプのオドシシ。下ワザ「ビッグチャージ」は無色エネ2つでベンチにM進化ポケモンがいるならば80ダメージを叩き出します。M進化版ミルタンクですね。新グッズ「闘魂のまわし」と組み合わせればHP130・ダメージ90になるというなかなかの強さ。Δ進化のレックウザEXと組み合わせれば結構活躍しそう?

そしてBW7「プラズマゲイル」以来の登場、クイタラン。上ワザ「きょうかフレイム」はこれまた「闘魂のまわし」との組み合わせで1エネ50ダメージ、HPも140になります。HP140って倒すの結構しんどいですよね…。

バクーダ・ヤブクロン

XY9 バクーダ ヤブクロン

バクーダの下ワザ「ふんか」は炎2つに無色エネ一つが必要ですが、サポート「鍛冶屋」があればエネはなんなく付くはず。そしてお互いの山札1枚ずつをトラッシュして出たエネルギー✕60、ということはマックス200が出る!エネがでなくても相手山札を一枚トラッシュできるのは嫌がらせとして優秀。

ヤブクロン。特性ダストオキシンを持つダストダスばかりが注目されていますが、ヤブクロンのワザ「アシッドボム」って何気に強くないですか?10ダメあたえてコイン判定でエネはがし。進化した後でもスタジアム「記憶のほこら」があればダストダスも充分戦力に。エネをはがすサポートと組み合わせるといろいろと捗りそうです。

スワンナ・コロボーシ

XY9 スワンナ コロボーシ

まずジムバトルで見かけることはないスワンナ。しかし今回は一味違う!ワザエネが全て無色なのでどんなデッキにも入れられます。闘抵抗を持っているのもポイント高いですね。意外な伏兵として活躍するかも。

コロトックの進化前・コロボーシはワザ「むしのよかん」で山札から草ポケモンを3枚までもってこれます。仮にコロボーシが一撃で倒されたとしても、スタジアム「巨大植物の森」があれば次ターンで急速に場を整えることができるのではないでしょうか。

ドレディア・アイアント

XY9 ドレディア アイアント

ドレディアの上ワザ「うるうる」はワザを受けたポケモンに手札からエネをつけると、そのポケモンをねむりにします。エネをつける時はポケモンチェックが終わった後なので、100%眠ったままになりますね。ガマゲロゲEXやゲッコウガ、今回注目のガブリアスにピリリと効く一枚になるか。

今回草タイプとなったアイアントは相変わらずの山堀野郎。下ワザ「ガリガリけずる」はダメカンがのっていることが条件なので、いかにしてダメカンを載せるか?が思案のしどころ。レインボーエネルギーをつけるか、「マグマ団の秘密基地」を出すか、はたまたXY8のカイロスで「うしろなげ」するか…。

ホウオウEX・ダークライEX

XY9 ホウオウEX ダークライEX

最後、EX枠より。ホウオウEXは特性で基本炎エネがついていればHP50回復できるが、ワザ「エレメンタルフェザー」に必要なエネは草・水・雷!MライボルトEXのターボボルトで炎含む基本エネをつけてあとはレインボーエネルギーにするか、XY7ウルガモスでサンバースするか…。しかしHP180、特性で毎回50回復できる、というのは場に立ってしまうとかなり強いはず。

そしてダークライEX。上ワザ「あくのはどう」は20ダメに自分の場のポケモンについている悪エネルギー✕20をプラス。このワザが強いのは言うまでもないのですが、気になるのは「悪エネルギー」の解釈。これってダブルドラゴンエネルギーとかもOKなんですよね?ってちゃんと公式Q&Aに回答が載ってました。仮にダークライにはダブル無色、そしてDDEが4枚ついたドラゴンタイプがいたら、合計180ダメージ。たいていのEXはいちころです。ダークライEX、ドラゴンタイプの新たな相方となるか?

まとめ

…とまぁ、妄想レベルですがポケモンの活用方法を考えるの、楽しいですね。特に日の当たらなさそうなポケモンを何とかデッキに組み込もうと頭を悩ますのがなんとも(笑)。しかしオドシシ、クイタラン、バクーダあたりはリアルに活躍してくれるのではないかと期待したり。次にジムバトルに参加するまでに、おもしろデッキをがんばって作ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする