ヤフオク!かんたん決済手数料・落札システム利用料の改定は出品者にどう影響する?

2015年11月4日にヤフオク!より、Yahoo!かんたん決済手数料、および落札システム利用料の改定が発表されました。

Yahoo!かんたん決済手数料および落札システム利用料の改定について

かいつまんで書くと、

  • 落札者が支払い時、Yahoo!かんたん決済にかかっていた決済手数料を無料化するよ
  • Yahoo!かんたん決済の不正利用対策を強化するよ
  • 悪質な利用者からの入札を制限するオプションを強化するよ
  • それらを含めたシステムの増強をするよ。だから今まで5.40%(税込)だった落札システム利用料を「8.64%(税込)」に値上げするよ!
  • 適用は2016年1月15日(金)午前0時以降からだよ!

ということのようです。落札者は「いいじゃん!」、出品者は「うへぇ…」と思うような改定ですね…。仮に月に1万円分落札されたとしたら、改定前は540円だったシステム利用料が改定後は864円になるわけです。儲けが減ってしまいますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Yahoo!かんたん決済の現在の手数料

Yahoo!かんたん決済はヤフオク!で落札した商品や送料の支払いをYahoo!が代行し、後日登録した銀行やクレカから利用した金額が引き落とされるサービスです。

Yahoo!かんたん決済

Yahoo! JAPANカードやジャパンネット銀行を利用する場合は0円から利用できます(条件がある場合も)が、決済方法によっては100円~307円、または振込金額の5.4%/5%がかかります。手数料がかかる場合は決済ごとに最低100円かかるわけですね。これが無料になるということは、確かに落札者にとっては大きなメリット。入札のハードルが下がるかもしれません。

Yahoo!かんたん決済はどれぐらい使われている?

これは私がオークションに出品した時の感覚ですが、落札者の5割ぐらいはYahoo!かんたん決済を利用して支払いをされます。支払い方法として銀行口座も大手含め複数用意しているのですが、想像するより皆さんかんたん決済を使われるなぁ、という印象です。

メリットを受ける出品と受けない出品

それでは出品者は改定によってメリットがあるかないか?これはもう「競る出品物かどうか」によるのではないかと思います。例えば1円で出品しても高額落札が見込める人気商品であれば、かんたん決済の手数料無料で入札者の予算が数百円アップするわけですから、落札金額が改定前よりアップする場合もあるでしょう。

しかし競る可能性が少なく、何をどうあがいても安価(100円ぐらい)でしか落札されない、という商品であれば、改定にかかわらずその金額でしか落札されないので、出品者の儲けは確実に減るでしょう。この場合は決済手数料が0円になることでYahoo!が言うとおり入札機会が増える、ということに期待するしかないのでしょうね。

というわけで手数料の改定、支払う金額が増えるのは出品者にとってやはりイヤなもの。Yahoo!の目論む通り、ヤフオク!が活性化されて全体的な底上げにつながれば良いとは思うんですけどね。出品者としてはこれ以上手数料が上がらないことを願うばかりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする