【SIMフリースマホ】ASUS ZenFone 2 Laserを買いました

我が家の携帯を格安SIM化する計画。最後は筆者自身のスマホとしてASUSの「ZenFone 2 Laser(ZenFone 2 Laser ZE500KL)」を購入しました。

IMG_0591

ASUSのZenfoneブランドといえばSIMフリースマートフォンの中でも定評のあるブランド。こちらは2016年4月現在、2万5千円前後で販売されており、手頃な価格で手に入れやすい機種です。

スポンサーリンク

ASUS ZenFone 2 Laserを選んだ理由・背景

このASUS ZenFone 2 Laser ZE500KL。発売は2015年8月で決して最新機種というわけではなく、またハイエンドなスマホでもありませんが、

  • 購入予算はMAX30000円ぐらい
  • スマホをヘビーに使うことは考えていない

といった選定理由に合致していたためこちらを購入しました。Amazonはじめいろんなサイトのレビューを確認した上で、「まあまあ使える機種」であると判断。ASUS製品には以前から信頼があり、またZenfoneブランドを触ってみたかったというのも理由です。

なお同価格帯の競合製品として、以下のSIMフリースマホが検討対象でした。

同じくASUSのZenFone Max。5.5インチの大画面と5000mAhの大容量バッテリーが魅力の機種。価格は3万円を少し超えるぐらいでやや予算オーバーだったので、今回は購入を断念。

Huawei(ファーウェイ)のP8 lite。実勢価格25000円前後で触った感じも好印象。特に不満は無かったのですが、今回はZenFon2 laserを選びました。

ASUS ZenFone 2 Laser ‏(ZE500KL)の主なスペック

ASUS ZenFone 2 Laser ‏(ZE500KL)の主な仕様です。

OS Android 5.0
サイズ 143.7 ×71.5 ×3.5 mm ~ 10.5 mm
重量 145 g
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 410
メモリ 2GB LPDDR3 RAM
ストレージ 16GB eMCP
ネットワーク 無線LAN 802.11b/g/n
Bluetooth V4.0
microSIMスロット×2
対応無線規格 2G :EDGE/GSM : 850 / 900 / 1800 / 1900
3G :W-CDMA 800(6) / 800(19) / 850(5) / 900(8) / 1900(2) / 2100(1)
4G :FDD-LTE: (JP version) 2100(1) / 1800(3) / 850(5) / 800(6) / 900(8) / 1700(9) / 800(18) / 800(19) / 700(28)
画面サイズ/解像度 5型, 1,280×720ドット(HD),TFT
インターフェース USBポート:microUSB×1
SIMカードスロット:microSIMスロット×2
カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
バッテリー 2400 mAh リチウムポリマーバッテリー
カメラ 前面 500 万画素
背面 1300 万画素
搭載センサー 加速度センサ / 電子コンパス / 近接センサ / 光センサ / 磁気センサ

カラバリはブラック/ホワイト/レッド/グレー/ゴールドの5種類。筆者はレッドを購入しました。SIMフリースマホ初心者の感想ではありますが、可もなく不可もなく、といった実に標準的なスペックだと思います。ネットのレビューを見るとバッテリー持ちが今ひとつ、といった内容も見かけますが、同価格帯の他機種と較べて普通のバッテリー容量ではあります。さすがにフルHDではありませんが、解像度がHD(1,280×720)であるのは必要十分かと。

開封・内容物など

ASUS ZenFone2 laser(ZE500KL)

箱を開けて内容物を確認します。本体・ACアダプター・USBケーブル・各種説明書類の他にイヤホンがセットされています。

IMG_0593

手に持った感じ。なかなか軽いです。背面がラウンドになっているので手に良くなじみます。

IMG_0594

ASUS ZenFone 2 Laserの背面。光沢があってオシャレ。上部にカメラ類、下部にスピーカーが確認できます。

SIMカード挿入

IMG_0605

ZenFone2 laserに「IIJmio」から届いたSIMカードを入れます。写真右側がSIMカードスロット1、左がSIMカードスロット2。両スロットともマイクロSIMカード対応です。カードスロット1はSIMカード挿入口の上にSDカードスロットがあります。

IMG_0606

ZenFone2 laserの説明書より。話が前後しますが、SIMカードを差し込むためには本体からカバーを外す必要があります。ZenFone2 laserはカバーが外しにくいという定評がありますが、カバーの開き方についてはこちらをご参考ください。

SIMフリースマホ「ASUS ZenFone2 laser」のカバーの開け方
格安SIMに移行するために、SIMフリーのスマホを買いました。家族3回線分を購入しましたが、筆者が購入したのはASUSのZenFone2 l...

IMG_0607

バッテリーを外し、カードスロット1にマイクロSIMカードを挿入しました。一度取り外しも試してみましたが、スムーズに外すことができました。安心。

まとめ

以上、ASUS ZenFone 2 Laser ZE500KL購入のお話でした。これで家族3人分のSIMフリースマホがようやくそろったことに。あとはスマホの設定をするだけだ!…3台分やるの、めんどくさいな(笑)。また設定・使用して感想などあれば追記します。

スポンサーリンク

フォローする