富士通の電子書籍ストア「BooksV」がサービス終了

富士通の運営する電子書籍サービス「BooksV」が、2015年9月29日をもってサービス終了となるそうです。

booksv

BooksV(ブックスブイ)|富士通の電子書籍サービス
富士通の電子書店「BooksV」9月末でサービスを終了 – ITmedia eBook USER

…って、スミマセン。このニュースで初めて「BooksV」なるストアの存在を知りました…。筆者はAmazonのKindleはじめ、楽天KoboやBookLive!、ReaderStore他、幅広く電子書籍サービスを利用してきたつもりですが、まさか大手メーカーさんの電子書籍ストアを知らなかったとは。もっと規模の小さいサービスも含めれば、たくさんのストアが存在しているんでしょうね。

スポンサーリンク

「BooksV」の終了対応

さて、この「BooksV」のサービス終了について気になるのは、買った電子書籍がどうなるのか?ということですね。上記ITmediaさんの記事によると、

  • 購入済みのコンテンツはサービス終了後もダウンロードした端末では利用できる
  • 6月30日までのコンテンツの累計購入金額は、相当額をhontoポイントで返却する(1ポイント=1円)

という対応になるとのこと。うーん、ユーザーにとってサービス終了は歓迎すべきことではありませんが、これはかなり良心的な対応なのでは?特に後者。例えばこれまでに10万円分購入していたら、hontoのポイントが10万ポイントもらえる、ということですよね(ですよね?)。今までの利益なんか無くなるどころか、赤字も同然の対応。それともユーザーを引き込むためにhonto側もいくらか負担するとか?(※筆者の勝手な想像です。念のため)某Y電機のサービス終了時(後に撤回)の対応を考えたら、かなり充実している部類に入るのでは。

hontoは丸善、ジュンク堂書店、文教堂など大日本印刷グループの書店が運営するネットストア。紙書籍及び電子書籍の販売を行っています。筆者はhontoサイトやジュンク堂書店で良く紙書籍を買いますが、大手印刷・書店の運営しているストアということで安心感があり、またポイントも貯まるので重宝しています。ただ残念ながら電子書籍は…あまり勧められたものではありません。筆者はAndroidアプリしか使ったことがありませんが、動きはかなりもっさり。これを改善してくれたらhontoでもっと電子書籍買うのに。

「BooksV」の電子書籍はいつまで読める?

上記にもある通り、BooksVで購入した電子書籍は「購入済みのコンテンツはサービス終了後もダウンロードした端末では利用できる」とのことです。hontoポイントもらえてお得!と思われるかもしれませんが、電子書籍がいつまで読めるかはわからないですよね。ユーザーではないので正確なところはわかりませんが、アプリの提供・更新が終了したら端末の変更時に全て読めなくなる可能性も。逆に言えば「見えない期限」があるようなものですね。ただそのための「hontoポイント補填」ともとれます。

電子書籍、割りきって使うしかない

今回はたまたま「BooksV」というサービスでしたが、次は筆者の、そしてあなたの使っているサービスが終了するかもしれません。Kindleだって、楽天だって、すぐということはないでしょうが、例外ではありません。これは電子書籍サービスにつきまとう宿命なのでしょう。

現在多数の電子書籍サービスが営業しています。これは業界が活性化しているということでユーザーに取ってはありがたい反面、顧客の取り合いになってBooksVのように破綻するサービスが増えてくる、という可能性も孕んでいます。ユーザーに取ってはいかに「ババを引かないか」が重要になってきます。今回のようにまだ良心的な対応であれば納得できますが、それは富士通というバックグラウンドがあってこそ。弱小サービスでは補填が受けられないこともあるでしょう。

筆者は電子書籍を良く利用しますが、「購入した書籍がいつか読めなくなるかもしれない」という不安は常につきまといますね。そういうものだと割りきって使うか、それとも割高だけど紙の書籍にこだわるか?悩みどころです。

スポンサーリンク

フォローする