珪藻土バスマットを買いました。性質やお手入れなど

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

以前から妻が欲しがっていたお風呂グッズがあります。それは「珪藻土バスマット」

なんでも夫と息子がいつもバスマットをビチョビチョにするので(スマン)、吸水力の高い珪藻土バスマットが欲しかったそうな。

珪藻土バスマット

というわけで、快適お風呂生活を目指して買ってまいりました、珪藻土バスマット。横60cm✕縦39cmのやや大きめサイズ。家族3人で使っても安心です。

珪藻土とは?

そも「珪藻土」とはなんぞや?

パッケージによると珪藻土とは、白亜紀の海や湖にいたプランクトン(珪藻)、つまり藻(も)が長い年月の間に堆積し、化石化した自然の鉱物だそうです。白亜紀とはまたスケールでかいな。

その珪藻土は自ら吸水吸湿・放湿する「調湿」機能を持っており、またその表面にある「孔(穴)」によって半永久的に自立呼吸しているそうです。

珪藻土バスマットの特徴

これら珪藻土の機能が消臭・速乾・菌の繁殖制御などに役立ち、その珪藻土をもって作られたバスマットが「珪藻土バスマット」とのこと。

まあ平たく言えば「珪藻土を使って吸水・乾燥性をアップしたバスマット」、ということです。

keisoud-bathmat02

パッケージ裏面。先の珪藻土の説明の通り、表面に無数の微細な「孔」が空いているので吸水力が高く、また自立呼吸により水分を放出するので、表面はいつもサラサラとのこと。

珪藻土バスマットを設置

keisoud-bathmat03

それでは珪藻土バスマットを設置するべく箱から出します。

結構重いです。測ったら2kg強ありました。

バスマットと言えば繊維素材を想像します。一方この珪藻土バスマットは繊維質も含みますが、平たく言えば藻や土からできているので、それなりの重さがあります。

そして固い!カチンコチンです。「バスマット」という概念からは少しはずれるものですね。

keisoud-bathmat04

表面を拡大したところ。繊維っぽいのがおわかりになるでしょうか。なお写真左上の物体は付属のサンドペーパー。お手入れの時に使います(後述)。

keisoud-bathmat05

お風呂場の入り口に設置しました。重量感があっていい感じです。試しに水をたらしてみたのですが、すぐ乾きました。さすがの速乾性能。

珪藻土バスマットのお手入れ・注意事項など

最後に珪藻土バスマットのお手入れ方法と注意事項について。

本製品のパッケージ裏面にある説明によると、珪藻土バスマットの使用回数が増えてくると「孔(穴)」が目詰まりを起こして吸水力が下がるそうです。

吸水力が落ちてきたな、と感じたら400番程度の紙やすり(サンドペーパー)で表面を薄く削ると、吸水性が回復するとのこと。削ったあとは乾いた布で粉を軽く拭き取りましょう。

また1周間に1~2回ほど陰干しすると気持ちよく使えるそうです。夏場は1周間に1回、冬場は3日に1回が目安。使わない時は立てかけておくのがオススメ。

なお珪藻土バスマットの注意事項としては

  • 直射日光には当てない
  • 天日干しはしない
  • 界面活性剤は使わない
  • 床暖房に注意(床が傷つく)

といったことがあるようです。

まとめ

以上、珪藻土バスマットを購入した、というお話でした。これでより快適なお風呂生活がおくれそうです。

なお珪藻土バスマットは本記事でご紹介したもの以外にも、多様な種類が販売されています。お店で買って持ち帰ると結構重いので、通販の利用がオススメです。

コメント