子どもの足が臭い!親が気をつけてあげたいこと・対策

我が家の息子は小学校高学年。おかげ様で元気に日々過ごしております。上級生ともなると一人で近所や友だちの家に遊びに行くこともしばしば。学校から帰るやいなや、速攻で「行ってきます!」とおやつもそこそこに外出します。

しかし靴を脱いだ後の彼の足、何か匂うぞ…?クンクン。うわっ、クサイ!ものすごいスメルがします(笑)。まあ学校では靴下はほぼ履きっぱなしだろうし、外で遊べば汗も溜まって臭くなるでしょうね。家族だからなんとか我慢できますが、これは想像以上の香り。

彼の名誉のために書いておきますが、おそらく彼特有のニオイではないと思います。とはいえ、このまま友だちの家にやるのは親として少し気が引けます。女子の家ならなおさらです。足が臭いと言われて揶揄でもされた日には…記書きではありません。

そこで細かいことではありますが、息子の足のニオイを軽減するために我が家で行っていることをいくつか。

スポンサーリンク

靴下はこまめに履き替えさせる

半日以上の汗を吸い込んだ靴下、かなりのニオイを放っています。これを脱ぐだけでも臭いがかなり減ります。なので遊びに行く前には必ず靴下の履き替えを指示。洗濯の手間は多少かかってしまいますが、女の子に嫌われないためには必須(笑)。何より人様の家に汚い靴下の子どもを上げるのは親としてはばかられますしね。

靴の入れ替え・消臭

普段履きの靴はできれば2足以上用意。こまめに入れ替えをします。靴自体も頻繁に洗うのがベストではありますが、そこまで手がまわらない場合は伝家の宝刀・ファブリーズで(笑)。

シュシュッとひと吹き・ふた吹きして一晩~1日置いておくだけで結構臭いがマシになります。さすがに同じ靴をずーっと履いていると臭いが溜まりやすいので、適度な感覚でローテーションするのがいいですね。もちろん合間を見て靴自体の洗濯も。

足の洗い方をチェック

小学校高学年ともなると一人でお風呂に入る子どもも多いと思います。息子も最近一人で入ることが多くなってきましたが、そこは小学生男子。体の洗い方はかなり適当です(笑)。筆者もそうだったからわかるのですが。

なのでお風呂での体の洗い方を教えてあげたり、時には一緒に入って汗や臭いの溜まりそうな部分をチェックしてあげましょう。

body_foot_side

上記画像は「いらすとや」さんの画像を加工させていただきました。

まず一番にチェックしたいのは足の指の間。ここは特に臭いが溜まるのでボディーシャンプーや石鹸で良く洗いましょう。爪の先も汚れがたまっていないかチェック。

見落としがちなのは「くるぶし」。ここに垢が溜まってること、結構あります。これも臭いの元になるので洗えているか要チェック。ここをしっかりあらっておくと清潔感がアップします。

まとめ

というわけで子どもの足が匂うときに親がチェックしてあげたいこと、でした。成長期は新陳代謝が活発な時。多少の臭いは仕方ないですよね。でも他所のお家に遊びに行くときは多少気を遣っておきたいもの。何より子ども自身が清潔さを保つ意識を持っておくことは良いことなのでは。一緒にお風呂に入るのもスキンシップになっていいですよ。

大人で足の臭いが気になる方も、普段からケアしておくと子どもの参考になってグッドです。

スポンサーリンク

フォローする