チャンピオンズリーグを終えて。BO3によるオープンリーグの流れ

ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2017 大阪大会が2017年2月18・19日の両日に渡って行われました。

ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2017 大阪ニュース詳細 | ポケカ公式
ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2017 大阪ポケカプレイヤーなら絶対挑戦!ライバルに自分の力を見せつけ、「最強」の座を手に入れろ!【2017/2/10 更新】 国内大会の

筆者もオープンリーグに参加。今回は事前応募の不備?による影響か、1日目に全6戦を行い、成績上位者が翌日さらに3戦を行い、最終ステージ進出者を決める、という形式でした。

チャンピオンズリーグは2月の大阪大会を皮切りに、以降4月の宮城、5月の愛知・岡山・東京、そして再び大阪と、5大会が予定されています。

開催日が一日しかない会場もあるので全て大阪と同じ形式になるとは限りませんが、今回大阪大会に参加できなかった方のために、大阪大会のオープンリーグ進行について記録を残しておきたいと思います。

なお、筆者は予選一日目で儚くも散ってしまった勢であることをご了承の上お読みください。またBO3による50分マッチの感想についてはこちらをご参照ください。

【ポケカ】BO3はどうだった?チャンピオンズリーグ2017大阪に参加
本日(2017年2月18日)、「ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2017 大阪」オープンリーグに参加してまいりました!20...

スポンサーリンク

大阪大会オープンリーグの進行概要

【重要】
重ねて書きますが、以降の大会は違う形式になる可能性もあることを念頭に置いた上でお読みください。

持ち物

大会概要に従い、

  • レギュレーションに則った60枚デッキ
  • デッキシート(デッキの内容を記載)
  • 参加確定メールのプリントアウト(スマホ表示でもOK)
  • 本人確認書類(健康保険証など名前、生年月日が確認できるもの)1点

以上を用意して会場に入ります。

受付

オープンリーグの受付でデッキシートを提出します。

その後、ホワイトボードにて自分の名前と初卓につくナンバーを確認します。グループはAとBに分かれているので少し見つけるのが大変ですが、名前はカタカナで五十音順に並んでいるので落ち着いて探しましょう。

余録ですが、ここでトラブル発生。なんと息子の名前が見当たりません…。1字違いの名前はあったのですが、それが間違いかどうかは不明。スタッフさんにお願いして確認を取ってもらったところ入力ミスとのことで、2戦目以降に訂正されるとのことでした。他にも同様のケースがあったようなので、自分の名前が見つからなかった場合はスタッフさんに確認をしてもらいましょう。

準備~バトル開始

卓に着くと、スタッフさんからバトル結果の記入用紙が配られます。この用紙にプレイヤーの名前を書き、マッチ数(初戦なら1、2戦目なら2)に◯を付けます。バトルの準備はアナウンスがあってから。アナウンス後はじゃんけんをしてバトル準備。BO3の始まりです。対戦終了10分前にはコールがあります。

バトル終了後

バトルが決着、または制限時間が終了したらそのマッチは終了。用紙にプレイヤー両名の結果(勝ち・負け・引き分け)とサインを記載します。勝ったプレイヤーが用紙を結果受付に提出します。引き分けの時はどうだったかな?失念。

なお棄権するプレイヤーはこの時に勝者と一緒に受付に行き、棄権する旨を伝えます。提出や棄権のルールについては別途詳細を記載した用紙が配布されますので、それに従いましょう。

組み合わせ発表

スイスドローなので勝敗結果により組み合わせが決まります。組み合わせ結果は再度ホワイトボードに張り出されますが、ポケカ公式サイトでも同時に発表(!)されますので、スマホでも確認可能。これは素直に驚きました。便利。

以降はこの手順の繰り返しです。

2日目進出者発表

全6戦の結果を元に、2日目進出者が発表されます。大阪大会ではA・Bグループでそれぞれ42名、計84名が2日目に残りました。自分の名前を見つけて大きな声で叫ぶ方もいましたね(笑)。なお上位以外にも、この時点で残っている全プレイヤーの順位が確認できます。

予選一日目の感想

…とこんな感じでスイスドローが進行するのですが、なんとなく雰囲気は伝わったでしょうか。以降は筆者の主観で感想など。


初戦~3戦目ぐらいまではとにかくバトル間の待ち時間が長かった!人数が多いので組み合わせに時間がかかっていたと思われます。マックス1時間強待ったことも(実はお昼休みだった?)。

何戦目かで着席した後、「今の組み合わせで一部間違いがあったのでマッチングを修正しました」とか言われて会場どっひゃー。今回は初めてのチャンピオンズリーグということで多少不慣れな部分もあったのかもしれませんが、次回以降はスムーズに運営できるよう修正してほしいですね。

中盤以降は上位進出の目がないプレイヤーが棄権して数が減ったからでしょうか。バトル間の時間も短縮されスムーズに進行。目安でいいので開始時間に関するアナウンスが欲しかったところ。


予選2日目進出ラインがわかりにくい。対戦表ではプレイヤーの名前と「3/0/1(10)」のような成績が表示されているのですが、いかんせん並びが五十音順なので点数の分布がわからない。WEBだけでもいいので別途成績順表示か、もしくは成績別の分布図を用意してくれたら。


一部試合はこんな感じで中継されていました。みんな釘付け。


早めに決着がついたり投了して時間の空いたプレイヤーは、合間に1DAYバトルでポイント稼ぎをされていました。要領いいなぁ~。

まとめ

以上、チャンピオンズリーグ大阪大会、オープンリーグの進行などについて、筆者の体験したことをまとめてみました。

今回は多くのプレイヤーが周知の通り、事前の参加予約に難があり、そのため2日に渡っての予選開催になったと思われます。2日開催の宮城・東京と1日開催の愛知・岡山・大阪(5月)ではまた形式が変わってくるかもしれません。いずれにしてもスムーズな運営を期待したいですね。

スポンサーリンク

フォローする