【ポケカ】「スターターセット炎 ガオガエンGX」開封結果

ポケモンカードSM「スターターセット炎 ガオガエンGX」

12/9、ついにポケモンカードが本格的にSM(サン&ムーン)環境に突入しました!

正確には「ピカチュウと新しい仲間たち」など既発売のものもありますが、拡張パック「コレクション サン」「コレクション ムーン」他、エキスパンションマーク「SM」のカードが多く登場した本日がまさにSM環境の夜明け幕開けと言っていいでしょう。

筆者もサン&ムーンのカードやグッズをいくつか購入しましたが、本記事では3種のスターターセットのうち「スターターセット炎 ガオガエンGX」の開封結果をご紹介します。

スポンサーリンク

スターターセット概要

結果の前に概要を。スターターセットは全部で3種類。

  • スターターセット草 ジュナイパーGX
  • スターターセット炎 ガオガエンGX
  • スターターセット水 アシレーヌGX

という草・炎・水の3種が発売になっています。

BW・XYでは「はじめてセット」に草・炎・水のハーフデッキが収録されていましたが、SMからはスタンダードデッキ(60枚)でそれぞれのタイプに分かれて構築デッキとしての発売です。

セット内容は下記の通り。

  • ランダム60枚デッキ/1個
  • ダメカン(44個)・マーカー(2個)/1シート
  • GXマーカー/1個
  • ポケモンコイン/1枚
  • プレイマット/1枚
  • プレイヤーズガイド/1枚
  • 遊びかた説明書/1冊

デッキにはポケモンGXのカードが必ず二枚封入。そして一部のカードが「ランダム」であるところがコレクターズ泣かせの仕様となっています!

スターターセット炎の付属物

前項目にて付属物を説明しましたが、実物はこんな感じ。おそらく写真左下、スリープが入っている袋がランダム部分なのではないかと思われます。

ポケモンコイン。新御三家モクロー・アシマリ・ニャビーのかわいいデザインです。

プレイマット。ガオガエン・アシレーヌ・ジュナイパーの力強いイラスト。カッコいい!

プレマの反対側にはルール説明も記載されています。

ポケモンカードSMから導入されたGXマーカー。厚紙製です。

カード封入袋を開けたところ。共通部分が39枚、ランダム部分が21枚です。

スターターセット炎 ガオガエンGX

それでは以下開封結果。ランダム部分がお手持ちのスターターセットどう違うかご確認を。エキスパンションマークは全て「SMA」、続いて「A」の記載があります。

No. カードの名前 タイプ 枚数
007 ガーディ 1
008 コータス 1
009 ニャビー 3
010 ニャヒート 3
011 ガオガエンGX 2
022 コスモッグ 2
033 ガルーラ 1
042 タイマーボール 1
043 ネストボール 2
044 ハイパーボール 2
045 ふしぎなアメ 1
046 ポケモンいれかえ 2
053 イリマ 1
054 ククイ博士 2
056 ハウ 4
057 リーリエ 2
058 ダブル無色エネルギー 2
基本炎エネルギー 7
以下ランダム部分
019 スリープ 3
020 スリーパー 2
021 ヒドイデ 1
基本超エネルギー 5
026 アローラニャース 1
027 メグロコ 2
028 ワルビル 1
基本悪エネルギー 4
048 むしよけスプレー 1
055 スカル団のしたっぱ 1

以上60枚です。筆者購入分のランダムカードは超・悪タイプのポケモンですが、公式のカードリストを見ると草・雷・闘・鋼・妖・無色(ガルーラではない)もあるようです。

トレーナーズも「エネルギー回収」や新カード「おおきいマラサダ」「どくばり」「ロトム図鑑」その他のカードが入っている場合があるようです。

特殊エネも「レインボーエネルギー」が再録されていますね。

ガオガエンGX考察

ガオガエンGX

「スターターセット炎 ガオガエンGX」のメインカードである「ガオガエンGX」をチェックしてみます。基本スペックは2進化・HP250・水弱点・逃げエネ3。

HP250はルナアーラGXやソルガレオGXなど他の2進化GXと同じ。この数値が2進化GXの基本HPとなるのでしょうか。バトルしてみるとわかりますが、HP250ってなかなか倒せないです。

ワザ「ハッスルブロー」は炎エネ一つで10+ベンチの炎ポケモンの数×20ダメージ。ベンチに5体いると130ダメージ。エネ一つで打てるワザとしては高性能。

ワザ「タイガースイング」はエネ3つで80+コイン2回の表×50ダメージ追加。マックス180ダメージですが、期待値としては130ダメージですね。

GXワザ「バーンスラムGX」はエネ3つで200ダメージ+確定やけどの効果なので実質220ダメージ。良い性能です。

炎タイプのいいところはサポート「鍛冶屋」が使えることですね。手張り+鍛冶屋でエネ3つが一瞬で付きます。「ハッスルブロー」から「バーンスラムGX」まで、中~高打点が期待できる、良い性能を持ったカードなのではないでしょうか。流行りのジュナイパーGXの対抗馬としても?

まとめ

以上、ポケモンカード サン&ムーン(SM)初の構築デッキにしてスターターセットの一つ、「スターターセット炎 ガオガエンGX」の開封結果でした。

お手持ちのデッキとくらべていかがでしたでしょうか?

その他のスターターセットの開封結果はこちら。

【ポケカ】「スターターセット水 アシレーヌGX」開封結果

【ポケカ】「スターターセット草 ジュナイパーGX」開封結果

スポンサーリンク

フォローする