【ポケモンカード】強化拡張パック「ドラゴンストーム」をチェック【GXポケモン・PS編】

1ヶ月ごとに一弾発売という体制になったポケモンカード。拡張パック「禁断の光」に続いて発売されるのは、強化拡張パック「ドラゴンストーム」です。

「極めよ、ドラゴンの力!」というキャッチフレーズの「ドラゴンストーム」。パッケージにはホワイトキュレム・カイリュー・ジジーロンが大きく描かれていますが、ドラゴンタイプの他に炎・水タイプをゼンリョク強化しているそうです。

というわけで本記事では「ドラゴンストーム」から、GXポケモンとプリズムスターを中心にチェックします。

ホワイトキュレムGX

BWではホワイトキュレムEXとして活躍しましたが、XYシリーズではついにEX化されなかったホワイトキュレム。SMでようやくGXとしてお目見え。


  • たね
  • ドラゴンタイプ
  • HP190
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:フェアリー
  • 抵抗力:無し

ひきさく(40ダメージ)
エネルギー:炎
このワザのダメージは相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない。

いかりのやいば(80ダメージ+):
エネルギー:炎水無
このポケモンにダメカンがのっているならば、80ダメージ追加。

ドラゴンノヴァGX(200ダメージ)
エネルギー:炎炎水無
相手のバトルポケモンをやけどとマヒにする。


強い。間違いなく強いホワイトキュレムGX。

まず炎エネルギー一つで40ダメージ(40ってめずらしい)出せる「ひきさく」。相手にかかっている効果を計算しない、ということは「ひかりのけっかい」も貫通。「鋼鉄のフライパン」のダメージ-30も計算しません。

下ワザ「いかりのやいば」はダメカンが一つでも載っていれば160ダメージ。不用意に攻撃すると大ダメージをくらいます。まさに竜の逆鱗。

そしてGXワザ「ドラゴンノヴァGX」。200ダメージという大火力に加え、相手バトルポケモンをやけどとマヒに。やけど状態になる、ということは確定で220ダメージ。こだわりハチマキ付けて250ダメージ。うん、マヒいらんよね(笑)。にしても強い。

ダブルドラゴンエネルギーと組み合わせたり、XYのレシラム・サザンドラEXと組み合わせてもおもしろいですね。ドラゴンタイプということで弱点は突けませんが、弱点計算が不要な強さを持っています。これ使いたい。

カイリューGX

2進化のカイリューGX。ドラゴンタイプでははずせない、人気ポケモンです。


  • 2進化
  • ドラゴンタイプ
  • HP250
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:フェアリー
  • 抵抗力:無し

ドラゴンクロー(70ダメージ)
エネルギー:雷

ギガインパクト(200ダメージ):
エネルギー:水雷無無
次の自分の番、このポケモンはワザが使えない。

ドラゴンポーターGX
エネルギー:無無無
自分のトラッシュにあるドラゴンポケモンを3枚、ベンチに出す。


カイリューと言えばエネルギは雷と草という印象があるのですが、カイリューGXは雷と水エネルギーを使います。

上ワザ「ドラゴンクロー」は雷エネルギー一つで70ダメージの高火力。ドラゴンタイプのダメージをを上げる特性「たたかいのうた」を持つチルタリスと組み合わせれば、さらなるダメージが期待できます。

下ワザ「ギガインパクト」も200ダメージと、大体のポケモンをワンパンできる強さ。次の番カイリューGXがワザを使えないというデメリットはありますが、工夫すれば連打も可能。

GXワザ「ドラゴンポーターGX」はエネルギー3つで、場にドラゴンポケモン3体を並べられるワザ。もちろん進化系でもOKなので、上述のチルタリスを並べるとさらなるダメージアップが可能。ただカイリューGXに進化させてエネ3つ付けてトラッシュにドラゴンタイプを3枚落として…という手順が必要なので、それだったら普通に進化させた方が早い?

いずれにしても、魅力的なパワーを持つカイリューGX。ホワイトキュレムGXもそうですが、エネ一つからワザを打っていける、というのは強いですね。2進化カイリューはXYからいろいろなカードが出ているので、カイリューGXと織り交ぜて使うとおもしろそうです。

レシラムGX

ホワイトキュレムに続き初のGX化、レシラムGX。ドラゴンタイプではなく炎タイプで登場。


  • たね
  • 炎タイプ
  • HP180
  • 逃げエネ:2
  • 弱点:水
  • 抵抗力:無し

ニトロチャージ
エネルギー:無色一つ
自分の山札にある炎エネルギーを2枚まで、このポケモンにつける。そして山札を切る。

しゃくねつのはしら(110ダメージ):
エネルギー:炎炎炎無
相手のバトルポケモンをやけどにする。

ヴァーミリオンGX(180ダメージ)
エネルギー:炎炎炎無
のぞむなら、自分の手札にある炎エネルギーを5枚まで、自分のポケモンに好きなようにつける。


HP180と、たねポケモンとしてはややHPの低いレシラムGX(いやその感覚はおかしい)。下ワザ「しゃくねつのはしら」は110ダメージ+やけどなので、ほぼ確定130ダメージ。エネが少し重たいのが難点か。

同じエネ要求ながら強力なのがGXワザ「ヴァーミリオンGX」。180ダメージに加え、手札の炎エネルギーを5枚まで、自分のポケモンに好きなように付けることができます。

上ワザ「ニトロチャージ」でエネ加速してこだわりハチマキ付きヴァーミリオンGXで180ダメージ。または先攻カキからのヴァーミリオンGX。手札のエネは新グッズ「火打石」やサポート「おじょうさま」が役に立ちそう。いずれにしてもグソクムシャGXをワンパンできるのは強い。

キングドラGX

水タイプで登場のキングドラGX。毎回ワザに必要なエネが少ないのがキングドラの特徴ですが、GX化したその性能は…?


  • 2進化
  • 水タイプ
  • HP230
  • 逃げエネ:2
  • 弱点:草
  • 抵抗力:無し

ハイドロポンプ(10ダメージ+)
エネルギー:無色一つ
このポケモンについている水エネルギー✕50ダメージを追加。

ぎゃくふんしゃ(30ダメージ):
エネルギー:水
このポケモンをベンチポケモンと入れ替える。

メイルストロムGX
エネルギー:水
相手のポケモン全員に、それぞれ40ダメージ。


普通に強くない?こういう、エネ一つからワザが打てるポケモンって大好き(笑)。HPは230で2進化としては低めですが、それを補ってあまりあるおもしろさがあります。

上ワザ「ハイドロポンプ」は水タイプおなじみのワザ。水エネが3つも付けば160ダメージ、こだわりハチマキを付けてHP190族もワンパン。

下ワザ「ぎゃくふんしゃ」は30ダメージを与えつつ、キングドラGXをベンチと入れ替えるエスケープ能力。上ワザと下ワザの性能、普通は逆じゃない?

GXワザ「メイルストロムGX」は、相手全員に40ダメージ。水エネ一つで打てるので、序盤にダメカンを乗せておくもよし、後追いでベンチを狙うもよし。ワザ「しおみず」を持つ非GXのキングドラと組み合わせてもおもしろいですね。

ちまちまとダメージを与えたり、エネを一気に付けて大火力を出したり、相手にあわせていろいろできそうなキングドラGX。水タイプはスタジアム「うねりの大海」やアクアパッチなど豊富な支援カードがあるので、活躍が期待できそうです。

ビクティニプリズムスター

炎タイプ・HP90のビクティニPS。特性は持っていませんが、ワザ「インフィニティ」がユニーク。炎エネ2つで、トラッシュにある基本エネルギーの枚数✕20ダメージ。その後、エネルギーを山札に戻すワザ。

とりあえずエネを落としまくって高ダメージを出したあと、エネルギーリサイクルやすごいつりざおのような効果をもたらします。トラッシュの基本エネルギーは「すべて」が対象であることに注意。

ワタルプリズムスター

サポート・ワタルPS。カードのテキストは

「このカードは、前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていなければ使えない。自分の山札にあるドラゴンポケモンを2枚まで、ベンチに出す。そして山札を切る。」

です。

最近増えてきた「きぜつ」後に使えるサポートが、プリズムスターでも登場。ドラゴンポケモンならば1進化・2進化でもいきなり場に出せるので、これはドラゴンデッキ、特に進化系を使うデッキに必須のカードになりそう。

総評

3/30に全カードリストが公開されましたので、それを受けて感想など。

GXポケモンはどれもおもしろいですね。強さで言うとナンバー1はやはりホワイトキュレムGX。エネ一つからワザが打て、大火力も期待できるドラゴンタイプのエースになりそうです。

個人的に使いたいのはキングドラGX。ノーマルのキングドラやSMで強化された水タイプ用のトレーナーズと組み合わせて、強いデッキを作り上げたい。

レシラムGXは110~180ダメージを与えつつ、自分の場を作り上げていくイメージ。やけどワザ「しゃくねつのはしら」に注目。ビクティニPSは冷静に考えると大ダメージを出す可能性のあるアタッカー。基本エネを多用する炎デッキで活躍するでしょう。カイリューGXは…ちょっと厳し目?

全体的には地味目だけど、そこそこ使いでのあるGX・PSが収録されている、そんなイメージの強化拡張パック「ドラゴンストーム」です。

コメント