【ポケモンカード】強化拡張パック「チャンピオンロード」をチェック【GXポケモン・PS編】

強化拡張パック「ドラゴンストーム」に引き続き、5月に発売される強化拡張パックが「チャンピオンロード」です。

「チャンピオン」の名を冠する強化拡張パック。ハッサムを中央に据え、フリーザー、ボーマンダ、バシャーモ、ルンパッパ、オーダイルなど迫力のあるポケモンがパッケージに描かれています。さてこの中からGX・プリズムスター化されるポケモンはどれだ…!

というわけで本記事では強化拡張パック「チャンピオンロード」から、GXポケモンとプリズムスターを中心にチェックします。

スポンサーリンク

ハッサムGX

強化拡張パック「チャンピオンロード」のメインとなるポケモン「ハッサムGX」。待望の登場です。


  • 1進化
  • 鋼タイプ
  • HP210
  • 逃げエネ:1
  • 弱点:炎
  • 抵抗力:超

特性:きけんしょく
このポケモンの残りHPが「100」以下なら、このポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+80」される。

はがねのつばさ(80ダメージ):
エネルギー:鋼無
次の相手の番、このポケモンが受けるワザのダメージは「-30」される。

ふりおろすGX(100ダメージ+)
エネルギー:無無無
相手のバトルポケモンが進化ポケモンなら、100ダメージ追加。


鋼タイプの1進化GXは初めてですね。人気ポケモン「ハッサムGX」。

ワザ「はがねのつばさ」は80ダメージですが、次の番に受けるワザダメージを-30できるので、長く場に留まることができるでしょう。

GXワザ「ふりおろすGX」は、相手が進化ポケモンならば200ダメージ。こだわりハチマキつきで230出るので、2進化ポケモンに大ダメージを与えることも可能。

そして特性「きけんしょく」は、ハッサムGXのHPが100以下ならば、ワザのダメージが全てプラス80になるという、パワーアップ特性。「はがねのつばさ」ならば160ダメージ、「ふりおろすGX」ならばマックス280ダメージに!

ちなみにベースとなるポケモンは草タイプのストライク。スタジアム「巨大植物の森」があれば一瞬でハッサムGXに進化できますが、どうエネを付けるかが思案のしどころ。

スポンサーリンク

フリーザーGX

フリーザー・サンダー・ファイヤーの中から最初にGX化されたのはフリーザー。水タイプとして登場の「フリーザーGX」です。


  • たね
  • 水タイプ
  • HP170
  • 逃げエネ:2
  • 弱点:鋼
  • 抵抗力:無し

特性:でんせつのひしょう
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。このポケモンをバトルポケモンと入れ替える。入れ替えた場合、自分の場のポケモンについている水エネルギーを好きなだけ、このポケモンにつけ替える。

アイスウイング(130ダメージ):
エネルギー:水水無

コールドクラッシュGX
エネルギー:水
おたがいのバトルポケモンについているエネルギーを、すべてトラッシュする。


特性「でんせつのひしょう」はカプ・コケコGXの特性「エアロトレイル」と同じ。上ワザ「アイスウイング」も同様。

GXワザ「コールドクラッシュGX」は水エネ一つから使えるのが特徴ですが、フリーザーGX自身も不利益を受けます。っていうか、ダブル無色でワザが打てるゾロアークGXなどの対抗馬にはならんよね…。

ワザ「アイスウイング」もこだわりハチマキを付けてもHP170に届かないのがつらい。どんなGXにもなにかしらの可能性を感じる方なのですが、このフリーザーGXはちょっと…な感じ。

強化拡張パック「ドラゴンストーム」のヌオーや、アクアパッチ・いれかえフロート・うねりの大海など豊富な水タイプ用サポートとの組み合わせでなんとかなるか…?

ボーマンダGX

2進化・ドラゴンタイプのボーマンダGX。ついにGX化されました。


  • 2進化
  • ドラゴンタイプ
  • HP250
  • 逃げエネ:2
  • 弱点:フェアリー
  • 抵抗力:無し

特性:ドラゴンフロート
このポケモンがいるかぎり、自分のポケモン全員(ポケモンGX・EXをのぞく)のにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。

ぐれんのほのお(200ダメージ):
エネルギー:炎水無無
このポケモンについているエネルギーを、2個トラッシュする。

かえんひこうGX
エネルギー:炎無無
相手のポケモン1匹に、120ダメージ。


ひさびさの特性持ちGX。特性「ドラゴンフロート」はXYのサザンドラEXと似たような特性で、自陣の逃走をサポートします。が、ポケモンEX・GXは非対象というのが残念なところ。組み合せるポケモンとすれば、特性「ターボブレイズ」を持つレシラムか。

ワザ「ぐれんのほのお」はエネ2個トラッシュで200ダメージ。ダブル無色対応なので、ダブルドラゴンエネルギーと組み合わせて連打したいところ。

GXワザ「かえんひこうGX」は、ノーコストでベンチ含む相手ポケモン1匹に120ダメージ。ダメージを負ってベンチに下がった相手ポケモンの後追いに。

決して弱いわけではないのだけれど、何かが物足りないボーマンダGX。実際に場に立ってしまえばHP250は大きいと思うのですが。逃げエネはゼロだったらもう少し魅力的なのですが。

ジュペッタGX

1進化・超タイプのジュペッタGX。いつも小粒でピリリと辛い働きをしますが…?


  • 1進化
  • 超タイプ
  • HP190
  • 逃げエネ:1
  • 弱点:悪
  • 抵抗力:闘

特性:シャドームーブ
このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。おたがいの場のポケモンにのっているダメカンを1個、おたがいの場の別のポケモンにのせ替える。

かげのじゅもん(30ダメージ+):
エネルギー:超エネ一つ
自分のトラッシュのサポートの枚数✕10ダメージ追加。追加できるダメージはサポート10枚分まで。

トゥームハントGX
エネルギー:超エネ一つ
自分のトラッシュにある好きなカードを3枚、相手に見せてから、手札に加える。


HPは190と、1進化のGXポケモンとしては最弱のジュペッタGX。特性「シャドームーム」。…このテキスト、いつも理解できないんですが、要はダメカンを1個、自分と相手含む全ての場で1個、移動するということですよね?「全ての場から1個選び」とか書けばいいのに。

ワザ「かげのじゅもん」は強えぇー!って思ったんですが、上限があるのでマックス130ダメージなんですね。それでもエネ一つで打てるのは強い。マッシブーンGXも一撃できるでしょう。「トラッシュにあるサポート」というのは相手のコントロールできない部分、というのが強みです。

GXワザ「トゥームハントGX」は、ジュナイパーGXの「ホロウハントGX」と同じ効果なので割愛。

マルマインGX

1進化・雷タイプのマルマインGX。マルマインと言えば自爆ワザですが…。


  • 1進化
  • 雷タイプ
  • HP190
  • 逃げエネ:1
  • 弱点:闘
  • 抵抗力:鋼

特性:エネエネボンバー
自分の番に1回使える。使ったなら、このポケモンをきぜつさせる。自分のトラッシュにあるエネルギーを5枚、自分のポケモン(ポケモンGX・EXをのぞく)に好きなようにつける。

エレキボール(50ダメージ):
エネルギー:雷無

クラッシュバーンGX(30ダメージ+)
エネルギー:雷無
自分の場のポケモンについているエネルギーを好きなだけトラッシュし、その枚数✕50ダメージ追加。


完全に自爆要員やないかw。

特性「エネエネボンバー」はマルマインGXのきぜつと引き換えに、トラッシュのエネ5枚をポケモンに付けます。特殊エネルギーもOK!

しかしポケモンGX・EXには付けれない!せめて雷タイプはOKにしても良かったんとちゃうか。サイド2枚取られるし。アーゴヨンGXとの組み合わせが一瞬よぎりましたが、進化前に付けるか…。

ワザ「エレキボール」は実用性なし。GXワザ「クラッシュバーンGX」は強いんだけど、このポケモン立ててまで使うワザか…?というのは疑問なところ。

まとめ

情報が公開され次第、随時追記します。

スポンサーリンク

フォローする