【ポケカ】スターターセット伝説「ソルガレオGX ルナアーラGX」改造案

ポケモンカードの新60枚構築デッキ『スターターセット伝説「ソルガレオGX ルナアーラGX」』を買ったので改造してみよう!のコーナーです。構築デッキを改造してみたいけど、どうやったらいいかわからない、という初心者の方向けに。

なお実際にデッキを回していない(動かしていない)脳内構築なのであらかじめご了承を。

スポンサーリンク

スターターセット伝説ニコイチ

まずは単純にスターターセット伝説「ソルガレオGX ルナアーラGX」を二つ使って、一個の60枚デッキを作ってみます。

カードの名前 タイプ 枚数
パッチール 1
クチート 2
ラティオス 2
コスモッグ 4
コスモウム 3
ルナアーラGX 2
ソルガレオGX 2
ふしぎなアメ 3
ハイパーボール 4
ネストボール 2
レスキュータンカ 2
ポケモンいれかえ 2
ポケモンキャッチャー 3
シロナ 2
リーリエ 4
マーマネ 4
ハウ 4
ダブル無色エネルギー 4
超エネルギー 10

以上60枚。普通ならばこんなにサポートを入れないのですが、バトルサーチャーが無いことを考えて厚めに。

基本は早目にソルガレオGXを立てて、ターボストライクで後続にエネを付けることを目指します。エネルギーや手札でダブついたサポートは、ハイパーボールやマーマネでガンガン切っていきましょう。

初手でクチートがくれば「なかまをよぶ」で後続を育成。来なくてもパッチールやラティオスで粘ります。ソルガレオGXが立てばコスモッグ・コスモウム・ルナアーラGXにターボストライクで超エネルギーを付けます。

ソルガレオGXとルナアーラGXを入れ替えたら、相手のHPによってルナジャベリンまたはレクイエムGXを。ルナジャベリンでエネをトラッシュした後は、逃げエネ0を利用してベンチに後退。再びソルガレオGXでエネ加速します。相手のサイド枚数を調整したい時はラティオスにエネを付けて前に出し、ラグーンファイトを。

伝説2個+カプ・ブルルGXデッキ

次にスターターセット伝説「ソルガレオGX ルナアーラGX」二つとスターターセット改造「カプ・ブルルGX」を合わせてみます。構築デッキを3つも使っちゃうなんてちょっと贅沢。

カードの名前 タイプ 枚数
カプ・コケコ 2
クチート 2
パッチール 1
コスモッグ 4
コスモウム 3
ソルガレオGX 2
カプ・ブルルGX 2
ふしぎなアメ 3
ハイパーボール 4
ネストボール 2
レスキュータンカ 2
ポケモンいれかえ 2
ポケモンキャッチャー 4
シロナ 2
リーリエ 4
マーマネ 4
ハウ 2
ハラ 2
ダブル無色エネルギー 4
草エネルギー 9

うーん、ちょっと苦しいかな。ソルガレオGXを立てることを最優先とするのは変わらず。ターボストライクで後続のカプ・ブルルGXを育てていきます。ソルガレオとカプ・ブルル、どちらのGXワザを使うかは状況を見て。

大きく違うのはカプ・コケコとハラが入ったこと。カプ・コケコは逃げエネ0。後攻1ターン目でバトル場にいれば、エネを付けずに逃げてクチートとバトンタッチ。「なかまをよぶ」でコスモウムを並べていきます。

とは言え、カプ・ブルルGXはもともと弱点無しなのでソルガレオGXと組ませるメリットが少ないかも。まあ構築デッキの資産を活用する、ということで。

伝説+XYのカードを添えて

ソルガレオGX+ルナアーラGX構築をベースに、XYのカードも含めてベーシックなパーツを投入してみます。ソルガレオGX+ルナアーラGXをメインに戦うことを目指しての構成です。

カードの名前 タイプ 枚数
カプ・コケコ 2
クチート 2
コスモッグ 4
コスモウム 3
ルナアーラGX 2
ソルガレオGX 2
カプ・テテフGX 1
ふしぎなアメ 3
ハイパーボール 4
バトルサーチャー 4
ちからのハチマキ 3
レスキュータンカ 2
バトルコンプレッサー 2
フィールドブロアー 1
プラターヌ博士 3
N 2
リーリエ 3
シロナ 1
グズマ 1
アセロラ 1
サイレントラボ 3
ダブル無色エネルギー 4
超エネルギー 7

こちらも基本はソルガレオGXを立てて前をなぐりつつ、ルナアーラGXを育てていくイメージ。ソルガレオGXは3枚と贅沢投入。

サイレントラボはデンジュモクGXやフーパなどを突破するのと、相手の特性持ちたねポケモンを妨害するため。サイレントラボが出ているときはこちらもカプ・テテフGXの特性が使えないので注意。

こだわりハチマキではなくちからのハチマキを採用した理由としては、ソルガレオGXで鋼抵抗持ちのカプ・コケコをワンパンできるように。ポニータ石井さんがこれでミスってましたね(笑)。

シロナは別にいらないんだけど、せっかく手に入ったしいれときたいw。序盤はクチートでタネを並べていくイメージ。最近の公式動画ではアズサの採用が多いですね。これはお好みでしょうか。まんたんのくすりも入れたかったけど入らんな…。

ソルガレオGX構築

今度は2種のソルガレオGXを組み合わせて60枚デッキを構築してみます。

カードの名前 タイプ 枚数
カプ・コケコ 2
クチート 2
コスモッグ 4
コスモウム 2
ソルガレオGX(かがやくたてがみ) 2
ソルガレオGX(ウルトラロード) 2
カプ・テテフGX 1
ふしぎなアメ 3
ハイパーボール 4
バトルサーチャー 4
ちからのハチマキ 2
レスキュータンカ 2
バトルコンプレッサー 2
フィールドブロアー 1
まんたんのくすり 3
プラターヌ博士 3
N 3
リーリエ 3
グズマ 1
アセロラ 1
サイレントラボ 2
ダブル無色エネルギー 4
鋼エネルギー 7

2種のソルガレオGX、ウルトラロードとターボストライクでエネ加速しつつ攻撃していくプラン。初手にコケコかクチートが来れば後続を立てられるので展開が楽になります。

いろいろ削ってなんとかまんたんのくすりのスペースをひねり出しました。サポートが少なめかなぁ…。まあ脳内構築なんでw。

こちらもデンジュモクGXを警戒してサイレントラボを入れていますが、気にしなければラナキラマウンテンとかでもおもしろいかも。

まとめ

以上、ポケモンカードの新60枚構築デッキ『スターターセット伝説「ソルガレオGX ルナアーラGX」』を利用した構築デッキの改造、でした。

ソルガレオGXは鋼タイプですが鋼エネルギーを必要としないのでどのタイプと組わせることも可能。エネ加速性能も優秀なので、いろいろな使い方ができそうですね。

スポンサーリンク

フォローする