Switchゲット!初期設定&スプラ2プレイ!無線LANは遅め?

ようやく任天堂のSwitch(スイッチ)本体をゲットしました!

欲しかったスプラトゥーン2同梱版です。もう手に入らないのかなぁ…とあきらめていたので嬉しい限り。

早速Switchをセッティングして遊んでみたのですが、Switchの接続、特に無線LAN周りで若干苦労した部分もあったので、覚書としえアップしておきます。

スポンサーリンク

同時購入品

任天堂Switchと言えば持ち歩きの出来るゲーム機。しかし我が家では当面、持ち出し禁止にしました。やっぱり高価な端末ですから、気軽に持ち出してもらっては困ります。なんかあっても手に入らんし。

という前提で、それにあわせて購入したSwitch用のアクセサリーはこちら。

左は任天堂純正Joy-con充電グリップ。右は液晶保護フィルムです。

Switchのジョイコンは本体から着脱可能なコントローラー。なのでバッテリーが内蔵されているのですが、ゲームをしながらジョイコンに充電することは出来ない仕様。このJoy-con(ジョイコン)充電グリップがあれば、バッテリーを気にせずにゲームをすることができます。

もう一点はゲーム用サプライとして定評のあるホリ製の液晶保護フィルム「貼りやすいブルーライトカットフィルム ピタ貼り for Nintendo Switch」。このフィルム、実際に貼ってみましたが、良く出来てるなぁ…。フィルムを貼る手順が練り込まれていて、位置合わせやフィルム貼りがめちゃくちゃやりやすかったです。お値段も800円ぐらいでお手頃。

なお我が家では本体を持ち出さないのでフィルムタイプにしましたが、本体を持ち歩きたい場合はガラス製も数多く販売されています。

Switch開封

Switch・スプラトゥーン2同梱版を開封します。おぉ…、これが夢にまで見た…。本体・ジョイコンとも予想以上に小さい印象。ジョイコンのカラーもスプラ仕様で嬉しい。

こちらがスプラトゥーン2セットの全内容物。

  • Nintendo Switch本体
  • Joy-Con(L)ネオングリーン
  • Joy-Con(R)ネオンピンク
  • Nintendo Switchドック
  • Joy-Conグリップ
  • Nintendo Switch ACアダプター
  • Joy-Conストラップ×2
  • ハイスピードHDMIケーブル
  • セーフティーガイド
  • スプラトゥーン2(ソフト)
  • オリジナルステッカー×3

Joy-Conグリップは本体から取り外したJoy-Conを付けて一つの手持ちコントローラーのようにできますが、先述の通り充電機能がないので注意。

セッティング。MACアドレスの確認は?

なんとこのSwitch本体には説明書が付いていません。詳しくは任天堂のWebサイトを見てくれ、とのこと。インターネットにつないで遊ぶのが前提のゲーム機、ってわけですね。タブレットで下記サイトを開いてセッティングをしました。

Nintendo Switch サポート|Nintendo
Nintendo Switch本体や関連サービスなどに関するサポート情報のトップページです。Nintendo Switchの使用方法についてご不明な点があればここからご覧ください。

こちらの「はじめて使用するときは(箱を開けてからソフトで遊ぶまで)」に従ってセッティングを進めます。

インターネット接続は有線と無線の環境がありますが、中には無線環境でMACアドレスフィルタリングをしている方もいるでしょう。

そんな時は初期セッティングでインターネット接続を飛ばし、Switchのホーム画面から設定→インターネット設定を確認します。すると「本体のMACアドレス」が表示されているので、こちらをルータのMACアドレスフィルタリング設定に反映させましょう。

インターネット接続が不安定?

一通りインターネット設定が終わったあとに接続をしてみると、どうもエラーになってネット接続ができません。SSID・パスワード等も問題無いよう。

筆者はSwitchをTVモード、つまりテレビに映す形で使いたいので、テレビとドックをHDMIケーブルでつなぎ、ドックに置いたSwitch本体と5メートルほど離れた無線ルータとWi-Fi接続する、という環境。回線は光です。

WiiUはこの環境でまったく問題ないのですが、なぜかSwitchはルータと無線接続できない。試しに本体のみをルータから2~3mの距離に近づけたらネット接続できました。しかし一度接続してもルータと距離が離れると再び不安定に。

テスト接続の下り数値を見ると、2~3mで20Mbps(メガ)前後、4mほどで5Mbps、5mになると1Mbps前後になるという体たらく。これはスプラ2のプレイに大きな不安が。

原因としてはやはりSwitchの無線アダプターの性能が低いからなのではないか、と推察。電波をキャッチする力が弱いようです。根本的な解決策はいずれ取るとして、とりあえず無線ルータとSwitchの間の障害物を極力減らし、また両者を高い場所に設置するなどしました。

すると、なんとかスプラ2をプレイすることが可能に。ただやはりプレイ中に接続エラーが頻発するなど不安定さは残った(原因の特定はできませんでしたが)ので、ネット接続の不安定さは対策したいと思っています。

取り急ぎこれからSwitchを無線LANで接続しようという方に伝えたいことは、

  • Switchの無線LAN機能の性能が低い(可能性がある)
  • 繋がらなければ無線機器の近く2~3mで接続を試してみる

ということです。

まとめ

というわけでセッティングに多少てこずった部分もありますが、何とかSwitchでスプラトゥーン2をプレイすることができました。やっと!我が家に!Switchのイカたちが!感無量です。

まずはナワバリバトルからコツコツ進めていこう!

フォローする