動画の視認性をアップするChrome拡張「Turn Off the Lights」

Webページへの動画の埋め込みも一般的になりましたという段階をはるかに過ぎ去りましたが、そんな動画の視認性をアップしてくれるChrome拡張がこちら。「Turn Off the Lights」です。

turn-off-the-ligts01

Chromeウェブストア:Turn Off the Lights

turn-off-the-ligts02

こちらをインストールすると、アドレスバーに電球マークが追加されます。マークをクリックするかショートカット「Ctrl+Shift+L」を押すことで、動画の周囲を暗くして映像を見やすくしてくれる、という仕組み。

スポンサーリンク

「Turn Off the Lights」を使ってみます

ではこの「Turn Off the Lights」拡張の効果がいかほどのものか、Youtube動画を埋め込んだページを見てみます。

turn-off-the-ligts03

キャプチャーは「Turn Off the Lights」をインストールした後に表示される説明ページ。お姉さんが写っている部分がYoutube動画です。では「Turn Off the Lights」をクリック!

turn-off-the-ligts04

動画の周囲が暗くなりました!動画部分が浮き上がって、確かに集中できます。お姉さんもノリノリです。この他Vimeoの埋め込み動画も確認しましたが、「Turn Off the Lights」がちゃんと働いてくれました。

turn-off-the-ligts05

じゃあ埋め込み動画なら何でも動くのか?というと例外もあるよう。写真はYahoo!動画ニュース。動画部分はFlashプレイヤーですが、こちらはうまく検知してくれませんでした。ちなみに記事は「スタン・ハンセン 阪神百貨店トークショーで『ウィー』」。これ知ってたら絶対行ったのに…!

【追記】
開発者の方でしょうか?コメントいただきました。何でもオプションで設定を変更すると見れるようになるらしいです。

turn-off-the-ligts06

「Turn Off the Lights」のオプション、「詳細オプション」より上記のラジオボタンを「全てのFlashコンテンツを表示します。」に変更。

turn-off-the-ligts07

するとスタン・ハンセンも無事表示されました!オプションでは視覚効果を変更するなど、他にも多彩な項目を調整可能です。Thank you! Stefan!

まとめ

以上、動画の周囲を暗転させて視認性をアップさせるChrome拡張「Turn Off the Lights」のご紹介でした。ページの背景やその他要素で動画が見にくい、という場合に役立ってくれるChrome拡張です。

スポンサーリンク

フォローする