エックスサーバーとmixhost、両方使ってみた感想。レンタルサーバー比較

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

本ブログはレンタルサーバー「エックスサーバー(Xserver)」を契約、数年間運営しています。

一方、今年に入って別途、同価格帯のレンタルサーバー「mixhost(ミックスホスト)」の利用を始めました。

レンタルサーバーの価格は月額1,000円程度のサービスが、価格的にも機能的にも個人ブロガーにはちょうど良いと考えています。

これからレンタルサーバーを契約したり、WordPressでのブログ運営を考えている初心者の方も、それぐらいを費用の目安にしていることが多いでしょう。

そこで本記事では、月額1,000円程度で利用できるレンタルサーバーとして、人気のエックスサーバーと近年名を上げているmixhostを比較。どちらがオススメか?をまとめてみました。レンタルサーバー選びのご参考にどうぞ。

※本記事に記載の内容は、記事作成時に筆者が独自に調査をしたものです。サービス等につきましては随時変更される可能性がありますので、ご利用の際はサービス提供元にて最新の情報をご確認ください。

月額料金・初期費用など

まずはエックスサーバーとmixhost、それぞれの月額料金と初期費用をチェック。エックスサーバーは「X10」プランmixhostは「スタンダード」プランと、それぞれ最安プランでの比較です。

エックスサーバーmixhost
プランX10スタンダード
月額料金900円(36ヶ月契約)
950円(24ヶ月契約)
1,000円(12ヶ月契約)
1,100円(6ヶ月契約)
1,200円(3ヶ月契約)
880円(36ヶ月契約)
930円(24ヶ月契約)
980円(12ヶ月契約)
1,180円(6ヶ月契約)
1,380円(3ヶ月契約)
初期費用3,000円無料
試用期間10日間10日間

ご覧のように、月額費用ではほとんど差がありません

6ヶ月・3ヶ月契約ではmixhostの方がやや割高ですが、12ヶ月契約ではほぼ同額。レンタルサーバーでの契約は1年単位がメインなのでしょう。エックスサーバー・mixhostとも、月額1,000円程度の料金設定をしています。

ただmixhostは後発のサービスということもあり、初期費用を無料に設定。初年度のコストがエックスサーバーより低くなります。

機能的な特徴

次に、エックスサーバーとmixhostで提供されている主な機能の比較です。

エックスサーバーmixhost
プランX10スタンダード
ディスクスペースSSD 200GBSSD 40GB
WebサーバーnginxLiteSpeed
転送量70GB/1日1TB/月
(1日あたり約30GB)
マルチドメイン
(独自ドメインの数)
無制限無制限
サブドメイン無制限無制限
無料SSLありあり
オリジナルCGI使用可能使用可能
WordPress
自動インストール
ありあり
PHP7使用可能使用可能
独自ドメイン取得機能ありなし
アダルトサイトの運営不可

大きく違いがあるのはディスクスペースWebサーバー転送量の3つです。以下、各項目について。

ディスクスペース

ディスクスペース(保存領域の容量)はエックスサーバーが圧倒的に優位。SSF200GBはレンタルサーバーサービスの中ではかなり多い方です(メールとデータ領域を共用しています)。

ただしブログにデータをあまりアップしない、例えば高解像度の画像ファイルをアップする予定が無い、などであれば、mixhostの40GBでも必要十分です。そもそも普通の個人ブログでは、あまり大容量のデータをレンタルサーバーにアップすることは少ないでしょう。

Webサーバー

次にWebサーバー項目。Webサーバーとはざっくり書くと、Webコンテンツを表示させるための仕組み、程度に考えてください。

mixhostは日本で初めて、Webサーバーに「LiteSpeed」を採用。最先端の技術を取り入れていく、という姿勢が見えます。

ただしエックスサーバーも従来の「Apach」から「nginx」へ移行。高性能なWebサーバへアップグレードすることで、アクセス集中時の処理や高速・安定したWebコンテンツの表示を実現しています。

転送量

転送量は、1日あたり(または1ヶ月)のデータ送受信許容量の目安。アクセス集中等により転送量がサーバーの設定を大きく超えると、表示制限がかかることがあります。

ですがエックスサーバー・mixhostとも設定されているスペックがあれば、通常のブログ運営には問題が無いでしょう。またエックスサーバー・mixhost両者とも、転送量オーバーによる課金等は設定されていません

その他特徴

上記の通り、エックスサーバとmixhostで大きなスペックの違いはありません。ただ具体的な数字が出ている項目では、若干エックスサーバーの方が優秀です。

ですがmixhostには、エックスサーバーにない大きな特徴があります。

それは成人向けコンテンツの運営が可能であること。ブログにアップする内容に、そっち系の内容が含まれている場合は、必然的にmixhosが選択肢になります。

逆にエックスサーバーでは成人向けコンテンツは許可されていないので、注意が必要です。

実際の使用感からの比較

以下は、実際にエックスサーバーとmixhostでWordPressブログの運営をした経験から、初心者の立場で気になるポイントを比較してみました。

  • エックスサーバーはX10プラン、mixhostはスタンダードプランを契約
  • 独自ドメインをSSL(https)化して運営
  • WordPressをインストールしてブログ作成

いずれも上記の前提での使用です。

ドメインの取得・設定

エックスサーバーでは、エックスサーバーのサービスの一つとして、独自ドメインを取得することができます。

一方、mixhostは独自ドメインの取得サービスを提供しておらず、外部のサービスを利用する必要があります。

これは初心者にとっては大きな違い。まずエックスサーバーでは、ユーザー管理画面である「Infopanel(インフォパネル)」からドメインを取得できます。

そこで取得したドメインを、レンタルサーバー領域を管理する「サーバーパネル」の「ドメイン設定」で追加することにより、すぐに利用可能。ドメインの取得・サーバーへの設定が一つのサービス内で完結します。

mixhostの場合は、まずユーザーが任意で選んだ外部サービス(お名前.comやバリュードメインなど)で独自ドメインを取得します。

その後、外部サービスにmixhostのサーバー情報を設定し、mixhost側にも独自ドメインを登録する、という手順が必要になります。

これはmixhostが特別なのではなく、レンタルサーバーの形式としては割と一般的なもの。ですがドメインの取得とサーバーへの設定が一元で管理できるのは、エックスサーバーの長所。支払い・請求をまとめたい時などにも便利です。

なおエックスサーバーでも、外部のドメイン取得サービスを利用することが可能。その方がドメインの取得費用・運営費を抑えられる場合があります。

コントロールパネルのわかりやすさ

エックスサーバーでは、サーバーの各種設定を「サーバーパネル」から行います。

こちらのように、基本的に日本語で書かれたインターフェース。すっきりしたデザインで項目名もわかりやすく、どこで何を設定するかが一目瞭然です。

もちろん多少の専門知識は必要ですが、見やすく・わかりやすいデザイン・機能と言えます。

一方のmixhostは、サーバーの各種設定を「cPanel」から行います。

こんな感じでアイコン群が並び、ところどころ英語表記になっています。そのため、筆者も最初は設定項目を探すのに戸惑いました。

独自ドメインの追加は「ドメイン」項目の「アドオン ドメイン」から行うのですが、「ドメイン設定」「ドメイン追加」という名称では無いため、実際にアイコンをクリックして中身を確認。

また、誰もが気になるWordPressの自動インストールも、ページ下部の「SOFTACULIOUS APPS INSTALLER」という項目の中で提供されており、ややわかりにくい感じを受けます。

このcPanel、おそらく海外で開発されたものを、日本語にローカライズして使っているのでは?と推察されます。

慣れてくるとそこそこ理解できるようになるのですが、レンタルサーバー関連の用語がわからない初心者にとっては、やや敷居が高いかもしれません。

WordPressインストールのクセ

エックスサーバー・mixhostとも、WordPressの自動インストール機能が提供されています。WordPressはプログラムをFTP等でアップロードして、手動でインストールすることも可能ですが、特段の理由が無い限り、自動インストール機能の利用が一般的です。

エックスサーバーでのWordPress自動インストールについては、特に問題を感じません。「自動インストール」項目から登録ドメインを選び、必要事項を入力していくだけです。

mixhostでのWordPress自動インストールも特に問題は無し。「アドバンスドオプション」で「自動バックアップ」の設定が出来るのは便利です。

ですがmixhostでは、インストールした後のWordPress設定で一手間が必要です。

レンタルサーバー「mixhost」でWordPressインストールのメモ

詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、日本語版のWordPressをインストールした時に通常入っている日本語用プラグイン「WP Multibyte Patch」が入っていなかったり、タイムゾーンが日本時間になっていなかったり、といった現象が見られました。

これも知識があれば対応できることですが、初心者には少しわかりにくいポイントと言えます。

独自SSL設定

エックスサーバー・mixhostとも、無料の独自SSLを提供しています。エックスサーバーは「Let’s Encrypt」、mixhostは「COMODO」です(※参考程度の記載なので深く考えなくても大丈夫)。

エックスサーバーでは独自ドメイン設定後、サーバーパネルから明示的にドメインに対してSSL設定を行う必要があります。

一方のmixhostは、サーバーにドメインを設定したあとは特別な設定は不要。設定したドメインに「https」でアクセスすると、そのままSSLでの接続ができます。

mixhostでのWordPress+SSL設定については、下記でもご紹介しています。

レンタルサーバー「mixhost」でWordPressインストールのメモ

WordPressのセキュリティ

これはエックスサーバー固有の話ですが、WordPressのセキュリティ関連で便利な機能があるのでご紹介。

エックスサーバーではWordPressのセキュリティ対策として、「WordPressセキュリティ設定」が提供されています。

WordPressではダッシュボード(管理画面)へのログインなどが狙われやすいのですが、その多くは海外からのもの。エックスサーバーでは「WordPressセキュリティ設定」から「国外IPアクセス制限設定」を設定することにより、海外からのダッシュボードへのアクセスを防ぐことができます。

もちろんWordPressのセキュリティ対策についてはプラグイン等でも対応でき、個別の対策をしておきたいところですが、レンタルサーバー自体にも対策手段があるとより安心。早くからWordPressを利用可能にしている、エックスサーバーならではの便利な機能です。

どちらのレンタルサーバーを選ぶ?

以上、月額約1,000円前後で運営できるレンタルサーバーとして、エックスサーバーとmixhostを実際の使用感もまじえて比較してきました。

それを踏まえて、個人的にはやはり「エックスサーバー」がオススメ。特にレンタルサーバーを使うのが初めて、という初心者の方には、エックスサーバーが最適です。

筆者もいくつかのレンタルサーバーを渡り歩き、最終的にエックスサーバーに落ち着きました。価格以上のコストパフォーマンスと安定性、最新技術の導入はもちろん、日本語の管理画面導入など洗練されたわかりやすさ、安心感があります

また多くの利用者がいるレンタルサーバーなので、エックスサーバーのヘルプ・マニュアル以外にもネットに多数の知見があり、困った時の参考になります。

一方のmixhostですが、こちらもレンタルサーバーサービスとして決して劣っているというわけではありません。むしろエックスサーバーより優れた部分も多々あります。

ある程度レンタルサーバー+WordPressブログ運営の経験のある方で、引越し先などを探している方には、mixhostもオススメ。あまり詳しくないけど、新しいことにチャレンジしたい、何でも調べるから大丈夫!という方でも大丈夫でしょう。

まとめると、

  • エックスサーバー
    わかりやすい機能・インターフェースでレンタルサーバー+WordPress初心者の方にもオススメ
  • mixhost
    初心者には若干ハードルが高いかも。でも経験者や新しもの好きなら利用する価値あり

といった感じです。

ただ一点注意しておきたいのが、エックスサーバーはアダルトコンテンツの運営が禁止である、ということ。どんな内容がそれに当たるか、というのは規約で確認いただきたいのですが、これから作り上げたいブログが、成人向きの内容を含む場合は注意。

その点mixhostは、規約で成人向きコンテツを許可しています。公開したいコンテンツ内容も考慮してレンタルサーバーを選んでみてください。

エックスサーバー公式サイトはこちら > エックスサーバー

mixhost公式サイトはこちら > MixHost

エックスサーバーは、WordPress専用レンタルサーバー「wpX」も提供しています。WordPressしか使わない、という方はwpXも選択肢に入るでしょう。

エックスサーバーとwpXってどう違うの?レンタルサーバー比較
本ブログは、エックスサーバー株式会社が運営している「エックスサーバー(XSERVER)」を利用しています。 かれこれ2年半以上エックスサーバーでブログを続けていますが、安定・安心のサービス。満足して使っています。 しかしふと思い...

コメント