Amazonプライムってどうなの?プライム会員になってみた。メリット・使用感など

【2016年12月、一部内容を更新・改訂しました。】

年が明け、キリがいいので(?)以前から気になっていたAmazonプライムの会員になってみました。

Amazonプライム

Amazonプライムと言えばもともとは商品発送が通常より早くなる「お急ぎ便」でしたが、2015年から動画見放題・音楽聴き放題など会員特典がパワーアップ。年会費を大きく上回る価値を提供しているサービスとなりました。

スポンサーリンク

Amazonプライムの会員費はいくら?

Amazonプライムの会員費は年3,900円(税込)です。月額払いではなく、年単位での支払いになります。ひと月あたりの利用料は単純計算で325円になりますね。

請求は無料トライアル期間(30日間)終了後、および有料会員期間1年経過毎になります。支払いは登録してあるクレジットカードからの自動引き落としとなるので、会員をやめたいという方は終了日に注意しましょう。

30日間の無料トライアルから

Amazonプライムをはじめるためには、Amazonプライムのトップページなどにある「30日間の無料体験を試す」をクリックします。このボタンをクリックしただけでは会員登録は完了しません。

amazonprime01

クリックすると

100万曲以上が聴き放題
無料のお急ぎ便で、自宅でもコンビニなどの店頭でも受け取れる
映画もTV番組も見放題
対象のKindle本から好きなタイトルを毎月1冊無料で楽しめる
タイムセールに30分早く参加できる
いつもの買い物、まとめてお届け

といったAmazonプライムの特典内容、無料トライアル終了後の注意、支払い方法、重要なお知らせ(年会費の請求や会員登録の停止などについて)が表示されます。問題なければ「無料体験に登録」をクリックします。

amazonprime02

処理が完了するとAmazonプライムの会員情報などが確認できるようになります。

amazonprime03

Webサイトの左肩に表示されていたAmazonロゴの「プライム」も、文字色が青色から登録状態であるグレーに変化しました。登録はこれで終わり。簡単です。

※既にAmazonのユーザーである場合です。

Amazonプライム会員情報を確認する

「Amazonプライム会員情報を管理する」をクリックすると各種ステータスを確認できます。

amazonprime04

会員タイプが「プライム(無料体験)」となっていることが確認できます。また無料期間が終わった後の請求金額および請求日が表示されています。大事なことなのでチェックしておきましょう。

Amazonで買い物した商品の配送料がお得に

2016年4月6日より、Amazonの配送が料全品無料→条件付き無料に改訂されました。

Amazon.co.jp、「全商品送料無料」が終了 2000円未満は送料350円に

書籍とAmazonギフト券以外の配送料について、1配送料の金額が2,000円未満の場合に税込み360円が必要に。Amazonで少額の買い物をしていた人にとっては厳しい改訂です。

この配送料の改訂はAmazonのヘルプページを見ると「通常配送料」についての記載しかないのですが、Amazonプライム会員であれば「お急ぎ便」が適用され、かつその利用料が無料となるため、実質配送料無料となるようです。

amazon-prime201612-01
上記はAmazonサイトの「配送料について」より。

2000円未満の買い物で一回360円の配送料がかかるのであれば、ひと月あたり実質325円で利用できるAmazonプライム会員になっていた方がお得。お買い物だけで充分元が取れます。

なおマーケットプレイスの商品発送には別途送料がかかる場合がありますのでご注意を。

Amazonプライムでできること・メリット

Amazonプライム会員は通常のAmazonユーザーと異なる、大きな恩恵を受けることができます。

amazon-prime201612-02

お急ぎ便・日時指定が無料

「プライム」のロゴマークが表示されている対象商品について、お急ぎ便・お届け日時指定便が無料になります。

筆者は通常会員時でも比較的配送が早い地域にいるのでお急ぎ便にそこまでメリットは感じないのですが、ありがたいのは日時指定ができること。これで荷物の受取っぱぐれがなくなると思うと嬉しいですね。

プライム・ビデオ

洋画・邦画はじめ、国内・海外のテレビドラマ、アニメーション、キッズ・ファミリー向け作品、バラエティなど豊富な動画を視聴することができます。

またiOS、Android用のアプリを利用すると、ビデオをダウンロードしてオフラインで楽しむことも可能です。子供向けのアニメを端末に入れておいて、出先で子どもに見せたりするとお出かけが楽になりそうです。

Prime Music (プライムミュージック)

100万曲以上の楽曲が聴き放題になります。

ジャンルはJ-POP、アジアンポップ、ポップス、ロック、ハードロック・ヘヴィメタル、ブルース・カントリー、フォーク、ソウル・R&B、ヒップホップ、ダンス・エレクトロニカ、ジャズ・フュージョン、クラシック、レゲエ、ワールド、ニューエイジ・イージーリスニング、サウンドトラック、アニメ・ゲーム、キッズ・ファミリー、演歌・歌謡曲・軍歌、日本の伝統音楽・芸能、バラエティ・効果音など多彩(効果音とかも聞けるのかw)。

また「J-POP ヒッツ」「TV CM洋楽ソングス」「ザ・ビートルズ TOP 50」といったプレイリストもあらかじめ用意されているので、曲を探すのがめんどくさい!という人にもオススメです。

会員限定先行タイムセール

タイムセール特価商品について、通常の開始時間より30分早くオーダーすることが可能。少しでもモノを安く買いたい!という人には見逃せない特典です。

Kindleオーナー ライブラリー

Amazonの提供する電子書籍(Kindle本)について、対象タイトルを一か月に1冊、無料で読むことができます。対象はベストセラーやコミックを含む2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書など。

なお利用の条件として「Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットを持っている」必要があります。

Amazonパントリー

食品・日用品などの低価格商品を一箱あたり290円の取扱手数料で、ひとつから必要な分だけ配送してもらえるサービス「Amazonパントリー」を利用することができます

通常は個別で配送してもらえない商品も、290円の手数料を払うことによって箱に入る分であれば配送してもらえる、というサービスですね。

Amazonプライム・フォト

カメラ・携帯で撮影した写真を何枚でもCloud Driveに保存可能。追加料金無し、容量無制限で利用できます。

PCのウェブブラウザからアップ、iOSまたはAndroidのモバイルアプリからアップ、PCにインストールしたアプリからアップ、という3つのアップロード方法が用意されています。

ママ・パパ向け特典

プライム会員ならAmazon定期おトク便を利用することでおむつとおしりふきがいつでも15%オフになります。さらにお子様の情報を入力することでファミリー限定セールに参加できます。

Amazonファミリー

※お子様情報の登録が必要です。

Kindle端末・Fire端末の割引・クーポンも

この記事を書いている現在、Kindle PalerwhiteなどのKindle端末や、Fireタブレットの割引購入などを実施しているようです。よくAmazonで「○○○円OFF」などと表示されているアレですね。

すでにAmazonプライムの正会員(無料期間が終了し年会費を払っている状態)であれば、Kindle端末やFireタブレットが割引価格で購入できます。

無料会員、つまりお試し期間中であれば、本会員への移行後、プライム会員向けクーポンの対象になります。

キャンセル可能な30日間の無料トライアル

初回登録なら30日間、無料でAmazonプライムを体験できます。

登録はいつでもキャンセル可能。Amazonで買い物をする時、送料を節約したいな、と思ったらまずはプライム会員をお試ししてみては。

で、無料期間内に動画を見たり音楽を聴いたり、会員特典を使い倒しましょう。特にお急ぎ便・日時指定無料は優越感があります(笑)。

感想・Amazonプライムを一年使って

以下、2016年12月追記。

Amazonプライム会員になってほぼ一年が過ぎましたが、配送料の改訂後、より一層Amazonプライムのメリットを感じます。

またプライム・ビデオやPrime Musicは当初想定していたよりも利用してますね。

映画やアニメを自分で見たり、または家族で一緒に見たり。

また配送料無料・お急ぎ便・日時指定無料は目に見えないメリット。プライム会員をやめたら相当ストレスが溜まりそうです。

月額換算325円以上の価値は確実にある!と個人的には感じています。

更新時に料金据え置きなら確実に延長します。

Amazonプライムどうしよっかなー、と迷っているのであれば、まずは無料体験をオススメ。

期間中はお金もかからないし、予想以上のメリットを体感できると思いますよ。

さらに詳しい情報は公式よりご確認ください。

Amazonプライム

【追記】
Amazonプライムを一年間継続した感想を書きました。

Amazonプライムを一年続けての所感+継続するやいなや
去年の今頃にAmazonの有料会員プログラム「Amazonプライム」に入会し、それからちょうど一年が過ぎました。 Amazonプライム...
スポンサーリンク

フォローする