ガラナ飲料は「ガラナ アンタルチカ」が本場の味(だと思う)

「ガラナ」。炭酸飲料ですが、聞いたことありますか?「ガラナ(グァラナ)」という単語自体はブラジルポルトガル語で、ムクロジ科ガラナ属の植物のことです。

ガラナ – Wikipedia

カフェインやタンニンが豊富なその種子から抽出したエキスは疲労回復や滋養強壮に有用で、それを炭酸飲料に用いたのが「ガラナ飲料」です。ブラジルで盛んに飲まれている飲料ですが、日本国内では主に北海道を中心に販売されているとのこと。

ガラナ飲料 – Wikipedia

確かに北海道展などに行くと、下記のような商品を良く見かけます。

実は筆者は幼少時ブラジルに少しの間、住んでいたことがありまして。その時にガラナを良く飲みました。その時の味の感覚から言うと、これらのガラナはそれなりにおいしいのですが、ちょっとカラメルが強い感じ。本場のとは違うな、という印象でした。

そんな私が「これは本場の味だ!」と思ったガラナがこちら。

ガラナ アンタルチカ

神奈川県平塚市の「荒井商事株式会社」が販売されている「guarana ANTARTICA(ガラナ アンタルチカ)」です。これ、初めて飲んだ時、「あ、ブラジルで飲んだガラナ、こんなんだった!」と感動することしきりでした。荒井商事さんのサイトによると、このガラナ アンタルチカはブラジル国内のシェアが約30%なので、おそらく筆者が飲んだのもこれだったのでしょう。

スポンサーリンク

ガラナ アンタルチカ詳細

DSC04021

こちらのガラナ飲料、「KALDI(カルディ)」で購入。以前はブラジル食専門店や通販で購入していたのですが、近年ショッピングモールの普及とともにテナントであるカルディで販売されるように。ありがたや。大体108円~128円ぐらいで売ってます。

DSC04022

内容量は350ml。「国産」の表記があります。名称は炭酸飲料、原材料名は果糖ぶどう糖液糖、ガラナエキス、酸味料、カラメル色素、保存料(安息香酸Na)、ビタミンCです。

飲みます

早速買ってきたガラナを飲みます。

DSC04024

コップに氷を入れてトクトクトク…。程よい泡立ち、そしてガラナエキスの香りがはじける炭酸とともに広がります。お味は「コーラ+サイダー+ジンジャーエール」といった感じでしょうか。クセはほとんどありません。日本に住んでいてベーシックに飲む炭酸飲料と言えばコーラ・ファンタ・三ツ矢サイダー的なところだと思うので、初めて飲むとちょっと違和感があるかもしれません。が、慣れてくるとその独特な味がクセになって、グビグビ飲んでしまうことうけあいです。

もしあなたがカルディのユーザーで今までこの「ガラナ アンタルチカ」の前を素通りしていたならば、今度1本カゴに入れてみてください。きっとリピートしたくなるはずです。もしお近くに販売店が無い場合はネットでも買えますので、何かのついでに試し買いなどしてみてはいかがでしょうか。おいしいですよ!

スポンサーリンク

フォローする