画像をおもしろ加工できるWebサービス「PhotoFunia」

ブログやホームページに画像をアップしている、でもちょっとマンネリ気味でおもしろくない…。そんなお悩みをお持ちの方は、ちょっと変わった画像加工ができるWEBサービス「PhotoFunia(フォトファニア)」を使ってみてはいかがでしょうか。

photofnia01

PhotoFunia(フォトファニア)

スポンサーリンク

加工は簡単

画像加工は超簡単。エフェクトを選び、写真をアップして少し設定を行うだけ。サイト利用に登録などは一切不要です。

w600

今回はこちらのチャイナのお姉さん画像でエフェクトを試してみます。こちらはフリー写真素材ぱくたそさんよりお借りしました。いつもありがとうございます。

photofnia02

ではこちらの「VHS」風エフェクトをかけてみます。「CHOOSE PHOTO」より画像をアップし、使用範囲をCROP(切り抜き)します。次に「GO」をクリックすると加工完了。

PhotoFunia-1436367381

こちらが加工後の画像。おお、ちゃんとビデオ風になってる(笑)。これはすごい。手間もほとんど変わりません。なお加工画像はサイズを選んでダウンロードできます。サイズはエフェクトによって異なりますが、こちらはLARGE(幅1200px)、REGULAR(幅700px)、SMALL(幅100px)の三種類より選択できました。

多彩なエフェクトが400種類以上

本記事作成時点でエフェクトの数は440。先のVHSのように全体に加工を行うものから、用意された画像の一部にアップした画像をはめ込むものまで、多種多彩。

PhotoFunia-1436367502

こちらは「Breaking News」。ニュース画像に画像をはめ込みます。なお画面上に記載されている文字は全て変更可能!

PhotoFunia-1436367564

「Drawing Lesson」。写真が絵画風に変身。

PhotoFunia-1436367723

「Retro Photos」。写真は二枚使用。モノクロ/カラーを選べます。

PhotoFunia-1436369222

「Cook Book」。本になってます。これおもしろいなぁ。こちらは左ページの見出し文字を変更できます。

まとめ

以上、無料で写真をおもしろ加工できるWebサービス「PhotoFunia(フォトファニア)」のご紹介でした。ちょっと目を引くおもしろい画像が簡単にできるので、ブログのアイキャッチや見出し画像を工夫したい方は一度使ってみてはいかがでしょうか。多彩なエフェクトを触っているだけでもおもしろいです。

【オマケ】こちらはPhotoFuniaの紹介動画。なかなかファンキー(笑)。

スポンサーリンク

フォローする