テキスト→音声変換(読み上げ)→ファイル保存やってみた。使用PCソフトは?

この記事は約5分で読めます。

とある用途で「テキストデータを音声データに変換する」ことになったのですが、調べてみると意外とドンピシャなPCソフトやWEBサービスが見つからない。

結論から書くと、パソコン用ソフト「VOICEROID(ボイスロイド)」を導入、満足のいく結果が得られたのですが、そこに行き着くまでに調べたことなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

AHSのVOICEROID2を購入

今回やりたかった具体的な内容は「テキストデータを読み上げソフトなどで音声変換し、音声ファイル(mp3やwavなど)として保存すること」です。

また、そのための手順はできるだけカンタンな方がいい。エディタ(入力欄)にテキストデータをペッと貼り付けて変換ボタン押して出来上がり!ぐらいの。

以上の目的を達成するためにパソコン用ソフトやWEBサービスをいろいろ調査、試用しましたが、最終的には株式会社AHS(AH SOFTWARE)の「VOICEROID(ボイスロイド)」を購入しました(その過程で調べた他のソフト・サービスについては後述します)。

こちら、「VOICEROID2 紲星あかり(きずなあかり)」です。パッケージ版とダウンロード版がありますが、今回はダウンロード版を購入。購入時の価格は8,883円でした。

なお「VOICEROID2 紲星あかり」は2017年発売のソフトで、同シリーズの最新版ではありません。他にも2018年発売の「VOICEROID2 桜乃そら」「VOICEROID2 東北イタコ」や、2021年発売の最新版「VOICEROID2 音街ウナ」などが販売されています。

後継製品は「VOICEROID2 紲星あかり」よりも機能のバージョンアップなどが図られているようですが、公式サイトのサンプルを聞いたところ、個人的には「紲星あかり」の声質がとても気に入ったので、今回は「紲星あかり」をチョイス。成果物にも大変満足しています

スポンサーリンク

「VOICEROID2 紲星あかり」の使い方

で、実際「VOICEROID2」ってどうなん?と気になる方のために、簡単な使い方と出来上がったファイルをご紹介

Windowsにインストールした「VOICEROID2 紲星あかり」を立ち上げると、以下のような画面が表示されます。

基本的には上段中央にあるエディタにテキストデータを入力、またはペースト、「再生」から音声を確認して問題なければ「音声保存」でWAVE形式のファイル(拡張子.wav)を生成、という流れです。非常にカンタン

アクセントや文字の読み方を修正したい時は、下段の「チューニング」各項目から調整。単語登録等も可能です。

下記は夏目漱石「吾輩は猫である」の冒頭部分を音声化、WAVEファイルとして保存したもの。音量と話速を若干いじってある以外は無調整です。

お聞きいただくとわかると思いますが、とても自然な読み上げ。「紲星あかり」の声も落ち着いていて良い感じです。

「(どこで生まれた)かとんと」のイントネーションや、「(じめじめした)所」を「しょ」と読んでいるのは要修正ですが、無調整でここまでスムーズに読み上げられるのは素晴らしい!と思います。

その他の読み上げソフト/サービス

「VOICEROID2 紲星あかり」以外に利用を検討した、音声変換関連のPCソフト/WEBサービスについても記載しておきます。

CeVIO さとうささら トークスターター

(株)フロンティアワークスから発売されている「CeVIO」より、「CeVIO さとうささら トークスターター」。こちらもテキストをトークエディタに入力することで、読み上げによる音声データが作成できるようです。価格も6,600円とリーズナブルなのが魅力。

が、公式サイトが非常にわかりにくい!「CeVioとは」というページを見ても、どのソフトでどんなことが出来るのかが、まるで理解できませんでした。よって今回は不採用に。購入を検討されている方は、Amazonの製品ページを見た方がわかりやすいと思います。

音読さん

日本語音声読み上げソフト|音読さん
音声読み上げソフト音読さんは無料で最大5000文字までテキストを読み上げることができます。また、有料プランでは最大月間100万文字の読み上げができます。高品質な音声で読み上げられた文章は音声ファイル(.mp3)として読み上げることができ商用利用も可能です。

WEBサービス「音読さん」。サイトのフォームにテキストを入力、「読み上げ」ボタンをクリックするだけで音声変換が可能。mp3ファイルとしても保存できます。

落ち着いたトーンの音声、変換精度の高さと、大変良いサービス。WordPressプラグインやChrome拡張も用意されており、5,000文字以内ならば無料で使えるのも便利。月額980円~の有料プランに入ると読み上げ可能文字数が増えます。

ですがこの「読み上げ可能文字数」が、個人的にはネックに。「音読さん」は読み上げを行う時に文字数をカウントするのですが、やり直しをした時にも文字数をカウントするため、あっという間に文字数上限に達してしまい、大量のテキストを処理するのに向いていないことがわかりました。

そのため今回は採用見送り。ですが利用目的によっては便利なサービスだと思いますので、テキスト→音声変換をしたい方は一度チェックしてみてください。

VOICEVOX

VOICEVOX | 無料で使える中品質なテキスト読み上げソフトウェア
無料で使える中品質なテキスト読み上げソフトウェア

ヒホ(@hiho_karuta)さんの開発されている「無料で使える中品質なテキスト読み上げソフトウェア」。

二種類のボイスを内蔵し、商用・非商用問わず無料で利用できる、というのが大きな魅力。またオープンソースのソフトウェアということで、いろいろなプログラムと連動させているユーザーもいるようです。

実際に試してみましたが、現状は短文を音声出力するのに優れている、という印象。このレベルのものを無料で使えるのはスゴイ!下記の紹介動画でもその実力が確認できます。

まとめ

以上、テキスト→音声変換(読み上げ)→ファイル保存をやってみた、というお話でした。今回導入したPCソフト「VOICEROID2 紲星あかり」、シンプルで使いやすく、目標としていたことがアッサリできました。

変換精度や読み上げの仕上がりも、ひとむかし前のソフト・サービスよりもかなり向上しているんでしょうね。とても満足。同じような目的でソフト・サービスを探している方のご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました