Chromebook ASUS C300MA 使用感・レビューなど

Chromebook ASUS C300MA

ASUS(エイスース)のChromebook(クロームブック)「C300MA」を購入してから約1ヶ月(サバ読んで)ほどが経ちました。

Chromebook(クロームブック) ASUS C300MAを買いました。

このパソコン自体は発売から4ヶ月以上経っているので、少し今更感もあるかもしれませんが、価格が30,000円ちょっとと非常にこなれてきた現在、購入を検討されている方もいらっしゃると思いますので、今まで使ってみた使用感などをメモしておきます。なお、筆者はWindowsのノートパソコンをメインPCとして使っており、このChromebookはサブのPCとして、主に家庭内で使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ASUS C300MAの基本スペックなど

クロームブック C300MAの基本的なスペックです。

重量:1.4 Kg
寸法:23 x 32.9 x 2 cm
画面サイズ:13.3 インチ
液晶:ノングレア
解像度:1,366×768ドット (WXGA)
CPU:Celeron Dual-Core N2830(Bay Trail)2.16GHz/2コア
メモリ:4GB
HDD:16GB(eMMC)
グラフィック:インテル HD グラフィックス (CPU内蔵)
ワイヤレスタイプ:802.11 a/b/g/n/ac対応
光学ドライブ:なし
OS:Chrome OS
駆動時間:10時間

ChromebookはASUS以外にもAcer、DELLなどが販売されており、現在もいくつかの機種が購入可能です。その中で筆者がASUSのC300MAを購入した決め手は、

  • 価格が安い(約30,000円)
  • 液晶サイズが大きい(13.3インチ)
  • メモリが4GB
  • 液晶がノングレア
  • キーボードの打ちやすさ

といったところです。メモリは最近は4GBが主流ではありますが、液晶が13.3インチサイズなのは2015年5月1日現在この機種とAcerのCB5-311のみです。そちらはeMMCの容量も32GBとスペック的にはC300MAより上なのですが、お値段が約50,000円と予算オーバーだったので、こちらを選びました。液晶は11インチの方が良いという方もおられるでしょうが、筆者はモバイル用途での使用は考えていなかったので、少しでも画面の大きい方を選びました。

C300MA各所の使用感

それでは以下、Chromebook ASUS C300MAの使用感などを。

キーボード

DSC04064

私は手が大きめなので、キーピッチが広くて打鍵しやすいC300MAのキーボードはとても気に入っている部分です。他のレビューなどを拝見すると「ベコベコする」といった感想も見かけられますが、この辺は値段相応ですね。キー配列はメインのWindows PCとは若干異なりますが、慣れれば特に問題ないと思います。

タッチパッド

C300MAのタッチパッドはとても素晴らしい!一本指・二本指・三本指で操作をすることで、タッチパッドだけでかなりの操作を行うことができます。

ASUS C300MAのタッチパッドを便利に使う

タッチパッドのサイズも大きく、また反応も申し分ないのでこのC300MAの長所の一つと言ってもよいでしょう。全部のノートPCのタッチパッドがC300MAのようになればいいのになぁ。

バッテリー

公称では10時間持つそうです。実際にバッテリーが切れるまでは使い倒したことがないのですが、ちょこちょこ起ちあげて使っている分には、とても持ちが良いと感じました。長時間動画を見たり音楽を聞いたりしなければ、かなりの時間、バッテリーが持続するのではないでしょうか。

液晶

DSC04063

これがC300MAの残念な点。お世辞にもキレイとは言えません。ちょっと淡い色合いですね。写真画像の色調補正をする時には少し不安が残ります。しかしそこは3万円のパソコンに求めるところではないのかもしれません。Youtube動画などを再生した感じ、動画の動きに特に気になるところはありませんでした。

音(スピーカー)

これもC300MAの素晴らしいところ。「高品質なサウンド」を謳っているだけあって、とても音質が良い。それはもちろん同クラスのノートPCと較べて、というところではありますが、C300MAの倍の価格で音がショボイPCはいっぱいあると思います。30,000円という価格を考えるとかなりお得感を感じるポイントです。

熱・動作音

ファンレスなので当然といえば当然ですが、とても静かです。また動作によって発する熱もそんなに感じません。パームレスト部も熱くならないので、長時間キーボードで文章を打つような方には良いのではないでしょうか。

重さ・厚み・外観

重量は1.4kg。とても軽いです。もちろん1kg前後のノートPCは多々ありますが、13.3インチサイズということを考えると満足のいく重量です。またとても薄いです。メリットかどうかわかりませんが、薄い。筐体表面やキーボード周りの素材は、少し汚れやすい感じ。筆者はブラックを使用しているのですが、手の脂分が着くとちょっと目立ちやすいかも。気になる方はホワイトもご検討を。

その他

Chromeアプリ「Pixla」などで画像を処理すると若干、ほんとに若干もたつく時もあります。画像処理の程度や他アプリの使用状況などもあると思いますが、あまりハードな作業には向かないかもしれません。

まとめ

以上、Chromebook ASUS C300MAの使用感などでした。若干気になるところはないでもないですが、そこは低価格が売りのノートPC。必要十分なスペック、いや、むしろ期待以上の価値がある製品だと思います。

先述の通り私はこれをサブPCとして使用しているので、自室以外に持ち運んでWebを閲覧したりブログを更新したり、という用途で使っています。そのようなサブPCとしての扱いをするのであれば、とても満足のいく性能かと。

ではこれをメインPCとして使うかどうか? WindowsやMacと同じようなソフトをインストールして使いたい、もっと高負荷のかかる処理を行う必要がある、という場合は向かないのではないかと思います。しかし例えばネットサーフィンやYoutubeを楽しんだり、写真が数点のブログを更新したり、メールをチェックしたり、といった使い方であれば、充分メインPCとして使っていけるのでは。メインPCとしてChromebookの購入をご検討されている方は、使用目的の再確認をおすすめします。

最新機種のチェックはこちらからどうぞ
Chromebookストア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする