WEBカメラをパソコンに設置。使用準備など

パソコンをノートからデスクトップに買い換えました。WEBカメラを使うことがあり、今まではノートPC内蔵のものを使っていたのですが、デスクトップパソコンには当然カメラが付いていません。ということでロジクール社製「Logicool C270 HDウェブカム」を買って設置してみました。

ロジクールC270

ブツはこちら。シャッター上のデザイン中央におさまっているのがWEBカメラC270です。価格は筆者購入時(2016年7月)で1200円~ぐらい。

DSC06671

本体と説明書。基本的にはパソコンやモニターに据え付けて、USBでつなぐだけ。Windows10と7はロジクールからダウンロードするソフトウェアも必要なようです。思うのですが、この程度の大きさだったらでかいパッケージ、いらなくね?

ロジクールのWebカメラ・C270の主な仕様は下記の通り。

HD動画撮影 HD 720p
静止画 300万画素
センサー画素数 120万画素
フォーカスタイプ 固定フォーカス
(カメラのレンズから40cm以上)
内蔵マイク シングル
明るさの自動調整 対応
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Logicool C270外観など

DSC06672

C270外観。カメラの横にはマイクもついてます。

DSC06673

クリップ部分。ここを開閉・調整することでモニタ等に据え付けます。

DSC06674

実際に設置したところ。クリップの挟む力はそんなに強くありませんが、しっかり付きました。本体から伸びたUSBケーブルはデスクトップPC背面のUSBポートに差し込み。

WEBカメラC270の使用感

c270_ss

こちらはロジクールからダウンロードした「Logicoolウェブカメラ ソフトウェア」の画面。画面左側に写っているキーボードは筆者がカメラの前にかかげたものです。以前に使っていたノートPCのウェブカメラがしょぼかったというのもあるのですが、とてもキレイに映ります!ちょっとビックリしました。レンダリングも非常にスムーズ。感度もいいですね。とても明るい映像を拾ってくれます。写真のソフトウェアを使えば、内蔵カメラの上下左右位置も調整可能です(要ズーム)。

いや、1000円台のWEBカメラなのになかなか高機能。センサー画素数120万画素は想像していた以上にキレイでした。

ヘッドセットのマイクと併用するには

ところで筆者はマイク入力をヘッドセットから行います。このC270本体にもマイクが付いているのですが、二重に音を拾うのは具合が悪い。そんな時にはC270側のマイクをオフにしてしまいましょう。

c270_op

上はWindows10の「コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>サウンド」から「録音」タブを開いた画面。一番上がC270のマイク入力なので、項目を右クリックして「無効」を選択すると、C270のマイク入力がオフになります。その下は筆者環境のヘッドセットマイク入力です。

まとめ

以上、ロジクール(Logicool)のWebカメラ、C270の購入と設置・使用感などでした。1000円台前半でこの使い勝手、とても満足しました。ちょっとWEBカメラを使ってみたい方や高機能を求めていない方におすすめのWEBカメラです。

C270には筆者が購入したカメラ本体単品パッケージの他に、

ヘッドセット付きのC270Mも用意されています。マイク入力を持っていない、という方はこちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする