パソコンのホコリ対策に!吸気口にホコリ取りフィルターをペタリ

この記事は約2分で読めます。

据え置きのデスクトップパソコン。使っていると、どうしても部屋のホコリを吸ってしまいます。

パソコンの冷却を考えると、大きい給気口・大きいファンが良いのですが、比例してパソコン内部にホコリが入りやすくなります。

こまめに部屋の掃除をするのはもちろんですが、ホコリ対策に便利なのが、換気扇用のホコリ取りフィルターです。

吸気口にフィルターをセット

筆者のデスクトップPCは、全面にファン付きの吸気口、側面に空気を取り入れるための格子状の空気穴が付いています。

写真の赤枠で囲われている部分です。

ここにセットするのはこちら。東洋アルミの換気扇用「パッと貼るだけ! ホコリとりフィルター」です。

サイズは30cm×30cmで、自由にカットできるホコリとりフィルター。パソコンの吸気口に合ったサイズに切り取れます。

実際にセットすると、こんな感じ。格子状に粘着部分があるので、どこにでもペタッと貼ることができます。

どれぐらいホコリが取れる?

ではホコリ取りフィルターを付けると、どれぐらいホコリが取れるのか?2~3ヶ月放置した結果がこちら。

側面。ホコリがこんもり吸着しています。っていうか付きすぎです。

前面の吸気口。こちらもホコリがたっぷり。

念のため書いておきますが、これは「ダメな例」です(笑)。ちょっと替えるのをサボってしまいました。

ホコリ取りの汚れ具合にもよりますが、実際は1ヶ月程度でこまめに交換するのが良いでしょう。

もちろん、部屋のお掃除も大切。ホコリの少ない環境を維持して、大事なパソコンが長持ちするようにしたいものです。

コメント