強炭酸水VOX(ヴォックス)は本当に強炭酸なのか

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

強炭酸水に目がない筆者。普段は近所のお店でちょこちょこと強炭酸水を購入しては、冷蔵庫へ補充しています。

ですが気温もそろそろ上がってきて、比例するように消費量がアップ。補充が追いつかなくなってきたので、ネットで炭酸水をケース買いすることに。

そこで購入したのが、強炭酸水「VOX(ヴォックス)」。年に1~2回は注文する炭酸水。強めの炭酸とお得な価格で、コスパが良いのが特徴です。

強炭酸水VOXの特徴

VOX(ヴォックス)は、福岡の「VOX株式会社」が製造・販売している強炭酸水で、国産の飲料水。ケース単位での通信販売が主な購入方法です。

VOXの特徴は、

  • 1リットルの水に5リットルの炭酸ガスを充填する炭酸ボリューム
  • 独自技術「マイクロバブル圧縮充填」による炭酸充填
  • 日本の天然水使用

といったもの。カロリーゼロ・糖質ゼロで、着色料/保存料も不使用です。

フレーバー(風味)も基本5種類を揃え、好みで選べるラインナップ。

  • ストレート
  • シリカ
  • ミントフレーバー
  • レモンフレーバー
  • コーラフレーバー

これらのフレーバーに加え、2018年は限定フレーバーとして「ライム」が販売されています。

1本の容量は500mlで、1ケースは24本入り。特筆すべきはその価格で、1本あたり70円を切る低価格(だいたい69円ぐらい)で販売されています

※税抜き価格の場合。実際の価格については変動する場合があるので、各ショップでご確認ください。

スーパーやコンビニの炭酸水は70円台後半~100円前後で販売されていることが多いので、それと比較してもコストパフォーマンスのよい製品であることがわかります。

VOXの炭酸の強さ・味は?

ではVOX強炭酸水の風味・炭酸の強さなど味わいに関して、実際に飲んだ感想です。何回も飲んでるから知ってるんですけどw。

今回は筆者好みの定番・レモンフレーバーと、限定であるライムフレーバーを購入しました。

レモンフレーバーを飲んでみると…おおっ、喉を、舌を、強めの炭酸がピリピリと刺激してきます。これは間違いなく強炭酸。求めていた刺激が確実に味わえる強さ。

レモンの風味は、ウィルキンソンや南アルプス天然水スパークリングのレモン風味と比べると、そこまで強くない感じ。それだけにスッキリ感が強く、飲みやすいです。

フレーバーって、製品によってはやや化学調味料っぽさや苦味を感じる時もあるのですが、VOXに限ってはまったくそんな感じはありません。苦手な方でもいける味だと思います。

ライムフレーバーも同じくやや控えめな風味で、レモンよりはちょっぴりビターな味わいと、さわやかな飲み心地。そして水がとてもクリアで、あとくちもスッキリ。とてもおいしいです。

強炭酸をうたうだけあり、炭酸の強さは折り紙つき。ウィルキンソンなど他の著名ブランドの炭酸水と較べても、同等、もしくはそれ以上の刺激がVOXにはあります。

これは開栓後の様子ですが、大きめの炭酸であることがおわかりになるかと思います。風呂上がりに飲むと、最高にウマイ!

まとめ

以上、強炭酸水VOXのご紹介でした。コスパも良く、ケース買いできるので、消費の早い夏に向けてストックしておきたい一品。

妻に「業者っぽい」と言われました(笑)。

フレーバーも種類があるので、2~3種類買っておいてローテーションすると、毎日味が変わっておいしく飲めますよ。暑い夏の水分補給にどうぞ。

コメント