「シュウェップス トニックウォーター」ってどんな味?果皮の渋みが染み渡る

この記事は約2分で読めます。

本ブログでたびたびお伝えしてきた炭酸飲料「トニックウォーター」。さわやかな甘味と、果実の皮の渋みが、なんともクセになる炭酸飲料です。

このトニックウォーター、とにかく渋みがおいしいんですが、今回飲んだのはこちら。

シュウェップス(Schweppes)・ブランドの「シュウェップス トニックウォーター」です。黄色とシルバーを基調とした、クラッシクと鮮やかさの同居するラベルデザイン。「1783」の文字が歴史を感じさせます。

「シュウェップス トニックウォーター」の特徴

シュウェップス トニックウォーターは、コカ・コーラ社から発売されているトニックウォーター。また「シュウェップス」は、イギリスで約200年以上もの間、親しまれ、王室御用達商品にまで達したブランドだそうです(公式サイトより)。

コカ・コーラはカナダ・ドライ ブランドのトニックウォーターも発売していますが、カナダとイギリス、2つのトニックウォーターを出していることに。

本製品の大きな特徴は、内容量が250mlであること。500mlの製品が多い中での250ml。またペットボトルではなく、瓶を採用。どことなく高級感を感じさせます。

またお値段も1本約130円ぐらい(筆者購入時)。500mlペットボトルで約100円のトニックウォーターが多い中、それより高い価格設定。ワンランク上の味が楽しめそうです。

実飲

ではシュウェップス トニックウォーターを実飲してみます。キンキンに冷えたのを冷蔵庫から取り出して、グビリ。

…。

あ、初っ端から、ほのかな苦味が。それが徐々に口の中に広がり、液体が喉を通り過ぎたあともしばらく滞留。

苦味は他のトニックウォーター製品よりも、ほんの少し、苦い感じ。でも決してイヤな味ではなく、どことなくリッチな、「いい素材を使った苦味」という感じ。

炭酸の強さは普通の炭酸飲料並み。決めの細かい泡。甘味も程よく押さえられていて、果皮の苦味を際立たせる良いアクセントに。

おいしい!です。

内容量が250mlということで、味が凝縮されているようなイメージ。甘さ控えめで渋みはほどよく。それらが全体的にうまく整えられています。ウマイ。

まとめ

というわけで、シュウェップス・ブランドの「シュウェップス トニックウォーター」の実飲レポートでした。

高級感のある苦味と、程よい炭酸・甘味で、さわやかなあとくちを残してくれます。いつもよりリッチなトニックウォーターを飲んでみたい方や、500mlはちょっと多い、という方にオススメです。

コメント