【格安SIM】IIJmio「みおふぉん」ファミリーシェアプラン契約。MNP転出時の手続きなど

格安SIMでスマホ運用するためにながらくMVNO事業者を比較・選定していたのですが、「IIJmio(あいあいじぇいみお)」と契約することに決めました!

IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

正確に書くと申し込みをしたのは「IIJmioの提供する音声通話機能付きSIM『みおふぉん』の『ファミリーシェアプラン』」です(ややこしい)。ちなみにIIJ(あいあいじぇい・株式会社インターネットイニシアティブ)は1992年からインターネット事業を手がけている老舗です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「IIJmio みおふぉん」に決めた理由

格安SIMの利用のあたってMVNO事業者をいろいろ調べました。候補に挙がったのはIIJmioの他に「OCN モバイル ONE」「mineo」「DMM mobile」「FREETEL」など。その中で「IIJmio みおふぉん」に決めた理由は…家族でデータ通信10GBをシェアできる「ファミリーシェアプラン」があったから。

本当はIIJmioのファミリーシェアプランは我が家では少しオーバースペック気味(データ通信容量とか)。3回線、各人の使い方にあったプランを契約する方法がお得なのですが、調べてみたところ3回線まとめてのMNPが楽そうだったので、こちらに決めました。

ちなみにAmazonや価格コムのレビュー、その他格安SIM情報サイトなど横断しながら各社比較しましたが、そこから得た結論としては「どれも問題ない」です。もちろんどれぐらい格安SIMを利用するかにもよると思います。ですが「電話もデータ通信もそんなにヘビーに使わない(はず)」という利用状況を想定していたので、レビューを見ると「各社とも音声通話もデータ通信もそれなりに使えそう」という印象を受けました。

MNP+ファミリーシェアプラン契約の手順

ここからは筆者がソフトバンクで契約していた3回線をIIJmioにMNPするまでの手順です。

  • ソフトバンクにMNPの手続きをする
  • SIMフリー端末を用意する
  • IIJmioの「音声通話パック」を用意する
  • IIJmioのWebサイトで手続きする

といったことを行います。ソフトバンクでMNPをした話はこちらもご参考くださいファミリーシェアプランにMNPする際には「回線を同一名義にしておく」必要がありますのでご注意を。

SIMフリー端末はIIJmio申込時に手元になくても構いませんが、申込時にSIMのサイズ(標準・マイクロ・ナノ)を指定する必要があるので、使いたい端末のSIMサイズを確認しておきましょう。

IMG_0595

「音声通話パック」というのは↑こんなのです。Amazonや家電量販店店頭などで購入できます。筆者はAmazonで上記の音声通話パックを324円で購入しました。

これがあると初期費用3240円を安く抑えることができるので大変お得です。なお他にもAmazon限定版やデータSIM版などが販売されていますので、自分の用途に合わせたものを事前購入しておくと良いでしょう。

IIJmioで手続き

それでは実際に手続きしたことなど。詳細はWebの画面に従って進むだけなのでポイントのみを書きます。なお今回は「3回線をMNPでIIJmioみおふぉんのファミリーシェアプランに申し込む」という内容です。似たような条件の方の参考になれば。

まず申し込みページに移動。筆者はIIJmioのユーザーではないので「初めてIIJmioをお申し込みになるお客様」より申し込み。「音声通話パック」を購入しているので「パッケージをご購入済みの方」を選択。SIMカードは同梱されていないのでSIMカード無しを選び、続いてパッケージに記載のエントリーコードを入力。

問題なければ電話回線などの契約情報を入力する画面に遷移します。遷移したら記載内容に沿って進めるだけですが、多くの方が気になるであろうポイントをまとめると、

  • 一つの音声通話パックでファミリーシェアプランの複数回線契約に対応
  • 新規申込時に申し込めるSIMカードは3枚まで
  • 回線それぞれのMNP予約番号が必要(今回は3回線)
  • 3回線それぞれでSIMカードのサイズを選べる
  • 支払いはクレジットカード
  • 音声通話またはデータ通信の指定を個別に選べる

といったことでしょうか。音声通話パックは一つで複数回線の契約が可能です。音声通話・データプランは回線ごとに選べるので、筆者のように「音声通話SIM✕3」であったり、または「音声通話SIM✕2+データ通信SIM✕1」といった申し込みも可能です。

ファミリーシェアプランの費用

ファミリーシェアプラン・音声通話SIMの月額料金は2560円(税抜、以下同)。それに音声通話機能付帯料が1枚に付き700円かかります。これがちょっとわかりにくいのですが、筆者のように3回線音声通話SIMを契約した場合は、2560円+700円✕3=4660円が月額費用になります(※電話料金含まず)。データ通信容量は10GBなので、他社で3GB/1600円の回線を3つ契約すると考えると、費用・データ量とも若干お得と言えます。

なお参考までに、ファミリーシェアプランは最大10枚までSIMカードを追加可能です。音声通話SIM4枚+データ通信SIM2枚、といった契約も可能。注意事項としては、

  • 音声通話SIMの利用は5回線まで
  • 4~10枚目のSIMには1枚につき400円のSIMカード利用料がかかる
  • SIMカードの追加には1枚につき2000円の手数料が必要(※半額になるキャンペーンが開催されていることも)
  • 新規申込時のSIM枚数は3枚まで。4枚目以降は利用開始後に申し込み

などです。なので仮に先述の「音声通話SIM4枚+データ通信SIM(SMS付)2枚」の場合は、

月額費用2560円+音声通話機能付帯料700円✕4+SMS付帯料140円✕2+SIMカード手数料400円✕3=合計6840円

が月額の総合計となります(電話料金は含まず)。なおこちらは筆者が調べた内容ですので、詳しくはIIJmioサイトにてご確認ください。

まとめ

手続き完了後は免許証などの本人確認書類をアップロード。問題なければ1週間~10日ほどでSIMカードが送られてきます。その後IIJmioサイトで手続きすると1~2時間後に開通、晴れてMNP完了となるようです。現在筆者は本人確認書類のアップロードを完了したところ。また手続きで気づいた点などあれば追記したいと思います。

IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする