【格安SIM】ソフトバンクでMNP予約番号を取りました。複数回線の取得もOK

いよいよ格安SIMへの移行をするということで我が家の携帯事情が動き出しました。ざっくり必要なことをまとめると

  • SIMフリーのスマホを用意する
  • 転出するキャリアからMNP予約番号を取る
  • 転入するMVNO事業者に加入手続きをする
  • MVNO事業者からSIMを受け取って設定する

といった内容。他にもキャリアメールが使えなくなるのでGmailなどメアドを別途用意する、ということも必要です。

その中で今回行った作業は「キャリアに連絡してMNP予約番号を取る」です。これまで使っていた番号を新キャリアでも継続して使うために、「MNP予約番号」を取得する必要があります。筆者が契約しているのはソフトバンク。かれこれ8年近くお世話になりましたが、とりあえずサヨナラです。以下その手順や気になったことのメモです。

スポンサーリンク

ソフトバンクに連絡する

まずはソフトバンクに連絡を取ります。

ソフトバンクから他社へ変更する場合 | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

softbank-mnp

ソフトバンクの場合、MNP予約番号を取るためには上記に連絡を取る必要があります。筆者は一番上、「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口(*5533)」へソフトバンク携帯電話から電話をしました。

ガイダンスに従って「2番→1番」と進みます。途中、本人確認のため登録している4桁の暗証番号が必要なので、忘れている方は事前に確認しておきましょう。最終的に窓口へつながりますが、10~20分ほど待ちました。時間帯によっても前後するとは思いますが、多少待ち時間がかかるということを想定しておきましょう。

転出番号・名義を確認

電話がつながるとオペレーターさんから本人確認をされるので同意します。続いて転出する電話番号の確認。筆者の番号のみを告げられますが、今回3回線をMNPするので、その旨つたえて番号を確認します。なお転出は現在某社のファミリープランを検討中なのですが、そちらは名義を統一しておく必要があります。なのでこの電話で念のため3回線の名義が同一かどうかの確認もしてもらいました。

諸費用を確認

続いて諸費用の確認。MNP転出なので1回線につき税込3240円、さらに転出先にも3240円かかるとの説明。転出先はまあどっちでもいいです(笑)。ソフトバンクさんもやはり立場上転出は引き止めないといけないので、「費用結構かかりますよ」感は出す必要があるのでしょう。なお他社への転入費用は確かにかかるのですが、Amazonで販売されているパックを買っておくとお得になります。下記はその一例です。

なおMNP転出費用の他、1回線のみ2年縛りがあって解約月でないので、違約金10260円がかかるとのこと。解約月は3ヶ月先なので、検討した結果今回は違約金を払うことにしました。よってソフトバンクからの転出にともなって支払う費用は3人分で3240✕3+10260=合計19980円ということに。これを高いとみるか安いとみるかは今後の運用次第。

なおY!mobileに移転するとそれらの費用が0円?になるとか。この辺は詳しく確認しなかったので、気になる方はソフトバンクやY!mobileを確認してみてください。

MNP予約番号発行

以上の説明を受け、同意するとMNP予約番号が発行されます。MNP予約番号は回線ごとに発行されるので、今回は計3つ発行されました。こちらは各携帯電話にSMS(ショートメッセージサービス)で届きますが、すべての回線が手元にないけどすぐに番号を確認したい、という場合は口頭でも伝えてもらえます。

あとはこちらの番号を転出先の申し込みで伝えると、MNP完了。開通が確認した時点でソフトバンクとの契約が解除されるとのこと。なおMNP予約番号は発行されてから15日間が有効期間です。

まとめ

以上、格安SIM移行にあたってソフトバンクでMNP予約番号を取りました、というお話でした。特に転出先で名義のまとめなどが必要な場合は、MNP予約番号取得時に確認をしておくことをオススメします。

スポンサーリンク

フォローする