古本の宅配買取を利用した感想まとめ。メリット・デメリットなど

これまでに不要になった古本を「ブックオフンライン」「バリューブックス」「フルイチオンライン」「ネットオフ」など、宅配買取に対応した各社に依頼、査定やサービスの使い心地を試してきました。

数社を利用したのは、複数のサービスを利用することでネットの買取サービスの傾向をつかみ、比較したかったからです。

その結果からの実感としては、どのサービスにも一長一短はありますが、対応および買取内容については概ね満足できる結果がだった、ということというわけで以下、実際に宅配買取を利用して感じたメリット・デメリットなど。利用したのは以下の4社です。

  • ブックオフオンライン
  • ネットオフ
  • フルイチオンライン
  • バリューブックス

また下記の内容は特定のサービスについて触れたものではなく、サービス全体に対する感想です。個別の内容につきましては各買取サービスの詳細にてご確認ください。

スポンサーリンク

宅配買取のメリット

まず何より便利なのは、自宅から一歩も出ずに古本の買取をしてもらえること。近所の古本屋に重たい書籍を抱えて行く、という手間から開放されます。

もちろん近所に中古書籍買取をしてくれるお店がない場合は、利用価値あり。廃品回収に出すよりは全然お金になるはずです。

梱包用のダンボールが無い場合でも、利用するサービスによっては無料でもらえます。その場合は送られてきたダンボールに査定依頼をする古本を詰める、という流れになります。

そして依頼・到着・査定・完了などのステータスをネットですばやく確認できます。受付、荷物到着のメール、査定結果、買取金額の振込など、依頼をしている方からみれば気になりますよね。それらは全てオンラインで行われるので、平日・休日を問わずに万事が進みます。

宅配買取のデメリット

特に大きな不満点はどのサービスにも感じませんでしたが、気になった点も少し。

金額の付いた本・付かなかった本、どの本にどのような価格が付いたか、という内訳がはっきりしない場合もあります。とは言え、大量の書籍を処理していると思われるので、ここは仕方の無いところでしょうか。実店舗でもはっきりわからない場合がありますしね。

※最近は査定の詳細を教えてくれるサービスも増えてきています。

査定金額については、やはり実店舗と大きく変わらないかな、という感触です。逆に輸送費や振込の経費を考えると良く頑張ってくれているな、という印象。自分で店舗に持っていく手間を考えればむしろありがたい。

最後、サービスによっては査定結果に時間がかかる場合があります。基本的にはどのサービスもスピーディですが、これも書籍内容や煩雑具合によるのかもしれません。一刻も早く現金が欲しい、という方は年末年始や連休以外を狙って買取依頼をしてみるといいかもしれませんね。

まとめ

以上、古本の宅配買取サービスを複数社利用してみて感じたこと、でした。

最近良く目にする「買取王子」での買取依頼も検討したのですが、繁忙期だったのでしょうか、査定期間が長めだったので、今回は利用を見送りました。また古本が貯まってきたら利用したいと考えています。

そして冒頭でも書きましたが、各社のサービス内容にはたいへん満足しています。また、宅配買取は想像していた以上に簡単・ラクチンでした。

私がしたことは空いた時間でネットで申し込み・梱包をしただけ。あとは運送業者さんに荷物を回収してもらって結果を待つのみです。ネットの古本宅配買取はとても便利なサービスだと思います。

また各社とも買取金額アップキャンペーンや初回利用ボーナス、クーポンでAmazonポイントがもらえるなど、利用すると便利なキャンペーンを展開しています。それらを上手に利用すれば、お得度もアップ。

お部屋に不要な書籍やDVD・ゲームなどが貯まっているという方、整理にあたって少しでも現金化したい場合は、これらの宅配買取サービスのご利用を検討されてはいかがでしょうか。一度利用してみるとその便利さがわかりますよ。

各サービスのよりくわしい情報については下記リンクよりご確認ください。

【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】

ネットオフの宅配買取サービス

7月は買取金額20%UP!!送料無料で高価買取 バリューブックス

スポンサーリンク

フォローする