電子書籍の定額読み放題サービス。メリット・デメリットは?

この記事は約10分で読めます。

Amazonや楽天など電子書籍サイトの数が増え、電子書籍での読書もすっかり一般的になりました。

そんな電子書籍サービスの一部は、月額定額料金で対象の書籍が「読み放題」になるサービスを実施。ストアで提供している電子書籍の一部を読み放題対象にしているサービスもあれば、読み放題専門のサービスもあります。

上手に利用すれば便利な読み放題サービスですが、電子書籍の個別購入との違いがわかりにくい、という方もいるかもしれません。そこで本記事では、電子書籍が定額読み放題で楽しめるサービスのメリット・デメリットなどをまとめてみました。

なおサービス内容については、記事作成時に調査したものです。ご利用時にはサービスの提供元にて、最新の内容をご確認ください。

スポンサーリンク

電子書籍の定額読み放題とは?

電子書籍の定額読み放題サービスとは、サービスによって決められた月額料金で、対象の電子書籍を好きなだけ読める、というサービスです。対象電子書籍が読めるのは「契約をしている間だけ」ですが、その間は何度読んでも新たな課金が無い、というのがポイント。

定額読み放題を提供している電子書籍サービスの多くでは、「販売」と「定額読み放題」を併用していますが、定額読み放題専門のサービスも有り。読み放題の対象となる書籍は漫画・小説・実用書といった一般書籍から雑誌まで幅広く、またサービスによって、読めるジャンルの種類・範囲が変わります。

なお利用にあたって基本的にはネット接続必須ですが、ダウンロード可・オフラインでも読書が可能なサービスもあります。

スポンサーリンク

定額読み放題のメリット

定額読み放題サービスの長所のまとめです。

定額以外に新たな課金がない

定額読み放題サービスのメリットは、何と言っても「月額定額料金」なので、「新たな課金がない」こと。どれだけ電子書籍を読んでも、新たな課金は必要ありません。

サービスにもよりますが、用意されているタイトルは、数千~数万件あるのもザラ。また書籍のラインナップは定期的に入れ替えや、新規追加が行われるので、契約したけど読む本がなくなった、ということはほぼ無いと言っていいでしょう。

何度でも読める

サービスの契約中であれば、同じ書籍を何度読んでもOK。レンタル制の電子書籍ストアサービスのように、返したら読めなくなる、新たな料金が必要、ということがありません。

たくさんの本を読めば読むほど、電子書籍一冊にかける料金が実質安くなり、個別に電子書籍を購入するよりもお得感が生まれます。

お試し感覚で気軽に読める

読み放題サービスが便利なのは、試し読み感覚で気軽に電子書籍を読めること。

買おうかどうか迷う本、ってありますよね。そんな本も定額読み放題の対象になっていれば、新たに課金することなく読書可能。もちろん気に入ったならば、単品購入してもOK。

また普段読まないジャンルの書籍や、買うと場所を取る雑誌類などを読むのにも適しています。

読み放題のデメリット

定額読み放題サービスの短所のまとめです。

超人気作品は対象外

定額読み放題の対象となっている電子書籍は、電子書籍全体から見ればごく一部なので、全ての本が読めるわけではありません。特に個別の売上が見込める超人気作品は、ラインナップ外であることも。

ただストア・作品によっては、シリーズものの漫画や小説の序盤の巻が無料で読めることがあります。また最近はAmazonの定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」のように、人気作品やベストセラーが読み放題対象にラインナップされる場合もあります。こまめにチェックすると、意外な掘り出し物が読めるかも。

契約を終えれば読めなくなる

読み放題サービスの利用契約を終了すれば、気にっていた電子書籍でも読めなくなります。また読み放題対象作品の入れ替えによって読めなくなるケースも。これが個別の単行本購入とは大きく異なるところ。

もう一度お気に入りの電子書籍を読みたいという場合は、個別のマンガ購入が必要になりますが、あくまでも試し読み・ヒマつぶし、という感覚で定額読み放題を利用するのであれば、これらのデメリットは特に気にならないかもしれません。

お得な利用方法

定額読み放題サービスのお得な利用方法です。

お試し期間をフル活用

多くの読み放題サービスでは、数週間~30日間程度の無料お試し期間が設定されています。まずはその期間にサービスを利用してみて、徹底的に使い具合を試してみましょう。

アプリの使い心地、パソコン(ブラウザ)で読めるか、オフラインで利用できるか…などなど。自分の閲覧環境や、使い方のスタイル、また読みたい本のジャンルによって、サービスの合う・合わないが出てくるもの。お試し期間にサービスを使い倒して、これならば使い続けたい!と感じるものを継続すると良いでしょう。

使わない時は休止する

ぶっちゃけ、「使わない時はやめる(休止する)」。これに限ります。あと「読みたい電子書籍が一定量ある」時にだけ使うと便利。読みたい本が無い時に課金だけ続けるのは、避けたいところ。

ラインナップは定期的に入れ替わることがあるので、休止したあとにまた加入してもいいな、と感じたら、サービスを再開すると良いでしょう。読みたい本があるのを確認してから課金すると、よりお得に利用できます。

普段読まないジャンルの本を読む

普段読まないジャンルの本をひたすら読む、というのが、実は一番オトクな使い方なんじゃないかと、個人的には思っています。普段はあまり手を出さないジャンルの本も、定額読み放題なら課金することなく読書可能。意外な発見もあって楽しいですよ。

定額読み放題サービス例

以下、電子書籍の定額読み放題サービスを提供しているサービスの一例です。

各サービスによって料金・提供書籍など形態が異なります。読みたいジャンルや利用方法によって、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

Kindle Unlimited

名称Kindle Unlimited
提供元amazon.co.jp
月額料金980円
対象マンガ・雑誌・一般書籍その他電子書籍全般
無料期間30日

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」

魅力はなんと言っても、Kindleサービスの提供する豊富な電子書籍コンテンツ。漫画・雑誌・小説・実用書・写真集ほか、多彩なジャンルの書籍が読み放題の対象。Kindleでしか配信されていないコンテンツもあります。

またスマホ・タブレット・パソコンだけではなく、Kindle PaperwhiteなどのKindle端末で利用できるのも他にはない特徴。最近は特にKADOKAWAや小学館などが、ベストセラーを始めとした人気書籍をラインナップに投入する傾向あり。

初回30日間は無料で利用できるので、ぜひラインナップをチェックしてみてください。

ブック放題(読み放題プレミアム)

名称ブック放題(読み放題プレミアム)
提供元株式会社ビューン
月額料金500円(税抜)
対象マンガ・雑誌
無料期間初回1ヶ月無料

「ブック放題」は、マンガ30,000冊以上、雑誌350誌以上が、月額500円(税抜)で読み放題となるサービス。「漫画+雑誌」と、ジャンルはかなり割り切っていますが、その分、各ジャンルで読める書籍は充実しています。

雑誌ジャンルの「総合・ビジネス」「趣味・エンタメ」「スポーツ・アウトドア」ほか、ファッション・グルメ・旅行系の雑誌が多数。特に旅行系は「るるぶ」が揃っていて、これらがほぼワンコインで読める、というのはなかなか。

漫画も少年・少女向け、青年・女性向けほか、大人向けジャンルもあり。パソコンでもブラウザからすぐに読めるので、大きい画面でサクッと読書を楽しみたい、という方に便利。

楽天マガジン

名称楽天マガジン
提供元楽天
月額料金月額プラン:380円(税抜)/月
年額プラン:3.600円(税抜)/年
対象雑誌全般(別冊・ムック含む)
無料期間初回31日間無料

楽天の雑誌専門読み放題サービス「楽天マガジン」。講談社の漫画雑誌の読み放題を提供しています。月額380円(税抜)というリーズナブルな価格ながら、450誌以上の雑誌(別冊・ムック含む)が読めるというボリュームのあるサービス。

スマホ・タブレットのほかに、パソコンのブラウザでも利用可能。雑誌を大きな画面で楽しむことができます。一つのアカウントで5台まで利用できるので、在宅時や外出時などで端末を分けて使えるのも便利。

楽天のサービスということで、もちろん楽天ポイントが使えるのもお得。さらによりお得にサービスが使える「年額プラン」も用意されています。無料お試し期間も31日間とたっぷりあるので、ラインナップや使い心地を確認してみては。

BOOK☆WALKER

名称BOOK☆WALKER
提供元株式会社ブックウォーカー(KADOKAWA系列)
月額料金マンガ・雑誌 読み放題:760円(税抜)
角川文庫・ラノベ 読み放題:760円(税抜)
対象それぞれのプランに表記のジャンル
無料期間なし

KADOKAWA系列の株式会社ブックウォーカーが運営する電子書籍サービス「BOOK☆WALKER」。以前に提供されていたマンガ・雑誌読み放題サービスにかわり、新たに「マンガ・雑誌 読み放題」と「角川文庫・ラノベ 読み放題」を開始。

「マンガ・雑誌 読み放題」コースは、約60誌のマンガ雑誌とマンガ単行本5,000冊以上が対象。「角川文庫・ラノベ 読み放題」コースは、KADOKAWAの文芸小説やライトノベル10,000冊以上が対象。

と、文芸・ライトノベル・コミック雑誌ジャンルという、KADOKAWAの強みを存分に活かしたサービス。特「角川文庫・ラノベ 読み放題」は、小説・ラノベにジャンルを絞ったとてもユニークなものです。人気シリーズやアニメ化作品の原作などが月額固定料金で読み放題なので、多読派の方にはかなり!お得感が高いのではないでしょうか。

コミックシーモア

名称コミックシーモア
提供元エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社
月額料金読み放題フル:1,480円(税込)
読み放題ライト:780円(税込)
対象マンガ
無料期間7日

NTT系列のエヌ・ティ・ティ・ソルマーレが運営する電子書籍サービス「コミックシーモア」。マンガの読み放題サービスとして、「読み放題フル」と「読み放題ライト」が提供されています。

「読み放題フル」と「読み放題ライト」の大きな違いは、大人向けのマンガが読み放題対象になること。

読み放題ライトでは、少年マンガ・青年マンガ・少女マンガなどの、約25,000冊が対象。フルではそれにライトノベル・BL・TL・オトナコミックジャンルが追加され、対象冊数も約60,000冊以上とグッと増えます。

っていうかどんだけ大人向けジャンル多いねん(笑)。

「読み放題フル」は「読み放題ライト」のほぼ倍額ですが、読める電子書籍のジャンルが大きく増え、冊数は倍以上になります。読み放題を充分に楽しむためにはフルがおすすめ。

コミックシーモア公式はこちら>>

コミックDAYSプレミアム

名称コミックDAYSプレミアム
提供元講談社
月額料金DAYSもっとプレミアム:960円(税込)
DAYSプレミアム:720円(税込)
対象講談社の発売するマンガ雑誌の一部
無料期間

講談社の電子書籍サービス「コミックDAYS」。そのサービスの一つである「コミックDAYSプレミアム」で、講談社の漫画雑誌の読み放題を提供しています。

「DAYSプレミアム」ではヤングマガジン・モーニング・アフタヌーン・イブニング・Kiss・BE LOVEの6誌が、さらに上位プランの「DAYSもっとプレミアム」なら、少年マガジンや月刊少年マガジンほか、合計20誌が読み放題に!

アフタヌーンみたいな分厚い雑誌は毎月買ってるとかさばるので(笑)、お部屋の整理にも最適です。

ブックパス

名称ブックパス
提供元KDDI(au)
月額料金総合コース:562円(税抜)
マガジンコース:380円(税抜)
対象マンガ・雑誌・小説・実用書・写真集
無料期間初回加入時30日間

auの提供する「ブックパス」。総合コースと雑誌のみのマガジンコースを提供。auユーザー以外でも、サービスを利用することができます。

総合コースではコミック・小説・実用書・写真集・雑誌などの電子書籍を、マガジンコースでは300誌以上の雑誌のみを、定額で読むことができます。電子書籍の個別購入も可能です。

まとめ

以上、電子書籍の定額読み放題サービスについてメリット・デメリットと、読み放題サービスのご紹介でした。

一口に定額読み放題といっても、いろいろな形式のサービスが存在しています。それぞれの長所・短所を理解すれば、よりお得に電子誌書籍を楽しめるのでは。個別購入と併用したり、いろんな読み放題サービスを渡り歩いて使い心地を試したり。スタイルに合ったサービスを探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました