マンガが定額読み放題で読める電子書籍サービス。メリット・デメリットは?

この記事は約10分で読めます。

電子書籍でマンガを読むのもすっかり一般的になりました。Amazonや楽天はじめ、電子書籍サイトも多数稼働しています。

そんな電子書籍サービスの一部は、月額定額料金で対象の書籍が読み放題になるサービスを実施。全電子書籍から一部のマンガを読み放題対象にしてるサービスもあれば、マンガ専門の読み放題サービスもあります。

筆者もマンガは大好きなので、できればお得にマンガを楽しみたい。というわけで本記事では、マンガが読み放題で楽しめるサービスのメリット・デメリットなどをまとめてみました。

なおサービス内容については記事作成時に調査したものです。ご利用時にはサービスの提供元にて最新の内容をご確認ください。

マンガ読み放題とは?

電子書籍版のマンガを、月額定額料金で読めるサービスです。

マンガが読めるのは契約をしている間だけですが、その間は何度読んでも新たな課金が無いのがポイント。

マンガ専門、マンガと雑誌中心、マンガを含む電子書籍全般、など、サービスによって読める電子書籍の種類・範囲が変わります。また販売と定額読み放題を併用しているサービスが多数です。

基本的にはネット接続必須ですが、オンラインでしか読めないサービスと、オンラインでもオフラインでも読めるサービスがあります。利用しているネット環境によって、オン・オフを使い分けると利用しやすいです。

読み放題のメリット

マンガ読み放題サービスのメリットは、何と言っても「月額定額」であること。決まった料金の中で、対象となっているマンガを好きなだけ読めます。

多くのサービスでは数千~数万件のタイトルが用意されているので、契約したけど読む本がなくなった、ということはほぼ無いと言っていいでしょう。サービスによっては、ラインナップを定期的に入れ替えることもあります。

また読み放題サービスの契約中であれば何度でも閲覧可能なので、レンタルのように返したら読めなくなる、ということがありません。

さらにたくさんの本を読めば読むほど、マンガ一冊にかける料金が安くなることになり、個別にコミックスを買うよりもお得感があります。

特に便利なのは、気になっている漫画家さんのマンガを試し読み感覚で読んで、その作風を知ることができること。

読みたいマンガが読み放題対象になっている場合は、まず読み放題で。継続して読みたい場合は個別に作品を購入する、といった使い方もできます。

あとは普段読まないジャンルのマンガを読みたい、という時に使うと便利。ちょっとHなマンガとかw。

読み放題のデメリット

電子書籍化されているマンガが、全て読み放題になっているわけではありません。特に個別の売上が見込める人気作品がラインナップに入っていることは少ないでしょう。

ただストア・作品によっては、人気のマンガでも最初の巻が無料で読めたりすることもあります。そのようなマンガが読み放題の対象になっていれば、試し読みのチャンスです。

また個別の単行本購入とは異なり、利用契約を終了すればマンガは読めなくなります。読み放題対象の入れ替えによって読めなくなるケースも。

もう一度、読み放題で読んだマンガを見たい、という場合は個別のマンガ購入が必要です。それができるのも電子書籍の強み、ではあります。

読み放題サービスはあくまでも試し読み・ヒマつぶし、という感覚で利用するのであれば、これらのデメリットは特に気にならないかもしれません。

お得な利用方法

ぶっちゃけ、「使わない時はやめる」。これに限ります。あと「読みたいマンガが一定量ある」時にだけ使うと便利。

例えば読みたいマンガがあって、購入すると定価500円✕10巻ぐらいだったとします。多くの定額読み放題サービスの料金は月額500円~1000円前後ぐらいなので、そのマンガシリーズを利用期間内に全部読むだけでも、得をしている計算に。

もちろん他のマンガや雑誌も読むと、お得感アップ!です。特に雑誌が読み放題のラインナップに入っているサービスは、積極的な利用がオススメ。

あとは普段読まないジャンルのマンガをひたすら読む、という読み方も便利です。買うほどじゃないけど読んでみたいマンガを、読み放題契約中にひたすら読む。新しい発見もあって楽しいですよ。

マンガが読み放題できるサービス

以下、マンガの読み放題サービスを提供しているサービスの一例です。各サービスによって料金・提供書籍など形態が異なりますので、読みたいマンガや利用方法によって使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

Kindle Unlimited

名称Kindle Unlimited
提供元amazon.co.jp
月額料金980円
対象マンガ・雑誌・一般書籍その他電子書籍全般
無料期間30日

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」。魅力はなんと言ってもKindleサービスの提供する豊富な電子書籍コンテンツ。マンガはもちろん、雑誌・小説なども読み放題の対象。またKindleでしか配信されていないコンテンツもあります。

またスマホ・タブレット・パソコンだけではなく、Kindle PaperwhiteなどのKindle端末で利用できるのも他にはない特徴。全巻揃ったマンガタイトルを一気読みしたり、気になっていたマンガを試し読みしたり、といった使い方ができます。

なお「Kindle Unlimited」は電子書籍の読み放題専門のサービスで、「Amazonプライム」とは異なるサービスです。

Kindle Unlimited公式はこちら>> Kindle Unlimited

ブックパス

名称ブックパス
提供元KDDI(au)
月額料金562円(税抜)
対象マンガ・雑誌・小説・実用書・写真集
無料期間

auユーザー限定のサービスですが、「ブックパス」でもマンガの読み放題サービスを提供しています。マンガ以外にも雑誌・小説・実用書・写真集が読み放題対象。

月額約600円とお得な料金で、対象書籍50,000冊以上が読み放題。また初回登録30日間は無料で利用できます。他の電子書籍サイトでは読み放題対象ではないマンガも、ブックパスなら読める場合があります。

auユーザーだったら月額の携帯料金に、ワンコインにちょっとプラスするだけでお得にマンガが読めるサービスです。

※ブックパスの利用には「au回線に紐づくau ID」が必要でしたが、「Wow!ID」を取得することで、auユーザー以外もブックパスを利用できるようになりました!詳しくは下記公式サイトよりどうぞ。

ブックパス公式はこちら>> ブックパス

コミックシーモア

名称コミックシーモア
提供元エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社
月額料金読み放題フル:1,480円(税込)
読み放題ライト:780円(税込)
対象マンガ
無料期間7日

NTT系列のエヌ・ティ・ティ・ソルマーレが運営する電子書籍サービス「コミックシーモア」。マンガの読み放題サービスとして、「読み放題フル」と「読み放題ライト」が提供されています。

「読み放題フル」と「読み放題ライト」の大きな違いは、大人向けのマンガが読み放題対象になること。ライトでは少年マンガ・青年マンガ・少女マンガの約15,000冊が対象ですが、フルではそれにBL・TL・オトナコミックジャンルが追加され、対象冊数も37,000冊とグッと増えます。

っていうかどんだけ大人向けジャンル多いねん(笑)。

「読み放題フル」は「読み放題ライト」より料金が高くなりますが、読めるマンガのジャンル・冊数が大きく変わるので、フルの方がお得。より多くのマンガを読みたいという場合はオススメです。

コミックシーモア公式はこちら>>

マガジン☆WALKER

名称マガジン☆WALKER
提供元株式会社ブックウォーカー
月額料金500円(税抜)
対象マンガ雑誌・一般雑誌
無料期間申し込み日から月末まで

電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」系列のサービス「マガジン☆WALKER」。マンガ単行本ではなく雑誌の読み放題サービスですが、マンガ雑誌のラインナップがとても充実。

男性向けマンガ雑誌・女性向けマンガ雑誌あわせて約40誌。マンガ雑誌全体だと約90誌!その一部だけを読むとしても、月額ほぼワンコインで読めるのは普通に雑誌を買うよりも相当お得。

マンガ雑誌としては、KADOKAWA系を中心に通好みのラインナップ。月刊コミックビームなど、マンガ好きならば外せない雑誌がワンコインで読めるのは嬉しいところ。マンガ以外の雑誌も有名どころが多数入っているので、とてもお得感のあるサービスです。

マガジン☆WALKER公式はこちら>>
【マガジン☆WALKER】人気マンガ誌&雑誌読み放題マガジンウォーカー

ブック放題(読み放題プレミアム)

名称ブック放題(読み放題プレミアム)
提供元株式会社ビューン
月額料金500円(税抜)
Yahoo!プレミアム会員なら一部コンテンツが無料
対象マンガ・雑誌
無料期間

「ブック放題」は、マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上(マンガ雑誌含む)、るるぶ100冊以上が、月額500円(税抜)で読める読み放題サービス。

また「Yahoo!プレミアム」会員ならば「読み放題プレミアム」として、マンガ10,000冊以上、雑誌100誌以上といったブック放題の一部コンテンツを、無料で閲覧可能です。

筆者はYahoo!プレミアム会員で、「読み放題プレミアム」をPCで利用しています。以前はページめくりなどもう一つな印象だったのですが、ビューワの改定によって読みやすくなりました。またマンガ雑誌だけでなく、多彩な有名雑誌を月額定額で読めるのも便利です。

ブック放題公式はこちら>> ブック放題

読み放題プレミアムはこちら>> 読み放題プレミアム

コミックDAYSプレミアム

名称コミックDAYSプレミアム
提供元講談社
月額料金720円(税込)
対象講談社の発売するマンガ雑誌の一部
無料期間

講談社の電子書籍サービス「コミックDAYS」。

そのサービスの一つである「コミックDAYSプレミアム」に加入すると、講談社の漫画週刊誌・月刊誌のうち、ヤングマガジン・モーニング・アフタヌーン・イブニング・Kiss・BE LOVEの6誌が読み放題になります(バックナンバーは制限あり)。

これも「雑誌」が対象のサービスですが、講談社の人気マンガ誌が月額720円の低価格で読めるのは魅力的。アフタヌーンは毎月買ってるとかさばりますしね(笑)。

コミックDAYS公式はこちら>> コミックDAYS

ハーレクインライブラリ

名称ハーレクイン専門電子書籍サイト ロマンスライブラリ
提供元SBクリエイティブ株式会社
月額料金エコノミー コミックセット:500円(税抜)
スタンダード コミックセット:1,000円(税抜)
プレミアム コミックセット:2,000円(税抜)
漫画家セレクション コミックセット:800円(税抜)
テーマセレクション コミックセット:1,000円(税抜)
など
対象マンガ
無料期間

恋愛コミックと言えば「ハーレクイン」。その電子書籍マンガが読めるのが「ハーレクインライブラリ」(ロマンスライブラリ)です。

特徴は豊富なコースが用意されていること。例えば「エコノミーコミックセット」ならば月額500円でサービス指定の20冊(6,000円分)が、「スタンダードコミックセット」ならば月額1,000円で40冊(12,000円分)が読み放題になる!という仕組み(冊数は2018年1月のものです)。

その他にもテーマによってセレクトされたマンガが月額読み放題となる、セレクションコースもあり。自分の読む量によってコースを選択できるのが魅力。どのコースを選べば良いかわからない、という場合は月額500円から1,000円ぐらいのコースがお得感もあってオススメです。

なお支払いにはクレジットカードのほか、Yahoo!ウォレットも利用できるので、Yahoo!ユーザーに便利。

ハーレクインライブラリ公式はこちら>> ハーレクインライブラリ

マンガ図書館Z

名称マンガ図書館Z
提供元Jコミックテラス
月額料金無料
対象マンガ図書館Z内の漫画全て
無料期間

こちらは正確には月額定額のマンガ読み放題サービスとは異なるのですが、無料でマンガが読めるサイトなので、マンガ好きの方のためにご紹介。

漫画家・赤松健氏が主催している「マンガ図書館Z」。漫画家・権利者の方々の許諾を得て、絶版マンガや未単行本化マンガなどを「無料で」公開しています。

ではどこで収益を得ているかというと、一つはマンガ閲覧時に表示される広告。もう一つは広告非表示などの特典がつくプレミアム会員の会員費(月額税抜300円)。

新刊マンガを販売している電子書籍サイトとは一線を画すものですが、懐かしのマンガに出会えるかもしれない、読み放題サービスです。

マンガ図書館Z公式はこちら>> マンガ図書館Z

まとめ

以上、電子書籍マンガの定額読み放題サービスについてメリット・デメリットと、読み放題サービスのご紹介でした。

読みたいマンガがあっても、単行本を1冊ずつ購入すると、あっという間に予算が尽きてしまいます。そんな時は、マンガの定額読み放題サービスを上手に使うと、お得にマンガが楽しめます

マンガの個別購入と併用したり、いろんな読み放題サービスを渡り歩いて使い心地を試したり。スタイルに合ったサービスを利用してみてください。

コメント