超静音ダブルホイール 腹筋ローラーでお腹をへこませたい

この記事は約3分で読めます。

ツイストステッパーでの運動もだいぶ慣れてきましたが、下半身中心に体を動かしているので、上半身にももう少し刺激が欲しいところ。

特にお腹まわりはかなりかなりヤバイ。夏になってTシャツを着る機会も多いので、できればもう少しシェイプアップしたい。

というわけでついに買ってしまいました、腹筋ローラー。

購入したのはこちら。

「Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き」

です(長い)。

Amazonを見ると多数の腹筋ローラーが販売されていますが、本品には1,000件近くのカスタマーレビューが付き、「Amazon’sChoice」の表示も。

またお値段も1,000円強とリーズナブル。大体1,000円~2,000円ぐらいの価格帯が多い腹筋ローラーの中から、見事お買い上げとなりました。

Soomloom腹筋ローラーの特徴

Amazonでの販売名は先程の長い名称なのですが、箱には「超静音ダブルホイール 腹筋ローラー」と書かれていました。

「アブホイール」という名称はなく、英語で「Super Mute Dual Wheel Ab Roller」という表記が。まあいいや。この手の商品で細かいことにこだわってはいられない(笑)。

こちらが内容物。ローラーとグリップが2つずつ、ステンレス鋼パイプが1つ、膝サポーターマットが1つに、説明書という構成。組み立て式です。

グリップの幅は30cmで、ホイールの直径は15cm。重さは650g、耐荷重は200kgです。

組み立て

腹筋ローラーを組み立てます。といっても難しいことは何もなし。

パイプの両端に付いているグリップをいったん外し、ローラーをパイプにはめてから、再びグリップを装着するだけ。

説明書には「金槌などで端を叩いて」といった説明がありましたが、手だけで組み立てが完了しました。

完成した腹筋ローラーはこんな感じ。グリップ部分はベタつかない素材。ローラーもくるくる回ります。また思ったより小さくていい感じ。

腹筋ローラーの使い方

最初のうちはこんな感じで、膝をついて使います。写真左のような体勢をとったら、腹部を意識しながら腹筋ローラーをゆっくり前に。その後、元の形に戻ります。

最終的には真ん中の写真のように、グッと伸び切るのが理想ですが、最初はできるところまで転がして、徐々に距離を伸ばしていきましょうとのこと。

うん、最初は絶対無理だね!

また中級になると、膝をつけない状態から腹筋ローラーを前方に転がしていくそうです…。

やってみる

何はともあれ、さっそく実践してみることに。

青い膝サポーターマットを敷き、腹筋ローラーをセット。ゆっくり前に転がしていきます。

お、思ったよりできるやん。でもやっぱり平たくなるところまでは、絶対に無理ですね(笑)。戻れるところで戻ってきました。

ローラーの転がりはスムーズ。超静音というだけあって、転がる音も静かです。やってみた感想ですが、肉体的に来るのは胸部の内側の筋肉と、腹筋ですね。

腹筋はやっている最中はそんなに感触が無いのですが、終わったあとにジワジワと疲労感のようなものが。こりゃ明日は筋肉痛だわ。

まとめ

以上、腹筋ローラー「Soomloom アブホイール」を買ってやってみた、というお話でした。

シックスパッドを目指しているわけではありませんが、できればお腹はスリムに引っ込めたいところ。この腹筋ローラーで毎日コツコツ、お腹まわりを鍛えていきたいと思います。

コメント