【格安SIM】IIJmio「みおふぉん」ファミリーシェアプラン契約。MNP転出時の手続きなど

この記事は約4分で読めます。

格安SIMでスマホ運用するために、ながらくMVNO事業者を比較・選定していたのですが、「IIJmio(みおふぉん)」と契約することに決めました!

申し込みしたプランは、『ファミリーシェアプラン』。音声通話、つまり電話ができるSIMの利用、かつ家族でデータ通信量を分け合えるプランです。

ちなみにIIJ(あいあいじぇい・株式会社インターネットイニシアティブ)は、1992年からインターネット事業を手がけている、歴史と実績のある企業です。

「IIJmio みおふぉん」に決めた理由

格安SIMの利用のあたっては、MVNO事業者をいろいろ調べました。

候補に挙がったのはIIJmioの他に「OCN モバイル ONE」「mineo」「DMMモバイル」「FREETEL」など。

その中で「IIJmio みおふぉん」に決めた理由は…

家族でデータ通信10GBをシェアできる「ファミリーシェアプラン」があったから。

(追記。ファミリーシェアプランのデータ通信容量は、2018年4月から10GB→12GBに容量アップしました。)

本当はIIJmioのファミリーシェアプランは、我が家では少しオーバースペック気味(データ通信容量とか)。3回線、各人の使い方にあったプランを契約する方法も考えました。

ですが調べてみたところ、3回線まとめてのMNPが楽そう、ということが判明。こちらに決めました。

ちなみに格安SIM各社のサービスや評判を比較しましたが、そこから得た結論としては「どのサービスも問題なく利用できる」です。

もちろん、どれぐらい格安SIMを利用するか、にもよると思います。

ですが「電話もデータ通信もそんなにヘビーに使わない(はず)」という利用状況の想定では、「各社とも、音声通話もデータ通信もそれなりに使えそう」という結論に落ち着きました。

MNP+ファミリーシェアプラン契約の手順

ここからは、筆者がソフトバンクで契約していた3回線をIIJmioにMNPするまでの手順です。

  • ソフトバンクにMNPの手続きをする
  • SIMフリー端末を用意する
  • IIJmioのWebサイトで手続きする

といったことを行います。ソフトバンクでMNPをした話はこちらもご参考くださいファミリーシェアプランにMNPする際には「回線を同一名義にしておく」必要がありますのでご注意を。

SIMフリー端末はIIJmio申込時に手元になくても構いませんが、申込時にSIMのサイズ(標準・マイクロ・ナノ)を指定する必要があるので、使いたい端末のSIMサイズを確認しておきましょう。

IIJmioで手続き

それでは実際に手続きしたことなど。詳細は申し込み画面に従って進むだけなので、ポイントのみを書きます。

なお今回は「3回線をMNPでIIJmioみおふぉんのファミリーシェアプランに申し込む」という内容です。似たような条件の方の参考になれば。

まず申し込みページに移動。筆者はIIJmioのユーザーではないので「初めてIIJmioをお申し込みになるお客様」より申し込みをします。

申込みを進めて問題なければ、電話回線などの契約情報を入力する画面に遷移します。

遷移したら記載内容に沿って進めるだけですが、多くの方が気になるであろうポイントをまとめると、

  • 新規申込時に申し込めるSIMカードは3枚まで
  • 回線それぞれのMNP予約番号が必要(今回は3回線)
  • 3回線それぞれでSIMカードのサイズを選べる
  • 支払いはクレジットカード
  • 音声通話またはデータ通信の指定を個別に選べる

といったことでしょうか。

音声通話プラン・データプランは回線ごとに選べるので、筆者のように「音声通話SIM✕3」であったり、または「音声通話SIM✕2+データ通信SIM✕1」といった申し込みも可能です。

ファミリーシェアプランの費用

ファミリーシェアプラン・音声通話SIMの月額料金は2560円(税抜、以下同)。それに音声通話機能付帯料が1枚に付き700円かかります。

これがちょっとわかりにくいのですが、筆者のように3回線音声通話SIMを契約した場合は、

「2560円+700円✕3=4660円」

が月額費用になります(※電話料金含まず)。

データ通信容量は10GBなので、他社で3GB/1600円の回線を3つ契約すると考えると、費用・データ量とも若干お得と言えます。

なお参考までに、ファミリーシェアプランは最大10枚までSIMカードを追加可能です。音声通話SIM4枚+データ通信SIM2枚、といった契約も可能。注意事項としては、

  • 音声通話SIMの利用は5回線まで
  • 4~10枚目のSIMには1枚につき400円のSIMカード利用料がかかる
  • SIMカードの追加には1枚につき2000円の手数料が必要(※半額になるキャンペーンが開催されていることも)
  • 新規申込時のSIM枚数は3枚まで。4枚目以降は利用開始後に申し込み

などです。なので仮に先述の「音声通話SIM4枚+データ通信SIM(SMS付)2枚」の場合は、

月額費用2560円+音声通話機能付帯料700円✕4+SMS付帯料140円✕2+SIMカード手数料400円✕3=合計6840円

が月額の総合計となります(電話料金は含まず)。なおこちらは筆者が調べた内容ですので、詳しくはIIJmio(みおふぉん)サイトにてご確認ください。

まとめ

手続き完了後は免許証などの本人確認書類をアップロード。問題なければ1週間~10日ほどでSIMカードが送られてきます

その後IIJmioサイトで手続きすると1~2時間後に開通、晴れてMNP完了となるようです。現在筆者は本人確認書類のアップロードを完了したところ。また手続きで気づいた点などあれば追記したいと思います。

→その後、手続きは無事完了。問題なくIIJmioの回線を利用できています。


公式サイトはこちら>> IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)では、2018年10月3日時まで、「初期費用割引」「データ量倍増」「月額費用割引」の「IIJmio夏祭り データ量2倍キャンペーン」を実施中。詳しくは公式サイトよりご確認ください。

コメント