即・強炭酸「サントリー 天然水 南アルプス スパークリングレモン」

以前からサントリーの炭酸水「南アルプスの天然水 スパークリング」が好きだったんですが、2018年にリニューアル(?)。「南アルプス スパークリング」となりました。

以前から「南アルプスの天然水 スパークリング」は愛飲していたのですが、よりフレッシュさを感じる鮮やかな青のパッケージになった「南アルプス スパークリング」。筆者はレモン風味の炭酸水が好きなので、「南アルプス スパークリングレモン」を飲んでみました。

「南アルプス スパークリングレモン」特徴

サントリー「南アルプス スパークリング」公式ページによると、従来の「南アルプスの天然水 スパークリング」に較べて、「南アルプス スパークリング」(ややこしい)では製造充填時のガス圧がアップ。以前から炭酸は強めだったのですが、「南アルプス スパークリング」になってより強炭酸に。

また水は天然水100%、レモンは変わらず有機レモンを使用。また大きく変わったのはボトルデザイン。上部の方がすぼまった新ボトルで、持ち運び時に手にフィットする感じがあります。

実飲

では実飲。キャップをひねると「ポン!」と小気味良い音が。キャップを開ける音はサントリーでもこだわったそうで、強炭酸の期待が高まります。ではいただきます。

ングッ…。

!口に炭酸水が流れ込んできた瞬間から、舌に、喉に、炭酸が突き刺さる!細かめの泡が容赦なく口内を刺激。これはなかなかの強炭酸。ウィルキンソンが荒々しい炭酸だとすれば、「南アルプス スパークリング」はやや上品でフレッシュな炭酸、と言った感じ。

またレモンの風味が爽やか!炭酸の刺激がやわらぐと同時に、口の中でスッと消える、あとくちの良いレモン感。前のバージョンより爽快感があります。これはおいしい!

まとめ

以上、サントリー「南アルプスの天然水 スパークリング」の後継、「南アルプス スパークリング」のレモンの実飲でした。この製品は「強炭酸」とは記載されていないのですが、充分強炭酸カテゴリに分類される炭酸水。確かな刺激とさわやかなあとくちを与えてくれる強炭酸です。

暑い夏の日や、風呂上がりにキュッと一本、飲み干したい炭酸水。見かけたらぜひお試しを。ウマイです。

コメント