Wi-Fiが頻繁に切れるので中継機を設置したら快適になった話

この記事は約5分で読めます。

自分の部屋と壁一枚挟んだところに無線ルーターがあるのですが、タブレットPCなどを使っていると、頻繁にWi-Fiが切れます

ちょっとストレスを感じていたのですが、中間地点に無線LANの中継機を設置したら、たいへん快適にネットが出来るようになりました。

以下、こんな感じで中継機を設置したよ、ということをメモがてら残しておきます。Wi-Fiが頻繁に切断されて困っている、という方のご参考になれば。

スポンサーリンク

問題の起こる環境

まずはWi-Fiが切れる環境について。

  • 光回線に繋いだ親機(ルーター+無線LANカード)
  • Androidタブレット

以上の機器でネットを使っているのですが、タブレットと親機の間に「壁」があり、接続がちょくちょく切れます。特にタブレットをスリープ状態から起動した時に、接続が遅い、という状態です。

スポンサーリンク

考えられる原因

Wi-Fiの繋がりが悪い原因としては、

  • 親機の無線機能に問題がある
  • 子機(タブレット)の無線機能に問題がある
  • 距離、または障害物がある
  • 周囲の電波状況が悪い

などが考えられます。

この中から現状、私の環境で問題があると思われるのは、やはり「障害物」。壁がないところではこの環境でも問題なく接続できているので、まずはそこを解消したいところ。

もちろん機器に問題がある、という可能性もゼロではありませんが、その解消には機器の買い替え等が必要になるので、最終手段ということで。それ以外の方法でWi-Fiの接続状態の改善を目指します。

アクセスポイント設置で解消

結論から書くと、親機と子機の間にアクセスポイント(中継機)を設置することで、Wi-Fiの接続状態が良好になりました。

親機はどうしても現状の位置から動かすことができないので、自室の入り口にNECの無線ルーター「Aterm PA-WG1800HP4」を設置しました。

こちら、実は今回のために用意したものではなく、以前に親機のWi-Fiが調子悪い時に購入したもの。使おうとしたら親機の調子が戻ったので、しばらく放置していました。

どこかで登板する機会が無いかな、と思っていたところ、今回のWi-Fi環境改善に採用した次第です。

通常であればルーターではなく、上記のような無線LAN中継機でも事足りると思います。この辺の機器選択については後ほど。

無線ルーターをアクセスポイントとして利用

親機と子機の間に「Aterm WG1800HP4」を設置するわけですが、これは「無線ルーター」なので、そのまま使うと二重ルーター状態になってあまりよろしくない。

というわけで、今回は無線ルーターを「アクセスポイント」として利用します。大体の無線ルーターには

  • ルーターモード
  • ブリッジモード(ルーター機能オフ+有線で親機に接続)
  • アクセスポイントモード(中継機モード。ルーター機能オフ)

などのモードが用意されていますが、単純に親機と子機の間を中継するアクセスポイントとします。

【親機・・・子機】

の接続だったものを、

【親機・・・アクセスポイント・・・子機】

という構成にする、ということですね。

なお今回のように無線ルーターをアクセスポイントとして使う場合は、ルーターがAPモードになっていることを確認しましょう。

今回使った「Aterm PA-WG1800HP4」は、中継機として使う場合はモードを「CNV(コンバーター)モード」に設定します。なお切替方法は使用機器によって異なりますので、詳しくはマニュアルをご確認ください。

AP設置の覚え書き

こんな感じでアクセスポイントを設置したことにより、Wi-Fi繋がりにくい問題が解消しました。

基本は設置する機器のマニュアル通りにすれば良いかと思うのですが、設置時に思ったことを覚え書きとして残しておきます。

まず、「WPS」便利!ということ。WPSとは無線ルーターなどをボタン一つで接続する規格のことですが、今回は親機と中継機の両方にWPSが付いていたので、簡単に接続が完了しました。

もしこれから中継機やルーターを購入する予定の方は、WPS付きを選ぶと良いでしょう(※)。

※もう大抵の機種には付いていると思うのですが、念の為。なおバッファロー製品は「AOSS」、NEC製品は「らくらくスタートボタン」という名称になっています。

次にどんな中継機を用意するか?について。今回はたまたま無線LANルーターを使いましたが、環境によってはオーバースペックかもしれません。

普通はこのような中継機で事足りるとは思います。しかしレビューを見ると、どんな製品でも「十分使えた」「役に立たなかった」など両方の意見があります。

レビューには「こんな環境で繋がった」または「繋がらなかった」などの報告があり、参考になります。購入前にざっと確認することをオススメします。

なおルーターでも中継機でも、基本的にはコストがかかる製品ほどパフォーマンスが良い(比較的)、と個人的には考えています。

まとめ

以上、「Wi-Fiが頻繁に切れるので中継機を設置したら快適になった話」でした。

正直、ビックリするほど無線接続が快適になりました。タブレットもスムーズにネットに繋がるので、もっと早くやっておけば良かったと思うぐらいです。こういうのは放ったらかしにしたらダメですね…。

Amazon公式:無線LAN・ネットワーク機器

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました