canonプリンタiP2700のインクを詰め替えてみた

前回記事でcanonの激安プリンタ「PIXUS iP2700」を購入、使用感を書きました。

コスパ抜群?キヤノンの激安プリンタ「PIXUS iP2700」を使ってみた
そこそこの量のビジネス文書を家庭内で印刷する必要に迫られまして。 家庭用のプリンタは既に某大手メーカーのものを持っており、そちらで印刷...

その後そこそこの量のプリント(カラーで300枚ぐらいだったかなぁ…。忘れた)をしたところ片方のインクが切れました。

純正インクを買うとカートリッジ交換で済むのですが、なんせ価格がお高い。というわけでサードパーティから出ている詰め替え用インクを利用してみました。

スポンサーリンク

サンワサプライ製つめかえインク購入

 サンワサプライ 詰め替え(初回)用インク

準備したのはこちら。「サンワサプライ 詰め替え(初回)用インク BC-310用 INK-C310B60S」と「サンワサプライ 詰め替え(初回)用インク BC-311用 INK-C311S30S」です。

BC-310用がブラック、BC-311用がカラー(3色)に当たります。ブラックは60mlで4回分、カラーは各30mlで6回分の詰め替えに対応しています。

価格は筆者購入時、ブラックが約1000円、カラーが約1200円。純正を買うと約4000円、しかも量が段違いに少ないので、詰め替え用インクはだいぶお得感があります。

なおこの詰め替えインクはiP2700だけでなく、PIXUS MP493・MP490・MP480・MP280・MP270・MX420・MX350に対応しています。

img_0826

ブラックの中身。インクボトルの他、注入口シール×6、ドリルガイドシール、ドリル、手袋が付属。

手袋まで付いているのですぐに詰め替えを行えます。あと用意するものと言えばティッシュと新聞紙ぐらいですかね。

詰め替え開始

img_0827

それではPIXUS iP2700のインクをサンワサプライ製インクに詰め替えていきます。今回はブラックを詰め替え。プリンターの電源を入れてカバーをオープン。インクカートリッジを取り出します。

端子部分やカートリッジ底面のインク口をさわらないように注意しましょう。

img_0828

カートリッジ上面にドリルガイドシールを貼り付けます。

img_0829

付属のドリルでガイドシール中央の穴をガリガリします。わりと力を入れても大丈夫。

img_0830

穴が貫通したら削り屑をキレイに取り除き、インク注入。写真では穴にインクボトルを縦につっこんでますが、最初は横向きに傾けて入れます。説明書を良くお読みください。

img_0831

約5~10分ほどしたら穴からインクが少しこぼれてきました。こうなったら注入完了。

img_0832

こぼれたインクをティッシュで拭き取り、注入口シールを貼り付けて終了!iP2700本体にインクカートリッジを戻します。

プリント結果も良好

ip2700-alert

詰め替え後のカートリッジを挿入すると上記のようなメッセージが出ることがあります。OKで。

その後、何枚かプリントをしましたが、詰め替え前と特に違いは認められません。何ら問題ないですね。満足。

ただし詰め替えインクは注意事項もあります。

まずインクの残量が表示されなくなります。なので次回詰め替えのタイミングは印刷された用紙を見て判断する必要があります。

大量に印刷しないで、こまめに用紙の印刷状態をチェックした方が良いですね。

また詰め替えインクを使用したことでトラブルが発生した場合、メーカーのサポートを受けれなくなる可能性があります。

まあiP2700は本体価格が3000円台なので万が一使えなくなっても…ね。

まとめ

以上、canon PIXUS iP2700のインクカートリッジにサンワサプライの詰め替えインクを入れてみた、でした。

かんたんなビジネス文書をそこそこの量プリントしたい、という場合はこのiP2700と詰め替えインクを使えば、結構なコストダウンが図れるのではないでしょうか。なかなか良い買い物でした。

キヤノンの激安プリンタ、PIXUS iP2700はこちら。

スポンサーリンク

フォローする