レンタルサーバーはWordPress以外に何ができる?個人サイトでの活用方法

この記事は約5分で読めます。

個人サイト・個人ブログを作りたいユーザーにとって、レンタルサーバーを利用する主な目的は「レンタルサーバー+独自ドメイン+WordPress(ワードプレス)ブログの運用」であることが多いでしょう。

では「レンタルサーバーはWordPressブログしかできないのか?」というと、そんなことは全くなく、WordPress以外にも出来ることがたくさんあります

せっかく有料で個人サイトを作るのだから、出来るだけレンタルサーバーの機能を活用したい!ところ。というわけで本記事では、「WordPressブログ以外でレンタルサーバーで出来ること」をまとめてみました。

スポンサーリンク
レンタルサーバーのキャンペーン
【エックスサーバー】
利用料金最大30%OFFキャンペーン開催中!(12/9 12時まで)
公式サイト:エックスサーバー
【シン・レンタルサーバー】
【利用料金50%キャッシュバック!キャンペーン】!(12/22 12時まで)
公式サイト:シン・レンタルサーバー

レンタルサーバーで出来ること

以下の内容は基本的に、弊ブログが契約しているエックスサーバーの事例が中心ですが、他社レンタルサーバーの事例もあわせてご紹介します。

またご紹介する事例は、サービスやプランによっては使用不可なもの、機能に制限のあるものも含まれます。詳しくは各レンタルサーバー公式の機能紹介や規約をご確認ください。

WordPress以外のCMS・プログラムを利用する

もはや「レンタルサーバー=WordPressブログ」ぐらいの感覚になり、サービス各社も「WordPress簡単インストール」のような、WordPressがスムーズに使える機能の実装に注力しています。

しかしWordPress以外のCMS(※)や、その他プログラム・パッケージのインストール機能も、レンタルサーバー各社で提供されています。

※CMS=Contents Management Systemの略。WordPressもその一つです。

例えばエックスサーバーであれば、

  • EC-CUBE(オープンソースのECサイト構築システム)
  • PukiWiki(ユーザーが編集可能なWEBサイトを構築するツール)

ロリポップ!では、

  • baserCMS(国産のオープンソースCMS)
  • EC-CUBE

ヘテムル(ロリポップ!と同じくGMOペパボのレンタルサーバー)では、

  • XOOPS Cube(コミュニティポータル構築用のオープンソースアプリケーション)
  • baserCMS
  • EC-CUBE
  • Post Mail(入力内容をメール送信するプログラム)

などが「簡単インストール機能」、つまり「レンタルサーバーの機能」でインストールできます。特に「WordPress以外のCMSを使ってみたい!」という方は、baserCMSの利用が面白いでしょう。

なお多くのレンタルサーバーでは、各種CMS・プログラムを「手動でインストール」することも可能です。エックスサーバーを例に取ると、下記プログラムの動作が確認されています。

  • concrete5 (CMS)
  • Joomla (CMS)
  • MODX 日本語版 (CMS)
  • Movable Type (CMS)
  • Drupal (CMS)
  • Magento (ショッピングカート)
  • Zen Cart 日本語版 (ショッピングカート)

普通のホームページを公開する

レンタルサーバーではなんと、普通のホームページ(WEBサイト)も公開できます!

…えー、これは意外に盲点だと思うのですが(笑)。

今でこそ「レンタルサーバーと言えばWordPress」みたいな感じになっていますが、もともとは「WEBへの公開領域に、自分で作ったホームページをアップして個人サイトを公開する」といった使い方が普通でした。

特に更新頻度が高くないコンテンツであれば、プログラムで動作するWordPressのような動的コンテンツよりも、HTMLで作った静的コンテンツの方が高速。ホームページ作成ソフトでコンテツを作成、レンタルサーバーで公開する、という使い方も普通に「アリ」です。

ほか画像ファイルやPDFファイルなど、ダウンロード用の各種データをアップする、といった使い方も可能です。

独自CGIを公開する

自分で作ったオリジナルのCGI・プログラムをアップロードして、公開することができます。例えばエックスサーバーであれば、

  • Perl
  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • SSI

などのプログラム言語が利用可能です。

なお個人で使うレンタルサーバーのの多くは、複数のユーザーが同居する共用サーバーです。動作に問題があるプログラムのアップは他のユーザーの迷惑になるので、ローカル環境などで良く動作確認をするなど、慎重な運用を心がけましょう。

Cronを使う

指定した時間に指定したコマンド、またはプログラムを実行する機能「Cron(クロン)」を利用することができます。

Cronの設定において、直接サーバーに命令をするコマンドを入力したり、アップロードしたオリジナルプログラムを定期的に動作させる、といったことが可能です。

自動で動作させたいプログラムがある場合などに、役に立つ機能です。

独自ドメインのメールを使う

独自ドメインを取ってサーバーに設定すれば、その「独自ドメインのメールアドレス」が作成できます。

多くのインターネットユーザーは、GmailやYahoo!、プロバイダ支給のメールアドレスを利用されていると思います。ですが独自ドメインを取得しているならば、そのドメインのメールアカウントを使ってみては。

なお各種レンタルサーバーでは、メール関連の機能も実装。例えばエックスサーバーならば、

  • メーリングリスト
  • メールマガジン

などが利用できます。

スポンサーリンク

WordPressしか使えないレンタルサーバーも

ここまで「WordPress以外に出来ること」を紹介してきましたが、例えばエックスサーバー系列の「wpX Speed」やKAGOYAの「WordPress専用サーバー」のように、WordPressしか使えない「WordPress専用レンタルサーバー」も存在します。

そのようなサービスではメール機能は別として、WordPressブログ以外のプログラムは「ほぼ利用できない」とお考えください。

これらのサービスは「WordPressブログのチューニング」に特化することで、WordPressの高速化ほか、性能の向上に努めているものです。これまでに挙げたサービスが必要ないという場合は、割り切ってWordPress専用レンタルサーバーを利用しても良いでしょう。

まとめ

以上、「レンタルサーバーはWordPress以外に何ができる?個人サイトでの活用方法」でした。

WordPress目的でレンタルサーバーを借りて満足!なのですが、レンタルサーバーで出来ることを知っていると、個人サイトの可能性がより広がります。意外に有用な機能・プログラムが提供されている場合がありますので、気になったサービスをチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました