はじめてのレンタルサーバーにエックスサーバーがオススメなただ一つの理由

この記事は約6分で読めます。

はじめてのWordPressブログのためにレンタルサーバーを探しているけど、どのサービスを選んだらいいかわからない…という方向けの記事です。

実際に複数社のレンタルサーバーのスペックを比較しても、違いが良くわからなかったりするのではないでしょうか。

結論から書くと、レンタルサーバーは「エックスサーバー(XServer)」がオススメ。私はいくつかのレンタルサーバーを渡り歩いてエックスサーバーにたどりつき、以降6年以上利用しています

もちろん長期間利用しているのには、理由があります。というわけで以下、エックスサーバーがオススメな理由について、具体的な事例も含めて簡単にご紹介します。

※本記事に記載の内容は、エックスサーバー公式の情報を元にしています。サービス内容は提供元にて予告なく変更される場合がありますので、最新の情報につきましてはエックスサーバー公式よりご確認ください。

スポンサーリンク

エックスサーバーがオススメな理由

公式サイト:エックスサーバー

管理画面が使いやすい

エックスサーバーがオススメな理由は、端的に書くと「管理画面が使いやすい・わかりやすい」から

※ここでの「管理画面」とはWordPressの管理画面ではなく、エックスサーバーの各種設定を行う管理画面(サーバーパネル)のことです。

普通は「価格が安いから」とか「スペックが優れているから」が理由、と思われますよね。

もちろんそれらもレンタルサーバー選びで考慮したい、大事な項目ではあります。

が、長年エックスサーバーを使ってきて、また他のレンタルサーバーも使ってみて、「管理画面が使いやすいことも、レンタルサーバー選びの重要なポイントである」と思うに至りました。

なぜ管理画面が大事なのか?

ではなぜ、管理画面が重要なのか?の理由について。

WordPressブログなどでレンタルサーバーを利用していると、そのうち高確率で、管理画面で「新規設定」や「設定変更」を行う場面が出てきます。

そんな時に「管理画面の使いやすさ・わかりやすさ」が、作業の正確さと効率を上げてくれます(逆に言うと、管理画面がわかりにくいと挫折してしまうことも)。

こちらがエックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)全景。

白を基調としていて見やすく、またサーバー管理に必要な項目(ホームページ、メール、ドメイン、データベースなど)がわかりやすく分類されています。

アップで見るとこのような感じ。上記は「アカウント」設定。

こちらは「ホームページ」設定。公開領域にID・パスワード入力を求めるアクセス制限など、ブログやWebサイトに関する設定がまとまっています。

WordPressをはじめとしたプログラムのインストールもこちらから行います。

こちらの「高速化」項目では、エックスサーバーが独自に導入している高速化技術「Xアクセラレータ」などの設定ができます。

このような感じで、エックスサーバーの管理画面がスッキリ・見やすいのが、おわかりいただけるかと思います。使いやすさを考慮したアップデートも、適宜行われています。

他社サーバーの管理画面は?

ではエックスサーバー以外、他社レンタルサーバーの管理画面はどうなのか?

エックスサーバー同様、独自の管理画面を使うレンタルサーバーもありますが、サービス開始時期が比較的あたらしいレンタルサーバーでよく見られるのが、「cPanel」という管理画面

こちらがcPanel管理画面。もともとは海外製のホスティングサービス用管理画面で、日本向けのサービスにあたり、ローカライズ(日本語化)を行ったものです。

そのため日本人には用語が直感的でなかったり、また一部では英語がそのまま残っている項目・文章なども存在。

ちょっとクセのある使用感で、はじめてのレンタルサーバーとしては若干、ハードルが高いかもしれません(私も設定項目の確認に時間がかかります)。

念の為書いておくと、cPanelは機能的には全く問題がありません。というか、むしろ非常に高機能です。ただ上記の理由により、項目によっては若干戸惑うところもある、というのが正直なところです。

※他社レンタルサーバーがすべてcPanelを採用している、というわけではありません。念の為。

設定変更の具体例

管理画面からの設定変更について、もう少し具体例を見てみます。

レンタルサーバーによるブログ運営でよくあるのが、「新規に独自ドメインを追加したい」ケース。

例えばcPanelの場合は、項目「ドメイン」から新規ドメインの追加を行うのですが、

ドメイン項目の「アドオン ドメイン」が、その機能を担っています。「アドオン ドメイン」というのはあまり直感的では無いですよね。

※「ドメイン」からも新規ドメインの追加ができますが、このレンタルサーバーでは「アドオン ドメイン」の使用が推奨されています。

一方、エックスサーバーの場合は、新規独自ドメインの追加を「ドメイン項目」より行います。

こちらから「ドメイン設定」を選び…

「ドメイン設定追加」より、新規ドメインを追加します。注意事項なども記載されていて、わかりやすい作りになっています。

また同画面にある「関連マニュアル」より、その項目のヘルプに移動可能。作業の手順を確認することができます。

エックスサーバーはマニュアル・ヘルプが充実しているのも、その特徴。またユーザーが多いので、ネットに問題の解消方法が多くアップされている、というのも強みです。

公式サイト:エックスサーバー

その他のスペックはどうなの?

というわけで、エックスサーバーの管理画面の使いやすさや、その他のレンタルサーバーとの比較がおわかりいただけたかと思います。

もちろん管理画面以外にも、エックスサーバーのメリットは多数あります。

  • ディスクスペースはオールSSD、容量200GB~
  • Webサーバに高速な「nginx」を採用
  • 高速・安定化機能「Xアクセラレータ」装備
  • 安定の稼働率99.99%以上

などが、月額約1,000円程度のリーズナブルな価格で提供されています(X10プラン・12ヶ月契約の場合)。

…まあスペックを並べても、実際に使ってみないと良くわからない部分もありますよね(笑)。

ただ同価格帯の他社レンタルサーバーと比べても、必要十分以上のスペックと、安定したサーバー環境がある、と個人的に感じています。

また「レンタルサーバーの契約」や「WordPressブログ運営」が初めて、という方に便利な、「WordPressクイックスタート」が提供されているのも、レンタルサーバー初心者の方にオススメのポイント。

WordPressクイックスタートを利用すると、

  • サーバーの申し込み
  • 独自ドメインの取得・設定
  • WordPressの新規インストール
  • 本契約料金の支払い

といった手順をワンステップで、一括して行うことができます。

なおWordPressクイックスタートを使うと、試用期間をスキップして本契約となります。

が、WordPressのインストールや独自ドメインの設定を手動で行うよりは、圧倒的に早く!ブログが開設できるので、「早くWordPressブログを始めたいんだ!」という方にオススメの機能です。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「はじめてのレンタルサーバーにエックスサーバーがオススメなただ一つの理由」でした。

エックスサーバーを長年使っていますが、本記事で説明したように、管理画面のわかりやすさ・使いやすさには随分助けられています。またそれが、長期のブログ運営に繋がっていると思います。

レンタルサーバー選びはもちろんスペックも重要ですが、このような情報がこれからWordPressブログをはじめよう、という方の参考になれば幸いです。

公式サイト:エックスサーバー

※本記事は、エックスサーバー公式に記載のキャンペーン内容を元に構成したものです。記事については最新の注意を払っておりますが、内容を保障するものでは無いことをご了承ください。またキャンペーン内容についてはサービス提供元にて予告なく変更・終了される場合がありますので、必ず公式サイトにて詳細をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました