無線LAN(Wi-FI)がつながりにくい時の対応方法まとめ

我が家も無線LAN(Wi-Fi)環境を導入してから数年経ちました。昔は据え置きのパソコンだけしか使っていなかったので有線LANでも良かったのですが、スマホやタブレットの普及やゲーム機、果てはプリンターまで無線化しちゃって、もうWi-Fiのない環境は考えられないっすね。

そんな我が家でも使う機器や環境によって無線LANがつながりにくい時がありました。いろいろ試行錯誤してより良い無線環境にしました(したつもり)が、それらの経験を踏まえて、無線LAN(Wi-Fi)がつながりにくい時の対応方法をまとめてみました。

なお筆者の環境は3LDKのマンションでインターネット回線は固定の光回線、全体のほぼ中央に無線LANルーターを設置しています。またWi-Fiを利用する端末はノートパソコン、スマホ、タブレット、3DS、WiiU、Switch、プリンターなどです。

スポンサーリンク

無線LANと端末をつながりやすくする方法

無線ルーターの電波を通りやすくする

もともと地べたに無線ルーターを置いていたのですが、端末を置く場所によってはつながりにくかったり、途中で切断されてしまうことがありました。対策として無線ルーターをある程度高い場所(電話台ぐらいの高さ)に置きました。

地べたに置いていた時はテーブルやイス、その他障害物がありましたが、高さを確保することでそれらに邪魔されることなく電波が届くように。障害物が減ったことで以前よりも接続がしやすくなりました。

無線LANの置き場所を変える

無線ルーターはできる限り家の中心に置くと、どの部屋でも電波が広いやすくなるでしょう。もちろん使う部屋が決まっているのであればその近くが望ましいです。無線LANの電波は水平方向に良く飛ぶ、ということを考慮して無線ルーターの置き場所を決めると良いでしょう。

また無線ルーターの置き場所がコンクリートや鉄筋の壁の近くである場合は、それらに電波が減衰されてしまいます。壁から離してみるとつながりやすくなるかもしれません。

無線LAN中継器を利用する

無線LAN親機との距離が離れていたり、階が違う場所で端末を使う場合は、親機の出力にもよりますがどうしても電波が届きにくくなりがち。そんな時は無線LAN中継器が役に立ちます。

これらのような無線LAN中継器を親機と子機の間に設置することで、親機から飛ぶ電波を中継することができます。コンセントに直挿しするタイプのものが邪魔にならずに便利。

また多くの中継器は親機の設定を引き継ぐので、スマホやタブレットなどに新たに接続設定をする必要はありません。

さらにLANポートが付いているタイプならば、

無線LAN親機 ←→ 無線LAN中継器 ←LANケーブル→ 端末

のような接続方法が可能。無線機能が付いていない端末も中継器とLANケーブル(有線)を利用することでインターネットに接続することができます。例えばこの中継器と無線機能のないテレビを有線LANでインタネットに接続する、といったことが可能になります。

ルーターを変える

身も蓋もないけど、実は筆者の環境ではこれが一番有効でした(笑)。

任天堂のゲーム機WiiUならば問題なくつながるけど、Switchの場合は接続が弱い、といった状況だったのですが、無線ルーターを変えたところSwitchが爆速でつながるように。

具体的には、古い無線LANルーターは通信規格が「n / a / g / b」だったのですが、これを最新規格である「ac」に対応した「ac / n / a / g / b」のルーターに変えました。

電波規格についてここでは詳しく述べませんが、acは最新規格で、従来規格よりも大幅に性能が良い、と考えてください。

念のためacではなくnでも接続してみましたが、これも旧無線ルーターよりも接続速度がアップしました。なのでおそらく新ルーターと旧ルーターの性能差が無線の接続に関係していたのだと思われます。

ac規格で接続する

無線ルーターの変更とも関連しますが、可能ならば最新のWi-Fi規格であるacに対応したルーターがオススメです。ac以前の最上位規格「n」は最大通信速度が600Mbpsですが、acならば6.9Gbpsと、通信速度の違いは一目瞭然です。

…といっても実際にそんなにスピードが出ることはありません。また機種によっても通信速度の違いはあります。

例えばこちらのバッファロー製無線LANルーターならば、nとacの通信速度の違い約2.8倍。理論値ではありますが、nとacでそれだけ差が出るということです。

またacは5GHz帯で通信をするので、2.4GHz帯で通信をするgやaと較べて電子レンジなどの影響を受けにくくなっています(電子レンジが稼働時に発する周波数は2.4GHz帯)。台所に近いところに無線LANルーターを設置している場合は、特にac対応のルーターがオススメです。

なお注意点としては、無線ルーター親機とacで通信するには、スマホやタブレットなど端末側もacに対応している必要があるということ。acに対応していない場合は下位規格での通信となります。

どのSSIDにつないでいるか確認

acの話しをもう少し。仮にac規格対応の無線LANルーターと、同じくacに対応した子機を用意したとします。その時、acの周波数帯で通信するためには、無線LAN親機に設定されたac用のSSIDを指定する必要があります。

例えば筆者の使用している無線LANルーターにはSSIDが1から3までありますが、このうちacでの通信に対応しているのはSSID3なので、ルーターに接続する子機でSSID3を指定する必要があります。

「acに対応する機器を揃えたのにスピードが出ない」といった場合は、ac用のSSIDに接続しているか確認してみてください。

ビームフォーミング対応機器を使う

「ビームフォーミング」とは、ビームフォーミング機能搭載の無線ルーターが子機(端末)の位置を把握し、そこに向けて最適な電波を送信する技術です。

子機側もビームフォーミング機能に対応している必要がありますが、ビームフォーミングを利用すれば通信速度と安定性が向上する可能性があります。

iPhone7やiPhone6、また一部のAndroidスマホはビームフォーミングに対応しているので、それらのスマホをお持ちならば、ビームフォーミング対応ルーターへの買い替えも検討の価値あり、です。

ビームフォーミング非対応の端末でも、バッファローの「ビームフォーミングEX」などメーカー独自の機能を使うことで通信環境が改善するかもしれません。具体的な機能や対応機種についてはメーカーサイトなどでご確認ください。

無線LANのチャネルを変更する

若干専門的な内容になりますが、無線LANルーターのチャネル(チャンネル)を変更することで無線環境が改善する可能性があります。特にマンションや集合住宅など、複数の無線LANの電波が飛び交っている環境で有効な対応となる可能性があります。

通常は無線LANルーター側にて自動でチャネルが設定されますが、設定画面で明示的に使用チャネルを設定することで、周囲のチャネルと被りにくい通信ができます。以下は実際に筆者が行ったチャネルの変更例、2.4GHz帯(n・b・g)でのチャネル変更の場合です。

まずは近隣の無線LAN環境をチェック。上はWindowsのインジケーターからワイヤレスネットワーク接続を確認したものです。

一番上の右側に「接続」と付いているものが筆者が接続している無線LANルーター。下2つの「Buffalo」の付いたSSIDがやや強い電波を発しているようです。

Buffaloの付くSSIDが無線のどのチャネルを使用しているか確認してみます。Windowsのアクセサリからコマンドプロントを起ち上げ、「netsh wlan show networks mode=bssid」を入力します。

すると近隣で使用されている無線LANのSSIDがずらずらっと表示されます。Buffaloが付くSSIDを探すと、SSID6とSSID7が見つかりました。SSID6はチャネル6でシグナルが82%、SSID7はチャネル11でシグナルが76%と微妙な違いですが、チャネル6の方が電波が強いので、それと被らないチャネルを指定することにしました。

無線LANルータの管理画面を開き、チャネルの割当をSSID6の「6」と被らない「11」に設定し、設定を保存します。この設定以降、筆者宅の通信環境が劇的に改善しました。

この設定を行うきっかけになったのは、住居の近隣で引っ越し(新規入居者)があったためです。おそらくその家庭で使っている無線LANルーターと筆者宅の電波がバッティングしていたと考えられます。ある時を境に急に電波状況が悪くなった、といった時に確認してみてください。

なお無線LANチャネルの割り当て方については、下記サイトが参考になります。

無線LANよろず講座|無線LANのチャンネルの割り当て方

またチャネルの変更については無線ルーターのメーカー・機種によって違いますので、詳しくはメーカーサイトなで変更方法をご確認ください。

スポンサーリンク

無線LAN機器を選ぶ時の注意点

最後に、無線LAN親機や子機など、Wi-Fi関連の機器を選ぶ時の注意点です。

無線LANルーターは各メーカーとも数種類のラインナップを用意しています。その中で自分の環境に合うものを選ぶのは難しいですよね。

個人的にはスペックを見て「これぐらいかな?」と思った機種の、もう一つ上の機種を選ぶとのちのち後悔が少ないと思います。購入してから思ったような結果が得られずに買い直すよりも効率が良いはずです。

またこれから無線LAN機器を買うのであれば、親機も子機もac規格に対応したものがオススメです。しかしメーカーによってはac非対応の下位機種や旧機種も存在します。買いたいものがどの通信規格に対応しているかチェックしておきましょう。

以上、「無線LAN(Wi-FI)がつながりにくい時の対応まとめ」でした。

Amazon・無線LAN親機の売れ筋ランキング

スポンサーリンク

フォローする