DMM電子書籍での漫画の読みやすさは?電子書籍ストアレビュー

この記事は約7分で読めます。

漫画大好きな筆者による、電子書籍ストアのレビューです。

本記事では「DMM電子書籍(DMM.com)」で漫画を読んだ時の使い心地ほか、セール傾向や使えるポイントなどをご紹介します。

レビューにあたっては、以下の環境で確認をしています。

  • パソコン(Windows10)
  • Android端末
  • iOS端末

また個人の環境・主観に基づいたレビューであることをご了承ください。

DMM電子書籍(DMM.com)とは

株式会社DMM.comは、動画配信やPC用ゲームソフト販売、FXや株の取引など、デジタル系のコンテンツ・サービスを多数展開しており、電子書籍サイト「DMM.com 電子書籍」は、その電子書籍ストア部門、という位置づけ。

DMM.comが提供するデジタルコンテンツとアカウント・ポイントなどを共用できる、というのが、サービスの強み・特徴。また大人向けコンテンツが充実しているのが、他の電子書籍ストアとは異なる、DMM電子書籍の大きな強みです。

【DMM.com 電子書籍】

ストアで利用できるポイント

DMM電子書籍では、1ポイント1円相当の「DMMポイント」が利用できます。DMMポイントは電子書籍の購入以外に、DMMの提供する他サービスでも付与され、共通で利用することができます。

例えば、他サービスの利用で還元されたDMMポイントを電子書籍購入で利用する、といった使い方ができます。

またDMMポイントはコンビニやスーパー、家電量販店等で販売されている「DMMプリペイドカード」でも、残高を増やすことが可能。クレジットカード以外でも支払いができます

 セール・ポイント還元など

他の電子書籍サイトと同様に、出版社主導の電子書籍セールが随時開催されています。また、DMM電子書籍の独自企画による値引き・ポイント還元セールも、頻繁に行われています。


(参考画像)

「アクション漫画特集」や「先生マンガ特集」など、独自のカテゴライズによるユニークなフェアで、通常より高いポイント還元率などが設定されています。定期的な漫画購入の手助けとなります。

DMM電子書籍のその他特徴

電子書籍ストアDMM電子書籍(DMM.com)の、その他の特徴です。

電子書籍ストアとして魅力的なのは、

  • 独自のポイント還元
  • 独占・先行配信がある
  • DMM限定特典が付く場合がある

といった、ほかのストアとは異なる独自のメリットがあること。


(参考画像)

上記のように、他ストアではポイントが付かない、付きにくい電子書籍の還元セールもあり。

またDMM電子書籍のみで独占販売・先行販売される電子書籍もあるので、他ストアで販売されていない電子書籍もが見つかる場合も。さらに、DMM独自の限定特典が付く書籍もあります。

他にも単話売りや、「二日間読める」のように低価格でレンタル的に読める書籍があります。とりあえず安く読みたい、という場合に便利。

あと、あまり大きな声では言えないけど、成人向け電子書籍の充実度はラインナップ・クオリティとも他の電子書籍ストアを圧倒しています。

特に成人向けマンガは他ストアに較べて〇〇○が□□□…な場合があります。他のストアと較べると、「今まで読んでいたものは何だったんだ…」となるやも。なお無料サンプルでは処理が異なる書籍もあるので、その辺は実際に購入してお確かめを(笑)。

【DMM.com 電子書籍】

※DMM電子書籍の成人向けコンテンツは、別ブランド「FANZA」となっていますが、DMMのアカウントで相互利用が可能です。

電子書籍の読みやすさ

DMM電子書籍(DMM.com)で、電子書籍のマンガを実際に読んでみた感想です。

Androidアプリ

DMM電子書籍のAndroid用アプリは「DMMブックス」と「DMMブックス+(プラス)」の二種類があります。両者の違いは下記の通りです。

DMMブックスDMMブックス+
Google Playストアでの配信
無料コミック一覧
キャンペーン情報の通知
アプリからDMMへの移動
本棚の作成
アプリ・本棚ロック
ビューア機能共通共通

上記表の通り、Google Playストアからダウンロード・インストールができるのはDMMブックスです。

DMMブックス+のインストールはDMM電子書籍サイトから行います。またインストールの際は、スマホで「提供元不明のアプリ」のインストールを有効にする必要があります。

本記事ではDMMブックスのレビューを記載します。上記表の通り、ビューア機能については共通です。

DMMブックスアプリ自体の動作はとても軽快です。電子書籍ストア提供のアプリの中でも、上位に入る操作感があります。

購入した漫画がシリーズものの場合は、自動的に一つのシリーズでまとめてくれるのも便利。

シリーズ巻がある書籍は、書影を重ねている感じで表現され、シリーズものであることがわかりやすくなっています。

また、購入日・作品名・作家名・カテゴリ・任意で並び替えも可能。任意の本棚も作成でき、書籍の分類に役立ちます。

さらに、本棚作成時に「鍵付き本棚」を作成できるのがDMMブックスの特徴。カテゴリ鍵付き本棚と収納された本は、フィルタ機能を有効にすると非表示に。大人向け漫画を多数配信しているDMM電子書籍ならではの配慮ですね(笑)。

なお本棚に本を追加するためには、書籍をダウンロードする必要があります。

購入した書籍の表紙をタップすると、ダウンロードをするかダウンロードをしながら読書をするか、を選ぶことができます。漫画のページ送りもスムーズで、ストレスの無い読書が楽しめます。

また便利なのは縦スクロール対応であること。設定で縦スクロールを有効にすると、上下スワイプでページ送りができます。4コマ作品や、Web媒体で発表された単行本を読むのに適しています。

読書の進捗を表示するプログレスバーをタップすると、各ページのサムネイルが表示されるのも便利。見たいページにダイレクトに移動することができます。電子コンテンツサービスならではの、かゆい所に手が届く配慮が随所に見られます。

iOSアプリ

DMM電子書籍(DMM.com)のiOSアプリ版は、一種類のみの提供。Androidアプリと変わらない使い心地。ページ送り、拡大・縮小も良い反応で、スムーズに漫画を読むことができます

縦スクロールでのページ送りや鍵付き本棚の作成も、Android版と同じように操作できます。スマホ端末用のアプリとしては、DMMブックスはかなり上位の性能を持っていると言えます。

ブラウザ(Windows10+Google Chrome)

DMM電子書籍(DMM.com)で購入した漫画は、パソコンのブラウザでも読むことができます。DMM電子書籍サイトにログインし、「購入済みの本」へ移動すると、読みたい電子書籍を選ぶことができます。

本をクリックすると、読書開始。ストリーミング形式なので、ダウンロードを待たずに読書ができます。スムーズな読書感で、縦方向へのページ送りも設定可能です。

個人的にはページ送りのアニメーション速度にやや違和感があったのですが、オフにすると特に気にならなくなりました。マウスホイールによるページ送りには対応していないので、今後の対応を期待したいところです。

Windowsアプリ

DMM電子書籍ではWindows・Macにインストールする電子書籍リーダーも用意されています。本記事ではWindows10にリーダーアプリをインストールして使用感を確認しました。

アプリを起動し、本棚から書影をクリックすると読書が始まります。ページ送りはスムーズで、マウスホイールでのページ送りにも対応しています。

便利なのがサムネイルの表示機能。画面左下のサムネイル表示ボタンをクリックすると、画面左にページのサムネイル一覧が表示されます。ページの内容を確認しながら、任意のページにダイレクトで遷移することができます。

またユニークなのはページの回転機能。右回りと左回り、ボタンクリックごとにページを90度ずつ回転させる機能を装備。ページを横向けにしたり逆さにしたりして漫画のコマを見る、といった、紙の本のような操作が可能です。これは他の電子書籍アプリには無い便利な機能

まとめ

以上、電子書籍ストア「DMM電子書籍(DMM.com)」のレビューでした。DMM電子書籍で提供しているリーダーアプリは、使いやすいのでオススメ。機会があれば一度、その操作感をお試しください。

また独占配信・先行配信や、成人向けコンテンツの充実度は、他の電子書籍ストアとは一線を画するものが。すでに他のストアを使っているという場合でも、併用して利用する価値のあるサービスです。

【DMM.com 電子書籍】

なおコミック限定ですが、もうちょっと安価にマンガが読みたい!という場合は、同じくDMMがサービスを提供している「DMMコミックレンタル」を利用する、という方法もあります。

DMMコミックレンタルはネットで借りたい作品を予約するだけで、自宅まで届けてくれるレンタルサービス。返却も自宅にいながら集荷ができ、何より新作・旧作問わずに一冊80円でレンタルできる、というのが魅力(レンタル申し込みは10冊から)。

「鬼滅の刃」「キングダム」「ゴールデンカムイ」「ザ・ファブル」といった人気マンガも多数ラインナップされているので、シリーズを一気読みしてみたい、少しずつ試し読みしたい、という場合は、こちらもチェックしてみてください。

1冊80円のDMMコミックレンタル!

※本記事に掲載のストア情報については、記事作成時のものになります。最新の情報につきましては各サービスでご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。

電子書籍
スポンサーリンク
コータ_をフォローする
スポンサーリンク
買い物しようと街まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました