数年使って感じる電子書籍のメリット・デメリット。使いやすいストアは?

この記事は約11分で読めます。

初めて電子書籍を使ってから約8年。その便利さから、すっかり手放せない存在となりました。

しかし長年使っていると、紙書籍との読書感の違いや、その長所・短所など、気づくことがいろいろとあります。

それを踏まえて、電子書籍をこれから使ってみたいけどよくわからない、という初心者の方向けに、電子書籍のメリット・デメリットのまとめと、使いやすいオススメの電子書籍ストアをご紹介します。

スポンサーリンク
【DMMブックス】で【全作品70%OFFクーポン】配布中!
初回購入の方限定で利用可能な「70%OFFクーポン」が6月30日14時まで配布されています。
早期終了となりました。詳しくはこちら:【DMMブックス】

電子書籍のメリット・デメリット


フリー写真素材ぱくたそより

実際に使って感じた、電子書籍のメリット・デメリットのまとめです。

筆者の読書環境は、AndroidタブレットとWindowsパソコンがメイン。時々スマホ(Android)でも読みます。また電子書籍ストアは複数のストアを併用して使っています。

メリット

電子書籍のメリットにいろいろありますが、大きく感じるのは以下の点。

  • 本の保管スペースがいらない
  • 大量の書籍データを一度に持ち運びできる
  • ストアのセール・ポイント還元など各種キャンペーンで、お得に本が買える
  • 店舗に行かなくてもオンラインで、すぐに買える
  • 試し読みができる

最大のメリットは「場所を取らない」+「持ち運びがしやすい」でしょう。

データ容量にもよりますが、スマホやタブレットを利用すれば、数百冊以上の本を一度に持ち運びすることができます。

またネット環境があれば、その場ですぐに購入ダウンロードして読めるのも魅力。わざわざ本屋に行くという手間がありません。特に発売日を迎えた本を、日付が変わった瞬間に購入してすぐ読めるのはとても便利。

さらに電子書籍ならではの便利なポイントは、ストアで試し読みができること。特にコミックなどは、事前にさわりだけでも読めると、購入の大きな参考になります。

またシリーズ本は一冊丸々試しよみできたり、本によっては0円で購入できることも。値引き・ポイントバックなどのキャンペーンも頻繁に行われているので、本を多読したい方には大きな助けとなるでしょう。

デメリット

続いて電子書籍のデメリットです。

  • 読むために端末・電気が必要
  • 電子書籍向きでは無い本がある
  • 電子書籍化されていない本もいっぱいある
  • 複数の本を並べて読めない
  • 貸し借りがしにくい
  • サービスが終了する可能性がある

といった点が電子書籍の主な短所でしょうか。

最大のデメリットは「端末が無いと読めない」でしょう。仮に数百冊の電子書籍を持っていたとしても、端末がなければ読書ができません。

またスマホやタブレットなど、バッテリーが長期間もたない端末では、電気が通っていない場所では活用できません(※後述の電子書籍専用端末ならば、バッテリーの持ちが良いです)。

また電子書籍での閲覧に不向きな本もあります。代表格としては、文字の細かい雑誌や固定レイアウトの本(ページ全体が画像になっていて、文字の拡大ができない)。電子書籍雑誌の快適な読書には、9~10インチ程度のタブレットが必要だと思います。

ほか、地味に不便なのが、本を並べて読めないこと。ありませんか?複数の本を見比べたい時。しかし端末が一つしかないと、表示している本を切り替えるしかありません。

そして最大のネックは、電子書籍ストアのサービスが終了する可能性のあること。

とは言え、こればかりはどうしようもありません。自分は「どんなサービスにも終わりはある」と思って、割り切って使っています。

スポンサーリンク

その他、電子書籍について


フリー写真素材ぱくたそより

メリット・デメリット以外の電子書籍に関するお話です。

紙書籍との使い分けも

デメリットでも書いたように、電子向けではない書籍もあるため、100%の電子移行は難しいかもしれません。

長年、電子書籍を利用してきた経験から、書籍の種類で電子書籍と紙書籍の使い分けをする、といった利用方法がオススメ。

電子書籍向きの本・ジャンルは電子書籍に集約し、それ以外は紙書籍を購入、という形式です。

電子書籍向きのジャンルは、小説・実用書などテキスト中心の書籍と、漫画(コミック)など。これらの読書のほとんどは電子書籍で済みますし、むしろ電子書籍の方が便利なことも。

文字中心の本はテキストの大きさを変更することにより、読みやすさがアップ。漫画(コミック)は特にシリーズものは場所を取るので、電子化で本棚スッキリ。写真集なども電子書籍と相性が良いです。

一方、雑誌や専門書は文字サイズを変更できない「固定レイアウト」であることが多く、特に小さい端末では読書が困難。これらは紙書籍での読書向き

もし電子書籍で雑誌・専門書を読むならば、9~10インチサイズのタブレットなどがオススメです。

電子書籍用の端末選び

電子書籍を読むためには端末が必要。というわけで端末の話

筆者は電子書籍を読むのに、8インチのAndroid(アンドロイド)タブレットを使っています。ほか、WindowsパソコンのChromeブラウザで読むこともあります。

個人的には電子書籍、特に漫画を読むにはスマホではなく、7~8インチサイズのタブレットが最適だと感じています。理由は片手で持ちやすいから

そのサイズのタブレットなら、現在はiPad miniがオススメでしょうか。Androidはあまりいい機種が出てないんですよね…。

雑誌をメインで読むならば、9~10インチサイズのタブレットが視野に入ります。こちらも本命はAppleのiPadでしょう。

筆者は現在、液晶サイズが7.9インチのAndroidタブレット「ASUS ZenPad 3 8.0」を使っていますが、もし買い換えるならば、次はiPad miniかiPadを考えています。

電子書籍ストアの選び方

上記に挙げたような電子書籍のメリット・デメリットを踏まえて、電子書籍ストアの選び方です。

「読みやすさ」を重視

様々な電子書籍ストアが乱立し、どのサービスを利用するか?は悩ましいところ。

その中でサービスを選ぶ基準として重要視したいのは、「電子書籍の読みやすさ」。

電子書籍はどのストアのものを利用しても同じじゃないの?と思われるかもしれませんが、ストアの使いやすさアプリの動作感など、実際には電子書籍ストアによって違いがあり、中にはイマイチ使いにくい、というストアもあります。

値引きセールやポイント還元ももちろん重要ですが、どんなに安くても肝心の電子書籍が読みにくければ、ストレスを感じてしまいます。利用する端末で電子書籍がストレスなく読めるか、が重要です。

ストアの併用が便利

また個人的にオススメしたいのは、「複数の電子書籍ストアの併用」。

電子書籍はストアによって、一部配信書籍が異なることがあります。そのため複数のサービスを併用・使い分けすると、より多くの電子書籍を読むことができます。

ほか電子書籍ストアでは、各ストア横断の共通セールのほか、ストア独自のセール・ポイント還元を行うことがあります。上手に利用すると、お得に電子書籍の購入ができます。

なお電子書籍ストア併用のデメリットとしては、

  • アプリを利用ストア分だけインストールする必要がある
  • 利用ストア分だけアカウントを作る必要がある(SNSアカウントを利用しなかった場合)
  • どのストアで何の本を買ったか把握しておく必要がある

などが考えられます。

「あれ、あの本どこのストアで買ったっけ?」となることも、時々ありますw。使用感を試したあとは、メインで使うストアを2~3ぐらいに絞ると良いでしょう。実用書はストアAで、漫画はストアBで購入する、のような使い分けもアリです。

電子書籍ストアでは無料で読める本も多数用意されているので、アプリの使い心地、電子書籍の読みやすさを試してみてください。

おすすめ電子書籍ストア

以下は、個人的におすすめの電子書籍ストアをご紹介。複数のストアを利用していますが、特にKindleブックライブ(BookLive!)をメインに使っています。

Amazon(Kindle)

電子書籍ストアとしてははずせない、AmazonのKindleストア

アプリのアップデートが頻繁に行われ、読みやすさを追求。ユーザーが多い、という安心感も大きなポイントです。

Kindleストアの魅力は、「90%オフ」や「50%ポイント還元」のような、とんでもないセール・ポイント還元キャンペーンを時々するところ。日替わりセール・月替わりセールなどの定期セールも行われています。

またインディーズの電子書籍など、Kindleでないと読めない書籍が多数あるのもメリット。電子書籍はKindle版のみ、という出版社もありますので、電子書籍を利用するならばどうしても外せないストアです。

その他、月額読み放題サービスKindle Unlimitedの提供や、個人でもKindleで電子書籍を配信できる機能を備えています。Kindle Paperwhiteなど電子書籍専用端末を販売しているのも、Kindleならではの特徴です。

公式サイト:Amazon Kindleストア

ブックライブ(BookLive!)

筆者がKindleと同じぐらい、いや、それ以上に利用しているのが、ブックライブ(BookLive!)。印刷業界最大手の凸版印刷グループの電子書籍ストアです。

ブックライブの良いところは、何より電子書籍がとても!読みやすいこと。アプリはもちろん、パソコンのブラウザでも、ストレスを感じることなくスムーズに電子書籍が読めます。

またクーポン配布による値引きや、頻繁に行われる独自セール・キャンペーンがあり、電子書籍の購入もお得。無料本やセール中の本がひと目でわかるまとめページや、各種キャンペーン専用ページもあるので、お得な本がわかりやすいのも便利です。

筆者はKindleとブックライブをメインで使っていますが、特に漫画はブックライブでよく購入します。Tポイントが貯まる・使えるのも嬉しいところ。

ブックライブの使いやすさは、一度体験してみるとわかりやすいかと思います。ぜひ無料本で試し読みなどしてみてください。オススメです。

ebookjapan(イーブックジャパン)

電子書籍ストアとしては老舗的存在のebookjapan。近年、Yahoo! Japanと完全に統合し、Yahoo!の電子書籍ストア、という位置づけになりました。

アプリでの電子書籍の読みやすさはまずまず。機能的にはもうちょっと設定項目が欲しいかな、という感じですが、シンプルで使いやすい、とも言えます。ブラウザでの読書はサクサクで良好

ebookjapanならではのメリットは、Yahoo!のIDでサービスが利用できることと、キャッシュレス決済「PayPay(ペイペイ)」で大幅なポイントバック・キャンペーンを行うことがある、ということ。

Yahoo! JapanのIDを持っている方や、PayPayでの決済を良く利用する方ならば、お得に電子書籍が買えます。ブラウザでの読書がしやすいので、パソコンで電子書籍を利用する方もオススメ。

公式サイト:ebookjapan

DMMブックス

各種ネットサービスでもおなじみのDMM。その電子書籍部門がDMMブックス。これが意外と使いやすい電子書籍ストアです。

アプリは縦スクロール対応など、独自の便利機能を搭載しており。読み心地もスムーズ。パソコン+ブラウザでの読書のにも対応しています。

特筆すべきは、やはり成人向けジャンルの充実。近年、電子書籍ストアは大人をターゲットにしたジャンルに力を入れる傾向にありますが、DMMブックスはそのジャンルにおいて電子書籍ストアNo.1と言ってもいいでしょう。

50%オフなどのセールが常時開催されたり、DMMブックスのみの独占配信もあり。メインはKindleやブックライブがオススメですが、サブで使う電子書籍ストアとしてぜひキープしておきたいサイトです。

公式サイト:【DMMブックス】

honto(ホント)

ブックライブは凸版印刷系ですが、それと対をなす大手印刷の大日本印刷株式会社が運営する電子書籍ストアが、honto(ホント)

hontoはAmazonなどと同様、電子書籍と紙書籍を併売する電子書籍ストア。その特長を活かした「読割50」が、他のストアにはないメリット。

hontoネットストアや提携書店(丸善・ジュンク堂・文教堂など)で対象の紙書籍を購入すると、同一書籍の電子版が紙書籍の購入から5年間、50%オフで購入できます(※対応書籍のみ)。

紙で読みたいけど、持ち運びするには重たい書籍、例えば専門書のような本も、読割50を利用すれば、据え置き用と端末用を比較的安価に揃えられることに。アプリも良好な読み心地で、なかなか使いやすいストア。

若干品揃えが弱いので、メインで使うには少し物足りないところもありますが、「○○出版社の電子書籍が〇〇%値引き」のように、honto独自の大幅値引きクーポンの配布が頻繁にあるので、それを利用すれば他ストアよりもお得に電子書籍購入ができたりします。サブのストアとして使うと便利な電子書籍ストアです。

公式サイト:honto(ホント)

まとめ

以上、電子書籍のメリット・デメリットや、端末・ストアの選び方でした。

紙書籍・電子書籍ともそれぞれ長所・短所を持ちますが、一度つかってみると手放せない便利さが、電子書籍にはあります。

本記事が、電子書籍は使ったことがないけど一度利用してみようかな、という方の参考になれば幸いです。

なお記事中で「電子書籍ストアの併用」についてご紹介しましたが、筆者は「Kindle」と「ブックライブ」をメインに、「DMMブックス」「honto」「ebookjapan」をサブのストアとして利用しています。

大部分はメインのストアで購入していますが、本のジャンルや特定のセール・クーポンで買いたい本がある時に、サブのストアを利用しています。

購入した本の管理さえ出来れば、電子書籍ストアを併用した方が読書が捗ると思います。ぜひお試しを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました